カテゴリー別アーカイブ: LISA TOPICS: リサトピ!


なぜ女性はヒールを履かなきゃいけないのか?理由、答えられる人いますか? #girlissue
投稿日 2016年6月8日

 

ClickHandler

 

Hey babes!

 

今日、仕事でずっと立ちっぱなしだったの。

立ち仕事してて、場所が場所だったからりスニーカー履いてたんだけど、それでも足が疲れて疲れて仕方なくて。

 

で、ふと思っちゃったのです。

 

女性ってなぜヒール履かなきゃいけないのだろう、と。

この立ち仕事、ヒール履けって言われたら相当きつい。

だけど、世の中には立ち仕事をヒールでしている女性ってたっっっっくさんいるでしょう?

 

とくにフォーマルな場だったり、ちょっと高級な場所だったり、バーとかレストラン。

百貨店にいけば働いてる女性はほぼほぼ3cm〜5cmくらいのヒールは履いてるよね。

 

女の人も男の人も、同じ時間だけ立ってるのに、職場によっては「ヒールを履かなくちゃいけない」っていう世にも奇妙なルールがある。

 

 

I was working 8 hours- not at the office, but standing at the store. I was wearing sneakers so it could’ve been worse, but after 8 hours of work my legs got super tired and worn out. And then it hit me. Why do women have to wear heels? I mean, it would have killed my legs if I were told to wear heels today and stand up for 8 hours. But in reality, there are so many women who are obligated to wear heels during work, even if they have to be standing up for the whole day, especially at formal places or luxurious space or bars and restaurants. If you go to the mall in Japan, most women are wearing 3-5cm heels. The problem is, they don’t always choose to wear heels, they are told to wear heels by rules.

 

 

探したら結構でてくるんだけど、

ヒールの辛さを分からない男性がヒールを実際履いて数時間生活する動画とかあって。

 

Here is a video of some guys trying to live with heels on… which I thought was funny so here you go.

 

 

女性がヒールを履く理由は様々ある。

 

歴史的な背景のため。昔から女性はヒール靴をフォーマルウェアとして履いていたし、女性らしさの象徴でもある。

ファッションの為。ヒールを履くとかっこいいし女性らしいから。可愛い靴がたくさんあるから。

女性らしい体を保つ為。ヒールを履くとお尻あがるし、筋力もつく。

身長が低いのをカバーする為。スタイルよく見えるし、とくにアジア人は背が低めだからヒールを履いてる人は欧米より多いと思う。

 

ヒールを履く理由ってたくさんあるよね。

 

でも、「履かなくちゃいけない理由」ってなんだろう。

履かなきゃいけない理由ってむしろ、あるの?

それをルール化したり暗黙の了解にする必要性・・・どこにあるのか。

もちろんカジュアル・フォーマルっていう分類はあるのだから、TPOに合った格好をすることは必要。でも、別にヒールじゃない靴って全てがフォーマルに向いてないわけじゃない。別に、ヒールパンプスまたはスニーカーの二択じゃないんだから。ヒールを仕事で履くことを、義務ではなく選択にしてほしい。There are some reasons why women wear heels: For historical reasons (because women were wearing heels for formal occasions and it has always been the symbol of femininity), for fashion, for keeping a curvy and feminine body figure, for making you look taller or your legs longer…… yes, these are plausible reasons for women to wear heels. But here’s my question- “Why do women HAVE to wear heels?”…… are there any? Of course, TPO is very important so if you go to a pretty expensive restaurant with sneakers, I understand why that’s not appropriate. But no-heels don’t mean sneakers or any other casual sorts. There are sophisticated flat shoes everywhere now. Heels aren’t supposed to be set as women-mandatory, but it’s a CHOICE.冷静に考えてみると、社会のあちこちに ん?なんで?って思うことってたっくさんあるんだよね。それを少しでもみんなが考えるきっかけに、このブログがなるべく、これからも ん?って思ったことについてブログ書き続けようと思います。みんなはヒールは義務であるべきだとおもう?選択肢であるべきだとおもう?This is just one little thing that came into my mind today. There are just too many weird rules and unspoken agreements in this society… and the weirdest thing is that people don’t realize that it’s even weird anymore.Soooooooo that’s all for today’s blog, please continue to read my blog and when you think you’re becoming numb to these weirdness in society and let’s think together how the society will become a better and comfortable place to be part of:)Thanks for reading!love,Lisa

 

 

 

 

新しくフォローしてくれた子ありがとう♡

3000人突破!

是非フォローしてね♪

Instagram: @lizzy718

↑CLICK&JUMP↑

スクリーンショット 2016-06-07 21.57.57 スクリーンショット 2016-06-07 21.58.15スクリーンショット 2016-06-07 21.57.49

ファッション関連のツイート、 主にしてます!

りさがTumblrでリブログしてる写真もTwitterで見られるから是非フォローしてね♪

Twitter: @lishy_eng

スクリーンショット 2016-06-07 22.00.16



カテゴリ : FASHION LISA TOPICS: リサトピ!
タグ :
コメントを送る




ファッションニュースで学ぶ、人種差別の今。 #fashion #racism
投稿日 2016年3月8日

スクリーンショット 2016-03-08 21.11.29

(from Instagram: @maccosmetics)

 

 

Hey babes!

 

この上の写真についてのニュースを読んだ人、どのくらいいるかな?

 

これ、実はリップスティックで有名なM.A.Cコスメティックスが、ブランドのオフィシャルインスタグラムに投稿したニューヨークファッションウィーク(パリコレのNY版)の舞台裏のショット。

そんな、きらめくファッション業界のバックステージショットを投稿しただけなのに、なんとこの写真に人種差別的なコメントが殺到して、炎上してしまったという内容のファッションニュースだった。

I wonder how many of you have read this news. This photo on the top is a photo that was posted on M.A.C Cosmetics’ official Instagram. It’s a photo taken during the New York Fashion Week, just an ordinary backstage snap of a model with this beautiful shade of purple. Now the problem is ( which I really don’t see any problem here……) that people started posting racial discrimination comments on this photo using inappropriate words and phrases.


最初、これを読んだときに「いまだにこのポイントで誹謗中傷をする人間がいることが信じられない」って感じた。だって、このグローバル社会で、いろんなバックグラウンドや人種や肌の色だったり目の色だったりを持っている人たちが入り乱れてこの世界で一緒に生活していることは当たり前だしもう何年もそうやって現代社会人として生きてきた私たち「若い世代」がまだそんなことを言っているのかと思うと、、、本当に衝撃でならない。

外国ドラマや洋画が好きで、いろいろなものを観るけど、やっぱり車の盗難や強盗役は黒人が多い。逆に、警察官や主人公ヒーローは俄然白人が多い。それに疑問を抱くときも、たまにある。でも、これに関しては、致し方ないなという捉え方もしてる。なぜなら、昔の強烈なレイシズムの名残で、やっぱり治安の悪い地区に住んでいる貧困層は圧倒的に黒人やメキシカン、移民が多い。当然、そういった環境に育ってきた人たちは、肌の色がなんであれ、人種がなんであれ、ちゃんとした教育を受けてきていない人が多い。貧しくて学校に通えない、学べなかったから職につけない、そしてお金が稼げない・・・この無限ループにはまってる人たちはとっても多い。ゆえに、ドラマや映画でこのような描写をする際に白人を使わないものも多いのかなと。それが、認めたくないけど、現実だから。特に、黒人に関するブラックジョークも本当に多い。どのドラマを見ていても、絶対に数回は人種ブラックジョークを交える会話があるの。

When I first read this news online, I couldn’t believe the fact that there are still people who discriminates people by their race and the appearance that comes along with it. I mean it’s 2016! People with different race, background, skin color are all living in many different parts of this world and we live in it TOGETHER. The younger generation (like myself) should be knowing that we live in a globalized unified society by now.

I love watching TV series and movies but I realize there are still casting racism. For example, people who steal cars or rob a house are more likely to be Black people. On the other hand, cops and protagonist heroes are most likely to be White. Sometimes even watching Full House, a heart warming comedy drama, it sometimes gets to me that there are almost NO other race than White people that has an important role. However this, I cannot totally criticize, because it is true that racism in the old era is still lingering till this day; Those who were racially discriminated tend to be comparatively poor due to history, and because they are poor, they can’t get high quality education, then they can’t get good jobs that pays well because they lack of education, and they stay poor, just like this. The spiral that is very difficult to get out off. And no I don’t want to admit it, but it is the reality.


このインスタの炎上事件が起こって、この写真のモデルであるAamito Stacie Lagumさん。

彼女は果敢にも、この写真に寄せられた批判的なコメント&応援のコメントに返信をしてる。

 

この流れで終わりかと思いきや、、、ハフィ◯トンポストがこの炎上を受けて制作したポートレート写真。

全部で21枚あるんだけど(全部は載せてないよ)、りさが言いたい事・・・それは

Now, this incident happened… yeah, terrible story I know! But it’s not over yet. Huffinn*ton post made this ridiculous portrait photography thing… I don’t really know what this is… but basically what they tried to do is to take all kinds of people with different race and features, gender-less, “we are all different and we all all beautiful” campaign movement….

56d12a7a1e0000220070ee07_Fotor_Collage 2(http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/04/lip-love-portraits_n_9381536.html)

待て待て。アジア人がいないぞ。

アンチ人種差別ゆえのこのムーブメントだったのに、今度は黒人レイシズムにとらわれすぎて、アジア人をまるで「いない人種」のように扱ってるじゃないの。これを見たときに、わたしはそれはもう愕然としました。意識が行き届いてない。全然ダメだと。

アジア人の特徴としては、黒人の人種差別のときとは違って「悪いイメージ」だけではないということ。まあ、人種差別の中に、ポジティブなステレオタイプでさえも属するのか?っていう新たな疑問にぶちあたるのだが・・・。例えば日本人だったら「数学ができる」韓国人だったら「お酒が強い」とか。悪いイメージだったら、「アジア人はみんな目が細い」とか、「中国人はマナーがない」とか。まあいろいろあります。だけど、こういうときに、やっぱりアジア人のよくありがちなさりげない人種差別は、攻撃される人種差別ではなく、「無視される」差別だと思う。

ヘイトの感情より、興味がないっていうのも、また深刻な問題。ファッション界においては、黒人モデルがランウェイを歩いたり誹謗中傷されたりすることはメディアに取り上げられるけど、アジア人モデルはそこまでの注目すら浴びないことが多いんじゃないかな。日本だってさ、冨永愛がテレビで始めるまで、冨永愛っていうパリコレ日本人モデルがいたこと知ってた人かなり少ないと思うし。それに関しては、そもそも日本人は人種問題・意識に疎いってところも原因なんだろうけど。

OOOOOPS!! They forgot to include Asian peopleeeeeee!!!!!! Damn, how careless of them. It was a movement to go against racial discrimination but now that they got caught up defending Black people, they’ve totally forgotten that Asian people exist in this world! HAHA SO FUNNY. NOT.

The thing is, not all racial comments toward Asian people are negative. It is common for Black people to get lots of negative and hate comments, but actually, Asians, we have really strong stereotypes such as “Japanese are good at Maths” “Koreans can drink shit load of alcohol”… or negative ones, like “Asians all look the same with their tiny eyes and flat face”. But the biggest racial discrimination that Asian get, in my opinion, is not the one that gets hatred but gets “NOTHING”. Like they don’t care about Asians. Like we don’t exist. I think it’s a serious problem you know, people say it’s better to be hated than to be felt indifferent when you break up with your boyfriend or the one you love. The same thing is happening here.


 

また、fashionsnap.comでこんなニュースも発見。スーダン出身のオーストラリア人モデル、Ajak Dengさんが白人至上主義のファッション業界に嫌気がさして、とうとうモデルを引退したというニュース。

I also found this other fashion hews regarding this Australian supermodel, Ajak Deng, left the fashion business because she is done with fashion industry that believes in White supremacy.

blackmodel_20160226-20160226_001-thumb-660xauto-517466(http://www.fashionsnap.com/news/2016-02-26/blackmodel-retire/)

彼女はインスタグラムで、「ファッション業界なんてもーーーイヤ。私らしい人生を生きるために、オーストラリアに帰ります!もうこんな嘘と偽物で塗り固められた世界になんていられない。」って投稿して、堂々たる引退宣言。

26歳の彼女は、ルイビトンやヴァレンティノなど、名だたるビッグメゾンのコレクションを歩いた一流モデルだけど、オーストラリアのキャスティングが白人至上主義だということに嫌気がさしていたみたい(例えば、ミランダカーとかね)。

ファッション業界の白人至上主義を裏付けるかのように、FASHION SPOTが調査した結果によると、先日開催されていたニューヨークファッションウィークでの非白人起用率はほんの約32%。ああ、なんていう衝撃。

She announced this on her instagram saying what it says right next to the photo….. She is 26 years old and have walked collections of big maison brands like Louis Vuitton and Valentino. But she just couldn’t take it anymore. And you know what, FASHION SPOT did a research on NYFW that was held just weeks ago, and the found out that only 32% of all models were non-White. Whaaaaaat?


以前、ブログで「ヴァレンティノ」がキャンペーンで黒人モデルを起用したことや、プラダが初めて広告に黒人モデルを起用したこととかを取り上げた記事を書いた。これは確実に前進だし、ファッション業界の大きなワンステップを影響力のある有名なブランドが踏み出したことは素晴らしいこと。だけど、「美」を提供する業界において、この人種への偏りは深刻な問題だと思う。若い世代や、これからの社会に「多様性」や「異なることの美しさ」「一人一人の個性」を尊重し、認め合い、「美」へのステレオタイプを取り払っていくことが絶対的に必要だと思う、そんなニュースでした。

みんなは、どう思った?コメント欄、インスタ・ツイッターで意見待ってまーす!!

あそういえば、タイムリーなことに明日からオーストラリアへ旅行行ってきます。
先取り夏ファッションやオーストラリアの街並みのインスタ更新楽しみにしていてね〜♪

I once wrote a blog about Valentino casting a Black model for their campaign ad, and Prada’s first ad to cast Black model after so many years. It is definitely a step, and the fact that these famous brands are trying to change the industry will influence many other brands as well. However, fashion industry is one of the industries that sells beauty. And the beauty they are selling, right now, is not right. It is biased and this should stop right now. What we have to do is to tell the society and the younger generation it is beautiful to be different, to have originality and the difference is what makes our each and own beauty. Let’s tell this to the to teenagers who are going through rough times because of race. Kids who can’t feel confident in themselves because of their race. This should not be happening in this era anymore.

So, that’s the end of my blog for today. Please leave a comment below or go to my Instagram/Twitter to tell me YOUR opinion on race and fashion!

Oooh by the way, I’m off to Australia from tomorrooooow I’m really excited because it’s my first time! If any of you guys know a good place to go, let me know on any of my SNS 😉

Thanks for reading!

Love,

Lisa

新しくフォローしてくれた子ありがとう♡

3000人突破!

是非フォローしてね♪

Instagram: @lizzy718

↑CLICK&JUMP↑

IMG_4621 IMG_4622

ファッション関連のツイート、 主にしてます!

りさがTumblrでリブログしてる写真もTwitterで見られるから是非フォローしてね♪

Twitter: @lishy_eng



カテゴリ : FASHION LISA TOPICS: リサトピ!
タグ :
コメントを送る




日本ではタブー視されている「タトゥー」が人に与える希望。#tattoo
投稿日 2016年1月17日

edit-6120-1444832672-4

 

 

Hey babes!

 

 

海外に住んでいたこともあって、りさ自身は「タトゥー」というものに対して何の偏見も固定観念もない。ファッションの一環として彫っている人もいれば、信仰的な意味での刺青をしている人もいたし、あまり深い意味はなく、ただ入れている人もいた。

タトゥーが入っているから何か生活がしづらくなったり、何かをするにあたっての障壁になることも向こうではほとんどないと思う。タトゥーが入ってることによって、街を歩いてるときに、避けられたり、変な目でジロジロ見られたりすることは絶対にありえない。(もちろん過度なタトゥー、たとえば全身に総柄が入っていたり顔を埋め尽くすほどのものが入っていたら物珍しくてみられたりするかもしれないけど)

 

 

Since I lived abroad for a long time, I myself don’t have any prejudicial opinion or fixed (wrong) idea towards tattoos. I know that some people have tattoos for fashion, for religious reasons, and some just don’t have to have any deep reason to get inked. Just because you have tattoos, that doesn’t make your life harder. You won’t be stared at even if you show your tattoo in the city. You won’t get rejected at a job interview because you have a tattoo. I mean, if you have like a really interesting tattoo all over your body and face, may be……. but you know what extent of tattoos I’m referring to.

 


 

 

だけど、日本は違う。

 

日本では、タトゥーが入ってると「何この人怖い」「不良」「暴力的」「下品」と、色々ネガティブなワードがぼこぼこと出てくる。

確かに昔はそうだったかもしれない。日本でタトゥーといえば暴力団やヤクザ、それは確かに歴史的に見れば事実だった。

 

だけど今のこのグローバル社会において、いつまでそんなことをグダグダ言ってるんだろう?

いつまで古い、日本でだけ曲がり通るような狭い小さな「常識」にとらわれているんだろう?

なぜタトゥーが入っている人がみんなと同じお風呂に入ってはいけないのか?

それが「差別」と、どう違うのか?

 

「あなたは肌が黒いから、白人よりも劣っているのだから、こっちのトイレを使いなさい」と言っていた数十年前のアメリカと、何が違うんだろう?

 

 

But in Japan, it’s different. If you have a tattoo and you’re showing it while walking down the street, you will be looked at. You will be seen as a “scary” “aggressive” “vulgar” or may be “juvenile delinquent” or something. The negative image towards tattoo in Japan is serious. It didn’t come from nowhere; Japan has its own traditional and historical experience that many of the people who belong to Yakuza and gangster organization have tattoos and therefore people have this bad image towards inked people. But hello? IT’S 2016!!!!! In this globalized world, yet Japanese people talk all this crap about tattoos. It’s one of the most strong and serious stereotypes existing in Japan. Why can’t people with tattoo go into hot springs and public bath? How is that different from racism? Every time I visit hot springs in japan and read this sign saying “people with tattoos are not allowed; we do not condone gangster organization”, I say to myself “How is this different from making Black people go to a bathroom for colored people just because people think White are better than Black?”.

 


 

 

最近見た動画で、こんなものがあったの。

 

So I ran into this amazing video on Youtube….

 

 

 

この動画は、乳癌で乳首を失った女性や、消えない傷跡が胸元に残った人に、芸術的なタトゥーを施して傷跡を覆って分かりづらいようにするというもの。

 

The video is about breast cancer patients who overcame it using tattoo as a cover up for lost nipples and scars.

CTqk-IgVEAInV0g

ac0e99e447dbe4987cf9b4479f8d9306

乳癌を克服した女性の多くは、術後の胸を気にするそう。そりゃそうだよね、女性の象徴でもある自分の体の一部がなくなってしまったり、傷が残ってしまったりしたら、鏡を見るたびに気持ちが下がってしまうのは当たり前。りさも、もちろん乳癌みたいな重大な病気ではないけど、昔手術をしたときに残ってしまった手術跡を見るたびに、少しため息が出てしまう。

 

そんな、自分の肌や体に自信を失いつつある人にとって、このカバータトゥーはものすごく心強い手段。

 

 

Many breast cancer patients lose their nipples and will have to live with a big scar that will never go away. It must be very hard to deal with; especially because breasts are symbols of femininity and losing that feels like it degrades you as a woman. May be some people will feel insecure about their body because of the scar. I kind of know how it feels like to have to live with a scar, since I have some as well after going through an operation (quite a while ago) and every time I see my scar, I do feel a bit insecure about it. But this, tattoo covering scars is an artistic plus practical solution for those women who are struggling to overcome their insecurities.

 

 

もちろん乳癌だけではなくて、皮膚にあざがある人にはそのあざを生かしたこんなタトゥーを施したり!

 

Then I looked up online and found out that there are many people who covers up their scars and bruises and all of that by getting tattoos.

515

 

 

このタトゥーを入れることは、傷ついた心を修復する手段でもあるし、自分に自信を失った人たちにポジティブな気持ちを与えることが出来る手段でもあるの。

 

だけど、日本ではこの人たちは温泉には入れない。

就職もできないかもしれない。

日本で生活している消えない傷跡を持って苦しんでる人たちはこの手段はあまり有効的ではない。

 

 

Scars are, in a way, proof that you’ve overcome your illness. But then, that proof can be tough to deal with on the mental side. But this way, it can cure you from the inside as well. The problem is, in Japan, people with this “tattoo covering scars” will be rejected to come into hot springs. They might not be able to land on a job here in Japan because they’re inked.


 

 


 

 

長年続いてきた日本の伝統的な考え方や常識を、覆すことは本当に難しいことだと思う。そんなことはわかってる。はい、世界の基準に今から合わせてタトゥーOKにするよ!ってたとえば政府が大々的にタトゥーを承認したとしても、国民一人一人が一気に「じゃあタトゥーしてる人怖くないね!」「偏見なくなった!」ってなるわけじゃない。日本人は生まれたときから、タトゥーはよくないもの、タトゥーは怖い人がしてるものって、どこかで植えつけられて育ってる。

 

だけど、少しずつでも、こういう人たちもいるんだよって、頭の片隅に入れておいて欲しい。

特にこのブログを読んでいるような若い、現代人の私たちが、偏見や固定観念を持っている限り、私たちよりさらに若い世代にもそれは伝染していくから。

現代社会、グローバル社会に生きる私たちからまずは少しずつ色々な形のアートや個性に歩み寄っていかなければ。

 

 

 

I know it’s a huge thing to overturn this traditional idea and stereotype that Japan has long lived with. I know. Even if the government suddenly pronounces out loud “From now on, tattooed people will be allowed to go into hot springs! It’s not a bad thing to get tattoos! We will meet the world standard!!!!”, that doesn’t mean that Japanese citizens will forget about all the negative images towards tattoos. We are all educated to believe that tattoos are what bad people have, not directly taught at schools but taught through living in this society. But I think it’s time for Japan to change baby steps. If you read this blog, I ask you to please just keep this in your mind that there are positive ways in which tattoos can help people as well. Tattooed people aren’t automatically gangsters. As long as us, the young generation who live in this modern society have a fixed, wrong idea towards things, the negativity WILL BE passed onto the next generation, our kids and grandkids. Let’s all make little effort to accept different kinds of art and originality.

 

 

 

長くなってしまったけど、この動画やタトゥーの新しい使い方に、とても感銘を受けたのでシェア。

みんながこの動画についてどう思ったのか、インスタやブログコメントで聞かせてね!

 

 

Sorry this blog came out a little too long, anyways, let me hear your opinions and what you thought about ” tattoo covering scars” on my blog comment or instagram!

 

 

Thanks for reading!

 

Love,

 

Lisa

 

 

 

 

 

新しくフォローしてくれた子ありがとう♡

3000人突破!

是非フォローしてね♪

Instagram: @lizzy718

↑CLICK&JUMP↑

スクリーンショット 2015-07-24 12.54.14

ファッション関連のツイート、 主にしてます!

りさがTumblrでリブログしてる写真もTwitterで見られるから是非フォローしてね♪

Twitter: @lishy_eng

 
 

 



カテゴリ : LISA TOPICS: リサトピ!
タグ :
コメントを送る




将来、どうする?ファッション・ビューティーの就職活動について。#就活 #futuregoals
投稿日 2015年12月2日

IMG_9960

Hey babes!

 

 

きっとりさのブログを読んでくれている人たちは、りさより年下の子や、同年代の子が一番多いのではないかと思う。

 

今日何着ようかな、明日どこでランチしようかな、なんてそんな考え事もあると思うけど、りさの年代の子が本当に毎日頭のどこかで常に悩んでるのって「将来どうしよう」ってことなんじゃないかなとふと思い、今日は将来のお話について少し。

 

ちょうど今、17卒の新卒採用が始まってきて、りさの一つ下の代が就活を始めてる頃だからこそりさ自身の就活のことも書いていこうと思います。おつきあいください!

 

 

I think most of the people who come and read my blog are around the same age as me, or may be even younger. You must have little concerns like what you’re going to wear today or where you’re going to grab lunch tomorrow, but I know for a fact that you also have this black blurriness in your head all the time about your “life” and “future” following you around everywhere… I feel you. Because I always had that thing following ME around for the last couple of years. Now, in Japan, the 2017 graduate students are starting their job hunting season so I decided to write a blog about my own job hunting process.

 


 

 

りさは、子供の頃からファッションやモデルが大好きで、大きくなったら絶対モデルになる!と思ってた。16のときから地道に活動を始めたけど、大学入った頃くらいから、「私モデルとしてはダメかも。」って思いはじめて、ちょっと違う道もみはじめるようになった。

モデルは小さい頃からなりたかったけど、自分にはモデルとして成功する適正があるのか?って考えたときに、「なりたい」っていう気持ちだけが勝っていたことに気がついて、それだけじゃ成功なんてしない。って思った。

そんなときに、Misha Janetteさんのアシスタント募集に応募して、アシスタントをさせていただいて、そこからファッション・ビューティー業界に今まで以上にのめり込んでいったのが、将来を本気で考え始めたきっかけとなったの。

そのあと、NYLONでブロガーとして活動させてもらえることも決まったし、ブログを書きながら、ファッションフリーペーパーを発行して色んな人に自分が作った冊子をみてもらえて。自分でいろいろ積極的に活動していった大学生活でした。

だけど、その当時は就職する気持ちもあまりなくて、大学には行ってたけど企業で働くとか全然考えられなかったし、変にとがってたから、自分がOLになるなんてなんか「負けた」感じがしてすごく嫌だった。でも、働かないわけにもいかないし、起業するにも、経験がないまま勢いでしても絶対に成功なんてしっこないと、りさの現実主義的な一面が邪魔をして、結局就職活動するかってことに。大学3年生の夏頃に、大手ファッション商社と、中堅ファッション企業にインターンをしに行って、就職活動自体は大学3年生の12月から開始。もうこの時点では、絶対に「アパレルかビューティー」に関わる仕事しかしたくないっていう風に思っていたから、みていた起業もブランド、ファッション商社、化粧品会社のみ。

 

I always wanted to become a model and I did become one when I was 16 years old. However I came to realize that my career as a model wasn’t anywhere near successful and it would always be that way no matter how hard I tried. So then I started looking at different paths other than modeling. I became Misha Janette(writer of tokyofashiondiaries.com), became a NYLON official blogger, and I also made a fashion zine called “Cheeks TOKYO” while studying at college. These experience really lured my interest into fashion and beauty. But then I always thought that working at a company was a dead end. I thought it was what loosers do and it sounded very boring to me then. Still, I had to find something to do and I didn’t have the guts to succeed in starting up my own business or anything, so I had no other choice than to start job hunting. I started internships in the summer of my junior year, and my actual job hunting process from December the same year.

 


就職活動をするにおいて、大切なことは、

・自分の軸をしっかりと分析すること

・自分の譲れないところは譲らないこと

・企業に入ることをゴールとせず、将来のビジョンを持つこと

 

だと、就活を通して感じた。りさの場合は、モデル→ブロガーのアシスタント→ブロガー→フリーペーパー制作っていう活動の流れ的に、「発信すること」が自分の中でキーワードなのかなっていう自己分析をした。何かを誰かに伝えることとか、表現することとか、表現することの大切さ自体を伝えることとかがライフテーマなのかって。そう思ったら、ファッションも自分を表現することの1つの手段だし、メイクも同じことが言えるなって。だからきっとこの業界がすごく好きなんだろうなって。そしてその中でも、発信ということがキーになってる職種「マーケティング」を第一志望の職種として就活を進めていったよ。譲らないところは譲らない、っていうのは、就活をしてるうちにいろいろと妥協しなくちゃいけない場面が出てくるけど、妥協出来ないここはぶれられないっていうところは誰になんていわれようが譲らなくていいってこと。たとえ親が反対しようが、なんだろうが。自分に正直でいることも大切。企業に媚びすぎないことも大切。なるべく本来の素の自分で勝負するようにしないと、自分の魅力を真に感じて「この子と一緒に働いてみたい」って思ってくれる会社には入れない。そして3つめの企業に入ることをゴールとしないっていうこと。これは、周りの就活生をみていても結構多かったかな(そういう子は結局就活失敗するパターンが多い)。就職活動のゴールって、企業に入ることでも内定をたくさんもらうことでもなくて、自分が今後10年20年先の人生を見据えて成長させてくれたり経験値をアップさせてくれるような環境を選択することだと思う。もっと大きなライフゴールがあって、それを達成するための過程でしかないという風に考えるべきだと思った。あと、これが付け足しだけど、ファッションとビューティーの企業で就活するのであれば、インターンに行くことがすごく自分のタメになる。これは本当に実感!ファッション・ビューティーは、例えば銀行とかと違って、感性やトレンドキャッチ的な分析力も大切だし、業界独自の常識とか(まあこれはどの業界にも存在するけど)があるから、インターンをすることによって少しそれが就活本番前に分かっておくことができると有利。

 

After experiencing job hunting, there were three things that I’ve learned.

-to know your principles and to analyze it logically

-not to compromise on things that you don’t want to

-not to consider getting into the company as your biggest goal but to have your life goal

 

For me, I was a model, then became an assistant of a blogger, then became a blogger myself, then I made a zine. I could tell that my principle was that I feel joy and sense of satisfaction when I am dispatching or expressing myself. That must’ve been the reason why I am so into fashion and beauty because these two are the ways we use in order to express ourselves. After knowing that, it was very easy for me to figure out that marketing was my best fit.Now the second thing is to not compromise on everything. Going under lots of pressure through job hunting, you do bump into a situation where you have to compromise a bit. But you don’t have to compromise on every single occasion. My mom wasn’t so happy that I wanted to pursue my career in the fashion industry but I didn’t listen to that because I couldn’t see myself working at any other industry. You have to express who you actually are to the company as well. You can’t always nod and act like a good girl/boy to them just because you want the job. You won’t be able to find the one company that actually thinks you are attractive as who you are if you don’t show them who you are.Also, you shouldn’t think that your goal is to get into a company. You have to find a bigger goal, something so much bigger that you want to accomplish through your life. It’s not about getting into a well-known famous company, it’s about finding the one company that will upgrade you into a better person and lets you experience a lot of things that help you accomplish your life goal after 10 or 20 years. This is only a process of you achieving your life goal.Another one last thing- I strongly recommend you do internships if you want a job in the fashion/beauty industry. It really helped me because fashion/beauty industry is not only about being logical and smart but you also have to have the ability to catch the trend and activate your right-brain that controls creativity. You’ll feel so much easier to do job hunting if you already know what it is like to work for the fashion/beauty industry beforehand.


 

将来どうしよう、就活どうしようって悩んでる人たくさんいると思うけど、まずやれることは自分がどういう生き方をしたいか、何をゴールとして生きていきたいか、を考えて、そこから逆算していくことだと思う。会社で働くことは負けじゃないし、つまらない生き方ではない。かといって、自分でビジネスを始めることももちろんリスクはあるけど絶対その分楽しい。だから、どっちがどうとかいう先入観や固定観念で、自分の道を決めつけないでほしいな。若いなら若い分だけ方向転換もできるし選択肢にも溢れてる。感覚で将来を考えるのではなくて、一度紙に自分の人生プランを書き出して、ロジカルに考えてみるとすごく頭がすっきりして今まで見えてこなかったものも見えてくるはず。りさは、結局化粧品会社のマーケティングをすることに決まったので、これからも女性を内面と外面共に美しく、強くしていくことに注力いたしますよ!みんなの将来は明るいのです。一緒に頑張ろう〜!!個別に相談などあったらコメントかインスタでお待ちしています。

 

At last, I was accepted by a cosmetic company as a marketer this march, which is quite a long time ago lol I know, It must be very frustrating to think about your future, but first start off by thinking about what kind of life you want to have, what goals you want to accomplish through life, and think backwards from that point. Working at a company is not a bad thing at all, and it is definitely not boring. And by this I don’t mean to deny the people who have their won business because that must be fun as well. I just want to say, it’s not about which is better or worse, but it’s about what YOU want. Young people have lots of different paths ad alternative choices. Write down your life plans on a piece of paper, think logically and critically about yourself and your future; you must feel that black blurriness stuck in your head turn a little more close to gray:P

 

Thanks for reading!

Love,

 

Lisa

 

 

 

 

新しくフォローしてくれた子ありがとう♡

2800人突破!

是非フォローしてね♪

Instagram: @lizzy718

↑CLICK&JUMP↑

スクリーンショット 2015-07-24 12.54.14

ファッション関連のツイート、 主にしてます!

りさがTumblrでリブログしてる写真もTwitterで見られるから是非フォローしてね♪

Twitter: @lishy_eng

SNAP BATTLE中!

♡くれたら嬉しいです;))

スクリーンショット 2015-04-06 0.20.11

#OOTD QUEENはこちらからジャンプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



カテゴリ : LISA TOPICS: リサトピ!
タグ :
コメントを送る




痩せ過ぎモデル起用NG。細い×、太い×、じゃあどうすれば?りさの思ったこと。
投稿日 2015年4月11日

Too-Thin-Models-MBFWA-M

Hey babes.

 

 

今ニュースでもよく取り上げられているホットな話題といえば、フランスでの「痩せ過ぎモデル起用禁止法案」。

BMIが18以下の人たちはモデルとして活動することが禁じられて、それを無視して活動した場合もしくは活動させた事務所・雇用した業者は約980万円の罰金、または最大6ヶ月以上の禁固刑が科されることになった。

 

 

ちなみに、BMI(=肥満指数)の計算方法は

 

『体重÷身長÷身長』

 

で計算出来るよ。

 

 

France banned the use of models whose BMI is under 18 from magazines in the beginning of this month, which was a very interesting news for me so I thought I’d give my opinion about it on my blog. I think most of you guys know what the news is about so I won’t bother writing it here again, but I think this action taken by France has set a new world standard. Just in case you were wondering what your BMI is, do the math! WEIGHT divided by HEIGHT divided by HEIGHT and voila. That is your BMI.

 

models-too-thin

 

 

何年か前にも、ミラノコレクションやパリコレクションでこういう動きがあったけど、今回のこの法案可決はかなり思い切ったなと思った。

 

「痩せ過ぎがよくない」みたいな話は学生をやってれば何度も授業で話されるし、教育されるよね。りさも何回も拒食症について学んだし、痩せ過ぎがよくないっていうことを叩き込まれて来た。

 

 

A few years ago, models who were too skinny were banned from MFW collection and PFW… but this, the legislation of this law is a totally different thing. People can be put into jail for this!! Anyways, it’s not like we never got this lectured. I learned a lot about how unhealthy being skinny is in class, and learned about anorexia and bulimia. There is a commercial I watched when I was a freshman in high school.

 

 

高1くらいのときに見たこのCMがすごく印象的だった。

 

ショックだったのかなー、本人が悪いわけじゃないから余計。人と比べてしまったり、例えば恋愛がうまくいかないと太ってるからだ、って自分が太っているように見えてしまって、自信が持てなくて、でも自分に自信を持ちたくて努力しているうちに錯覚を起してどんどんどんどん自分を追いつめてしまう。拒食症って本当に孤独な病気だと思った。

 

メディアや「美」を定義して成り立っているファッションビジネスが、周囲からの影響を受けやすい若い人たちに間違った「あるべき姿」を提示していることも彼らが自分を追いつめてしまう原因の一つ。テレビや雑誌っていうマスメディアは、ものすごく影響力が強い。だからこういう動きがあることは、いいことだと思う。

 

でも何故だろう。最近りさは、「痩せていること」への世間の風当たりがとても強くなって、「太っていること」への称賛が大きすぎる気がする。

 

I think it was really shocking to me when I saw this commercial. Especially because it’s not their fault for being anorexic. They compared themselves with others, or may be threw all the fault to their weight because they got dumped. Whatever the reasons are, they just wanted to gain self confidence and feel better about themselves by losing some weight… and they start to see delusions that they are fat, when they are actually bone and skin. I thought anorexia is a very lonely, painful illness when I learned about it.

The thing is, media like televisions and fashion magazine create “what beauty is” and because media have HUGE impact on the mass, what they show and depict can give great influence but also bad, very bad influence at the same time.

But when I started thinking about this topic, I was like… WAIT A MINUTE…… I have the feeling that people are dissing skinny people now, and embracing being NOT skinny instead too much. It’s too much of that now already. Watch this video.

 

次はこの動画を見てほしい。

 

このLane Bryantっていうプラスサイズブランドが作った動画。プラスサイズの女性を「I’m No Angel」(Victoria’s Secretのモデルがエンジェルっていうから、それをもじってNo Angelらしい)って言って、彼女達の体型の素晴らしさをプロモーションしてるんだよね。

 

でも正直に、りさはこの活動は完全にサポートは出来ない。。。反感買ういい方だけど、体型にもダイバーシティーを、とか、多様性を受け入れようとか、今の美の基準をぶっこわそう!みたいなこと言ってるのに、痩せ型を閉め出すような活動のように思えてしまう。結局、痩せてることを否定してぽっちゃり体型を肯定するっていう手法じゃどちらかが優位にたつことになるだけで何も変わらないんじゃないか。と、思った。

 

 

Plus-size fashion brand called Lane Bryant made this video with plus-size models, saying that they are “No angels” (they call themselves no angels because VS angels are angels but they aren’t as skinny as them so they are no angels…..yeah). It’s supposed to promote how being curvy and chubby is also pretty and sexy and stuff. Yeah I’ve heard lots about that from Meghan Trainor. As you can feel from my tone of speech, no I don’t really support this movement. I know people might hate me for saying this, but I think this is just really shallow. It doesn’t make sense to me because when they are trying to say “women’s body figures should be more diverse!” and “let’s break the media’s beauty definition!” and stuff, they are now leaning towards “anti-skinny” and “yay to chubby”. There is no diversity in that statement, it’s just swopping places between skinny people and chubby people.

 

 

いつもいつも昔から謎で仕方がなかった。りさは、昔からずっと細身で、一日にどれだけ気にせずご飯を食べてもお菓子を食べても、体重が全然増えないの。胃下垂だからか、親も細いから遺伝子レベルでなのか。173cmあるのに、体重は46kgしかないのでBMIは余裕で18以下。食べても太れないなんていうと、女子に「嫌味?!」とか言われ続けてきた人生。中学校1年生のときなんて、突然保健室の先生に呼び出されたら「朝ご飯なにたべた?昼は?」なんて尋問が始まって。家に帰ったら母が、「今日保健室の先生から電話あって、りさにちゃんとご飯食べさせてるか聞かれたわよ。拒食症だと思われてるわよ。」ってなこともあった。これが結構傷つくんだなあ。だって、りさは食べてるのに!りさは悪く無いのになんでこんな色んな人に変な目で見られなきゃいけないんだ!って。

 

太ってる人にはデブって言っちゃいけない、言ったら悪口になる

だけど痩せてることをガリガリだね、細いね、細すぎじゃない?っていうのは悪口にならないのは何故だろうっていつも考えてた。

 

「何食べてるの?何も食べないでしょ?炭水化物食べないでしょ?!細すぎ!ほっそー!」

これって何だろう。すごい失礼だと思うんだよね。特に初対面の人に言われるときとか、わざわざ人の体型のことを口に出して会話に持ち出すか?って思う。太ってる人に太ってるねー!わー!って言わないでしょう。細いからって体型のこと話していいっていうのはちょっと浅はか。

 

I have always been the skinniest girl of the school. I eat a lot every meal, I eat chips and I love meat and carbs, but I don’t gain any weight because of what I eat. I’m 5,6ft tall(173cm) but I only weigh 46kg, so that means that my BMI is 15.4- way under 18. So I can’t work as a model in France. Once, when I was in middle school, school nurse told me to come to her office and she started asking me all these weird questions about what I ate last night and for breakfast this morning. I answered to her weird questions and she let me go. When I saw my mom after school, she told me that the school nurse called my house and asked my mom the same question that I answered to, and she also said that she thinks I’m anorexic. Of course I was never anorexic, I had a completely healthy diet. Why is it not ok to tell fat people that they are fat, but it’s ok to tell thin people thin? Why can people say stuff about skinny people’s body figure, like “DO YOU EAT ANYTHING?!” “I bet you don’t eat carbs, do you?” blah blah blah! I hate it when people do that. I take it very rude and offensive to even mention about someone’s body figure like that in a public conversation.

 

 

要は、細い人も細いことを気にしてる場合があるのに、そこに「細いのダメー!!太ってるほうがセクシーじゃん!!カーヴィーで女らしいじゃーん!!ぽよぽよぷにぷにバンザーイ!!」みたいなのが最近多くて、痩せてる人にちょっと失礼じゃない?!?!って思う。のは多分自分が痩せてるからなんだろうけど(笑)

 

まあ痩せてる側には痩せてる側の想いってのがあるのさ。

だからといってもちろん、無理して痩せること、痩せてる体が一番魅力的、っていう考えを支持することは決して無い。

 

#IMNOANGELのプラスサイズモデルたちだって、彼女達が自分のことを素敵だって思えて、自信にあふれてるならば別にそれはりさの知ったこっちゃない。人それぞれ。みんなが自分自身に自信を持つことが究極の美しさだと思うから。でもプラスサイズをプロモーションすることによって今度は痩せてる子達が「痩せてるからダメなのか」って自信を失い始めちゃうかもしれないよ。

 

 

What I’m trying to say here is that skinny people have their skinny issues. So now that Meghan Trainor says “It’s all about the bass”, thin girls with less curves will now be downgraded, don’t you think?! Well that’s what I think, especially because I’m skinny. If people keep doing this “chubbiness rocks” movement, skinny girls will start to lose their confidence in their body figures. Some girls just can’t put on weight you know.

 

 

りさは何を支持してるかというと、健康的な体!

 

例えば渡◎直美は可愛いけど、やっぱりちょっと太り過ぎかなと思う。なぜなら、あのレベルまで行くといずれ絶対病気になるから。健康体重じゃないもん。そしてこの拒食症レベルに細いモデルたちも、健康体重じゃない。あの細さじゃ免疫力も低下して体力も落ちるしすぐに疲れたりなんかしらの病気になりやすくなる。

 

見た目云々よりも、ヘルシーで、筋肉とのバランスがとれていることが基準であってほしいなって思う。それがベースにあって、そのからプラマイ5〜10kgなら許容範囲内くらいでしょう、人それぞれ体質とかもあるわけだし。

 

太ってるほうがいい、痩せてる方がいい、とかはもうやめてほしい。今回のBMI18以下のモデル起用禁止法案には賛成、なぜならファッションショーや雑誌に、病的に痩せてることをプロモーションしてしまう恐れがあったから。だけど、だからといって今度はぽっちゃり〜肥満体型をやたらとプッシュしないでほしい。それはそれで、りさのように標準より痩せ型の人たちが追いやられてしまう。自分が一番健康に、かつ精神的にもポジティブでいられる体重を見極めて、その体重を目指せばいいんじゃないかな。

 

 

何事も、行き過ぎは禁物。

何事も、バランスが大切。

 

 

What I support 100% is a “HEALTHY BODY FIGURE”. Not fat, not skinny, just… healthy. For example, I think Jennifer Hudson looked amazing when she was in Dream Girls. She was a little obese, but she did still look good. But it wasn’t exactly healthy, was it? I think her losing some weight was good not because I think skinny girls look better but because now that she lost weight, she looks more healthy. People focus on unhealthy skinny people especially in fashion industry  but do know that obesity is very unhealthy as well. Obese people can have high blood pressure, cause a lot of serious sickness. On the other hand, being too skinny can cause ow immunity and can be very vulnerable to bacteria and viruses. Plus they both don’t LOOK healthy. I think the balance between muscle and fat is important in order to get a healthy body figure, and if you feel good about your body, it’s perfect. I think people should stop arguing whether SKINNY people is better or PLUS-SIZE people is better because I think the problem is not that. Stop pushing people to one side. I do agree that models whose BMI is under 18 are banned in the fashion industry, because this influences people is a negative way. But that doesn’t mean that at this moment skinny  have to look like Meghan Trainor or “no angels”. Having healthy body figure, that makes you mentally positive about yourself should be the body you aim for. Well, it’s just my opinion anyways.

 

 

このニュースを見て、そんなふうに思いました。

 

ちなみに、りさは今+10kgをひとまず目標に、プロテインを飲んでトレーニングをしたり、食事量を気持ち増やすように心がけてるよ!自分の目指す体型はプラスサイズモデルではないけど、ガリガリモデルでもない。自分の体が一番病気をせずに、自信が持てる体型をキープ出来ればなって思ってる。

 

 

みんなはどう思う?

意見を持つことはとても大事!

りさの意見に反対、賛成、なんでもお待ちしてます。

 

 

 

Thanks for reading!

 

love,

 

Lisa

 

昨日のブログで1日で150人ほど増えた〜

新しくフォローしてくれたみんな、ありがとう♡

2400人突破!

次は2500人目指すぞー!

是非フォローしてね♪

Instagram: @lizzy718

↑CLICK&JUMP↑

スクリーンショット 2015-04-10 14.31.21

ファッション関連のツイート、 主にしてます!

りさがTumblrでリブログしてる写真もTwitterで見られるから是非フォローしてね♪

Twitter: @lishy_eng

SNAP BATTLE中!

♡くれたら嬉しいです;))

スクリーンショット 2015-04-06 0.20.11

#OOTD QUEENはこちらからジャンプ。

 



カテゴリ : LISA TOPICS: リサトピ!
タグ :
コメントを送る