月別アーカイブ: 2016年1月


不器用さんにも出来る、華やかパーティーメイク!2016年はやる「目頭ラメ」#makeup #motd
投稿日 2016年1月30日

IMG_3090

 

 

Hey babes!

 

そろそろ年度末でパーティーがたくさんある頃じゃないかな。

りさは普通の県立高校を卒業してるんだけど、その高校がちょっと特殊で、なんと「プロム」があったの!アメリカのドラマとかでよくあるよね。国際高校だったから、若干アメリカナイズされてるところがあって、卒業したあとにみんなで立食パーティーをしたりなんかして。ああ、懐かしい!!

 

今度は大学の卒業式が3月にあるから本当に色々あっという間だわ・・・なんて。(笑)

 

とにかくとにかく、今日は誰でも出来る簡単パーティーメイクを紹介。

 

最近ネットで見て色々とメイクのインスピを集めるのが好きなんだけど、なんとなく見てて、今年は「目頭ラメ」がはやる予感がした。

ということで、アジア顏でもそれが出来るのか試してみたところ、かなりさりげなく華やかなメイクが出来ることが判明!!!!

 

 

School and work year end in March for the people living their busy lives in Japan, and around this time there comes all these parties. There was coming-of-age this month, then in March there are going to be many graduation parties as well…. I remember I had a prom right after high school graduation which was a rare thing in japan since we don’t have any traditions doing prom nights. Those good old days…. my first actual dress-up and party makeup……… anyways, my college graduation is coming up this year (unbelievable how time flies 0_0) so I was looking for good party makeup inspirations and found out that “inner corner glitter” is going to be one of the trend this year! So I tried doing it on my flat Asian face and it actually looked quite good so I thought I’d share it with all of you.

 

 

ベースメイク、眉毛などは省略。メイク記事カテゴリで他の記事を参考にしてみてね。

http://www.nylon.jp/blog/lisai/?p=1383

http://www.nylon.jp/blog/lisai/?p=4109

 

ブロンザー、眉毛はこんな感じの仕上がりになります。

 

I’m not going to get into my skin makeup and brows, so please check the other makeup tutorial blogs for that!

IMG_3204(1)

 

今回紹介するメイクでキーアイテムとなるのがこの3つ。

 

The three key items I’m going to use for today’s look are these.

IMG_3424

IMG_3425

 

・Pret-a-palette warm browns – Shu Uemura

・Eye shadow Platinum – Shu Uemura and Shupette Collab

・BRICK-O-LA – MAC Cosmetics

 

 

この3つだけで、いつもと違うパーティーメイク完成出来るよ!

IMG_3428

まずはこのパレットの左から2番目の色をアイホール全体(眉下くらいのところまで広く!)に入れる。

一番左の締め色で目尻から真ん中あたりまでぼかすように、グラデになるように少しずつ重ねていく。

 

ラインなども、ほかのメイク記事と同じように、上は長めに引いてね。

 

 

First take the color on the second left and apply it all over your eyelid, then take the darkest brown color on the left and blend it in from the outer corner of your lid to the middle so that it looks like a gradation. Be careful so that you don’t have any harsh lines. Do your eye liner as usual, wing it out on the top.

 

 

そしてここがポイント!

目頭〜鼻筋のすぐ脇くらいまで、広めにこのshu uemuraのラメラメシャドーをぽんぽんっと乗せます。

よりはっきりとラメをつけたければ、あらかじめ目頭にワセリンやアイメイク下地を塗っておいてね。

 

 

Then here comes the glitter fun part! Put this glitter eye shadow on the inner corner of your eyes. If it’s too powdery, put Vaseline or some eyeshadow base to make your glitters stick.

IMG_3429

このシャドーはこんな感じのテクスチャーです↓

IMG_3430

大粒のラメよりも、細かいキラキラのほうが目立つ気がする!

大粒は大粒で可愛いんだけど、ラメが密集してるほうがよりギラギラ感が出るかな。

 

マスカラは上下たっぷりと塗ってあげてね。

 

最後はこのリップで、ボールドな赤リップに!

りさ赤リップはあまり似合わないんだけど(口が小さいから、赤リップ塗ると七五三ちっくになっちゃう・・・)、このMACのBRICK-O-LAだけは平気なの。ちょっとくすんでる赤だから、浮かないしマットでやりすぎ感がない赤リップ。おすすめ。

 

And don’t forget your lips! Apply this perfectly subtle but yet gorgeous red lipstick from MAC. I love this shade because red lipstick and my face aren’t very compatible for some reason… but this one, ONLY THIS ONE works with me.

IMG_3427

 

それで完成!

 

Voila! Here is my party makeup look.

IMG_3088 IMG_3085 IMG_3203(1)

 

簡単だしとっても華やかで写真映えするので是非やってみてね!

 

 

Thanks for reading!

 

Love,

Lisa

 

新しくフォローしてくれた子ありがとう♡

3000人突破!

是非フォローしてね♪

Instagram: @lizzy718

↑CLICK&JUMP↑

スクリーンショット 2015-07-24 12.54.14

ファッション関連のツイート、 主にしてます!

りさがTumblrでリブログしてる写真もTwitterで見られるから是非フォローしてね♪

Twitter: @lishy_eng



カテゴリ : MAKE-UP
タグ :
コメントを送る




日本ではタブー視されている「タトゥー」が人に与える希望。#tattoo
投稿日 2016年1月17日

edit-6120-1444832672-4

 

 

Hey babes!

 

 

海外に住んでいたこともあって、りさ自身は「タトゥー」というものに対して何の偏見も固定観念もない。ファッションの一環として彫っている人もいれば、信仰的な意味での刺青をしている人もいたし、あまり深い意味はなく、ただ入れている人もいた。

タトゥーが入っているから何か生活がしづらくなったり、何かをするにあたっての障壁になることも向こうではほとんどないと思う。タトゥーが入ってることによって、街を歩いてるときに、避けられたり、変な目でジロジロ見られたりすることは絶対にありえない。(もちろん過度なタトゥー、たとえば全身に総柄が入っていたり顔を埋め尽くすほどのものが入っていたら物珍しくてみられたりするかもしれないけど)

 

 

Since I lived abroad for a long time, I myself don’t have any prejudicial opinion or fixed (wrong) idea towards tattoos. I know that some people have tattoos for fashion, for religious reasons, and some just don’t have to have any deep reason to get inked. Just because you have tattoos, that doesn’t make your life harder. You won’t be stared at even if you show your tattoo in the city. You won’t get rejected at a job interview because you have a tattoo. I mean, if you have like a really interesting tattoo all over your body and face, may be……. but you know what extent of tattoos I’m referring to.

 


 

 

だけど、日本は違う。

 

日本では、タトゥーが入ってると「何この人怖い」「不良」「暴力的」「下品」と、色々ネガティブなワードがぼこぼこと出てくる。

確かに昔はそうだったかもしれない。日本でタトゥーといえば暴力団やヤクザ、それは確かに歴史的に見れば事実だった。

 

だけど今のこのグローバル社会において、いつまでそんなことをグダグダ言ってるんだろう?

いつまで古い、日本でだけ曲がり通るような狭い小さな「常識」にとらわれているんだろう?

なぜタトゥーが入っている人がみんなと同じお風呂に入ってはいけないのか?

それが「差別」と、どう違うのか?

 

「あなたは肌が黒いから、白人よりも劣っているのだから、こっちのトイレを使いなさい」と言っていた数十年前のアメリカと、何が違うんだろう?

 

 

But in Japan, it’s different. If you have a tattoo and you’re showing it while walking down the street, you will be looked at. You will be seen as a “scary” “aggressive” “vulgar” or may be “juvenile delinquent” or something. The negative image towards tattoo in Japan is serious. It didn’t come from nowhere; Japan has its own traditional and historical experience that many of the people who belong to Yakuza and gangster organization have tattoos and therefore people have this bad image towards inked people. But hello? IT’S 2016!!!!! In this globalized world, yet Japanese people talk all this crap about tattoos. It’s one of the most strong and serious stereotypes existing in Japan. Why can’t people with tattoo go into hot springs and public bath? How is that different from racism? Every time I visit hot springs in japan and read this sign saying “people with tattoos are not allowed; we do not condone gangster organization”, I say to myself “How is this different from making Black people go to a bathroom for colored people just because people think White are better than Black?”.

 


 

 

最近見た動画で、こんなものがあったの。

 

So I ran into this amazing video on Youtube….

 

 

 

この動画は、乳癌で乳首を失った女性や、消えない傷跡が胸元に残った人に、芸術的なタトゥーを施して傷跡を覆って分かりづらいようにするというもの。

 

The video is about breast cancer patients who overcame it using tattoo as a cover up for lost nipples and scars.

CTqk-IgVEAInV0g

ac0e99e447dbe4987cf9b4479f8d9306

乳癌を克服した女性の多くは、術後の胸を気にするそう。そりゃそうだよね、女性の象徴でもある自分の体の一部がなくなってしまったり、傷が残ってしまったりしたら、鏡を見るたびに気持ちが下がってしまうのは当たり前。りさも、もちろん乳癌みたいな重大な病気ではないけど、昔手術をしたときに残ってしまった手術跡を見るたびに、少しため息が出てしまう。

 

そんな、自分の肌や体に自信を失いつつある人にとって、このカバータトゥーはものすごく心強い手段。

 

 

Many breast cancer patients lose their nipples and will have to live with a big scar that will never go away. It must be very hard to deal with; especially because breasts are symbols of femininity and losing that feels like it degrades you as a woman. May be some people will feel insecure about their body because of the scar. I kind of know how it feels like to have to live with a scar, since I have some as well after going through an operation (quite a while ago) and every time I see my scar, I do feel a bit insecure about it. But this, tattoo covering scars is an artistic plus practical solution for those women who are struggling to overcome their insecurities.

 

 

もちろん乳癌だけではなくて、皮膚にあざがある人にはそのあざを生かしたこんなタトゥーを施したり!

 

Then I looked up online and found out that there are many people who covers up their scars and bruises and all of that by getting tattoos.

515

 

 

このタトゥーを入れることは、傷ついた心を修復する手段でもあるし、自分に自信を失った人たちにポジティブな気持ちを与えることが出来る手段でもあるの。

 

だけど、日本ではこの人たちは温泉には入れない。

就職もできないかもしれない。

日本で生活している消えない傷跡を持って苦しんでる人たちはこの手段はあまり有効的ではない。

 

 

Scars are, in a way, proof that you’ve overcome your illness. But then, that proof can be tough to deal with on the mental side. But this way, it can cure you from the inside as well. The problem is, in Japan, people with this “tattoo covering scars” will be rejected to come into hot springs. They might not be able to land on a job here in Japan because they’re inked.


 

 


 

 

長年続いてきた日本の伝統的な考え方や常識を、覆すことは本当に難しいことだと思う。そんなことはわかってる。はい、世界の基準に今から合わせてタトゥーOKにするよ!ってたとえば政府が大々的にタトゥーを承認したとしても、国民一人一人が一気に「じゃあタトゥーしてる人怖くないね!」「偏見なくなった!」ってなるわけじゃない。日本人は生まれたときから、タトゥーはよくないもの、タトゥーは怖い人がしてるものって、どこかで植えつけられて育ってる。

 

だけど、少しずつでも、こういう人たちもいるんだよって、頭の片隅に入れておいて欲しい。

特にこのブログを読んでいるような若い、現代人の私たちが、偏見や固定観念を持っている限り、私たちよりさらに若い世代にもそれは伝染していくから。

現代社会、グローバル社会に生きる私たちからまずは少しずつ色々な形のアートや個性に歩み寄っていかなければ。

 

 

 

I know it’s a huge thing to overturn this traditional idea and stereotype that Japan has long lived with. I know. Even if the government suddenly pronounces out loud “From now on, tattooed people will be allowed to go into hot springs! It’s not a bad thing to get tattoos! We will meet the world standard!!!!”, that doesn’t mean that Japanese citizens will forget about all the negative images towards tattoos. We are all educated to believe that tattoos are what bad people have, not directly taught at schools but taught through living in this society. But I think it’s time for Japan to change baby steps. If you read this blog, I ask you to please just keep this in your mind that there are positive ways in which tattoos can help people as well. Tattooed people aren’t automatically gangsters. As long as us, the young generation who live in this modern society have a fixed, wrong idea towards things, the negativity WILL BE passed onto the next generation, our kids and grandkids. Let’s all make little effort to accept different kinds of art and originality.

 

 

 

長くなってしまったけど、この動画やタトゥーの新しい使い方に、とても感銘を受けたのでシェア。

みんながこの動画についてどう思ったのか、インスタやブログコメントで聞かせてね!

 

 

Sorry this blog came out a little too long, anyways, let me hear your opinions and what you thought about ” tattoo covering scars” on my blog comment or instagram!

 

 

Thanks for reading!

 

Love,

 

Lisa

 

 

 

 

 

新しくフォローしてくれた子ありがとう♡

3000人突破!

是非フォローしてね♪

Instagram: @lizzy718

↑CLICK&JUMP↑

スクリーンショット 2015-07-24 12.54.14

ファッション関連のツイート、 主にしてます!

りさがTumblrでリブログしてる写真もTwitterで見られるから是非フォローしてね♪

Twitter: @lishy_eng

 
 

 



カテゴリ : LISA TOPICS: リサトピ!
タグ :
コメントを送る




村上隆の「五百羅漢図展」へ!今年1発目に必ず行っておきたい素晴らしい展覧会。#takashimurakami #art
投稿日 2016年1月5日

IMG_2408

 

Hey babes!

 

まずは、新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します!

 

ということで今年1発目のブログは・・・

日本が生んだ世界的現代芸術家、村上隆氏の大型展覧会レポート。

 

2016年の数ある抱負の中の一つが、「色々なジャンルの展覧会へ足を運ぶこと」なのだ!

村上隆さんの絵を初めて知ったのは、中学生のときにドイツで買ったKanye WestのGraduationというアルバムのジャケットを見て。

 

A happy new year guys!

My first blog of this year is going to be about an art exhibition I visited this week. “Takashi Murakami: The 500 Arhats”. One of my many aspirations of 2016 is to go to many art exhibitions, so I decided to go to this one to get myself started. I remember I was only a junior high student when I first saw Takashi Murakami’s work on Kanye West’s album called “Graduation”. Yes I was Yeezus fan since I was 14:P

kanye-west-graduation

くまちゃんも可愛いし、色使いがビビッドで、すごく独特な世界観があるイラストだなって思った。キュートなんだけど、どこか毒々しくて、ポップなんだけど、どこかシニカル。

一度見たら忘れないほど印象的!

最近ではLouis VuittonとのコラボレーションやShu Uemura とのコラボレーションもしていたから、ナイロニスタのみんなも絶対知ってるはず。

 

 

I loved his cute bear character, and how the colors and so vivid and pop in all of his work, but has a cynical, dark and black atmosphere. It’s so impressive that you wouldn’t be able to forget his work after you’ve seen it once. He has done many collabs recently, such as Louis Vuitton and Shu Uemura. Many of you Nylonistas must have seen them before.

012933+CMJN

shu-uemura-takashi-murakami_0

村上隆氏のプロフィールについて少しだけ触れると、

1962年に東京で生まれて、東京藝術大学日本画科の博士課程在学中に芸術家としてデビューを果たしている。今回の展覧会で上映されていた村上氏のドキュメンタリーショートムービーでは、日本画科を選んだ理由について、「簡単そうだったから」と言っていた。彼はアニメや漫画を主題とした絵や、等身大のアニメのフィギュアを制作したり、上でも述べたような企業ブランドとのコラボレーション、それこそ映画の制作などを網羅する、世界中で活躍しているアーティスト。現在53歳。

 

この五百羅漢図展では、そんな村上氏の最新作をたくさん展示しているのだ。過去と現在、東洋と西洋の融合を表現し、日本の伝統や「美」の村上氏独自の解釈が見られる。

 

美術館を入ると、まず見られるのは「円相」シリーズ。円相とは、悟り、心理、仏性、そして宇宙全体を象徴的に表す画のこと。

 

 

Let’s talk a little bit about Takashi Murakami himself. He was born in 1962 in Tokyo, went to a number one art school in Japan called Tokyo University of the Arts, Traditional Japanese Art department. He has been producing arts in the theme of Animation and Manga, like making a real sized Anime figure. He is 53 years old now. In this exhibition “The 500 Arhats”, he is revealing his latest art pieces depicting the past and present, Orient and Occident, and Japan’s traditional beauty. Stepping inside the exhibition, first you can see his Enso series. Enso is a painting that expresses comprehension, psychology, Buddha-nature and the universe.

IMG_2407

完成した絵にHOLLOW(空洞・虚)という文字をグラフィティーのように表現。これも円相画。

This is my favorite enso piece. It is hard to see it in the photo, but there are many skulls drawn on the white canvas here and on top of that the word HOLLOW is painted like a graffiti.

Processed with VSCOcam with c1 preset

この円相画の反対側には、この大きな蜃が。

 

In front of his enso piece you can see a huge dragon. To be precise, this is not a “dragon” but an animal called “Shin”, which exists in old writings in Japan.

IMG_2427

本当に展示作品が多いのだけど、どの作品にも共通するのは「丸」での構成率が高いこと。

細かいディテールを見てみると、丸、丸、丸。

 

In every piece, I was able to capture many circles. If you look at the details closely, many of the backgrounds consists of small dots and circles which is amazing because if you look from a distance, it blends in.

IMG_2411

ネイルかわいい・・・

とにかくこうやってディテールが半端なく凝っているのが村上氏の絵。

一枚の絵をみるのにま〜〜〜〜時間を費やさなければいけない。というか、費やしたい。一枚一枚の全てをチェックしたくなる。

 

Loved the nail art of the dragon, I couldn’t resist taking a photo of it lol

I truly enjoyed the details of Takashi Murakami’s work. It takes a massive amount of time to absorb every detail, but it’s worth the time.

IMG_2414

 

《人は、「貧」すると己を「貧」とは評せずに「ヒンヒン」の喘ぐしか無し。》

 

“When stricken with poverty, one does not deem oneself as impoverished and has no choice but to act the fool and suffer through”

 

IMG_2430

IMG_2432

巨大DOB君。

DOB君は、1995年のキャラクター文化が盛り上がっている中、村上氏が産み出したキャラクター。インスピレーションは、ど根性ガエルのぴょん吉、ソニック・ザ・ヘッジホッグなどから得たそう。なぜDOB君というのかというと、コメディアンである由利徹の「おしゃまんべ」というギャグと、漫画「いなかっぺ大将」の「どぼじで、どぼじて」というギャグを組み合わせて作られた造語の頭三文字を取ってDOB。つまり、めちゃくちゃどうでもいい意味のない名前。この意味のなさというのは、村上氏が学生時代に書いた「意味の無意味の意味」という論文からはじまり、彼の作品全てに通ずる動機、そして主題を象徴しているのです。。。深いいいいいい。

 

あと、上映されているドキュメンタリーショートフィルムでは、「アンディーウォーホルならマリリンや、缶の絵。それと同じように、村上隆=⚪︎⚪︎、のようなキャラクターを作ったら歴史に残るのだろうかという実験」(一字一句こうは言ってないけどだいたいこんな感じ)という風にDOB君のことを話してた。

 

 

Here is a huge piece of Mr.DOB. Mr.DOB is a character created by Takashi Murakami in 1995. He was inspired by many Japanese comic and animation as well as Sonic The Hedge Hog. In the short documentary film played at the exhibition, he talked about Mr.DOB saying “For example, Andy Warhol is symbolized by Marilyn Monroe, and the can drawings. I thought, if I would create my own symbolic character, I would make it into history”.

IMG_2438

IMG_2439

五百羅漢図は本当に息を飲む大作。

これについては、もうただただ実際に行って、見て欲しい!

 

実はこれ、一定期間でちゃんと仕上げられるように、村上隆氏自身が「スカウトキャラバン」という名の「学生募集」をしたらしい。そうして美大に通う学生を募り、彼らとともに完成させたのがこの五百羅漢図。その制作過程や、村上氏の直筆指示が書き込まれている資料なども展示されているのだけど、それが本当に面白い。資料ファイルは100冊を超えて、使用したシルクスクリーンは4千枚以上。

そもそも五百羅漢って「仏教で供養尊敬に価する500人の人々」らしいんだけど、その500人の羅漢一人一人の服や、表情、肌の色までこだわりがあって、ただ適当に「こいつはこれ」って振り分けているのではなく、資料の知識を加味した上でのものだったりする。それが本当に凄まじいんだ!!!

村上氏が五百羅漢図を描こうと思ったのは、東日本大震災があって、みんなが絶望感の中生きているという現実の中で、作り話であったとしても、希望を唱えるストーリーが必要だと感じたからだそう。五百羅漢は500種の人の苦しみを癒してくれるという逸話もあるんだって。

 

The 500 Arhats pieces were…just, so outstanding and amazing that I insist you go see it for yourself. The piece was so huge that Takashi Murakami recruited many art school students in Japan and created this piece together. You can see the process and all the suggestions and checks that he made at the exhibition; the material he used to create this piece are all exhibited in a room as well.

The 500 Arhats all have their own characters, enhanced in their facial expressions, clothes and skin colors. So it wasn’t decided randomly; each of them were researched and thought carefully. It is absolutely amazing. The reason why Takashi Murakami decided to create this piece was because of the Tohoku Earthquake in 2011. Everybody was living in devastation, and for people like that, he thought they needed a story to feel hope, even if it’s a fiction. The 500 Arhats are said to heal 500 different types of suffering, so therefore he had decided to create a piece inspired  by them.

IMG_2441 IMG_2451 IMG_2450

Processed with VSCOcam with c1 preset

IMG_2546   Processed with VSCOcam with c1 preset

IMG_2505

IMG_2419

結構タイトル見てるだけでも楽しめちゃう。(笑)

The titles of each pieces are fun to read as well!  IMG_2484

そして最後の大きい絵は、このカラフルな一枚。

インスタスポットよ!!

 

The last picture of the exhibition is this colorful skull piece. Great Instagram spot as well!!

IMG_2495

IMG_2488

Processed with VSCOcam with c1 preset

展覧会を出た後も、例のショートフィルムが見れたり、お土産ショップがあったり、こんな可愛い村上氏のシンボリックなお花ちゃんのソファーで村上氏の作品ブックを読めたり。もうとにかく最後の最後まで楽しめる展覧会!

 

Even after you leave the exhibition, you can go and watch the short documentary film about Takashi Murakami, sit on the cutest flower sofa and read Takashi Murakami’s Art Books. Until the very end, there are many fun spots to enjoy yourself.

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

 

アート展覧会が苦手っていう人でも、村上隆氏のポップで現代でおかたくないアートならきっと楽しめるはず。

学生なら1100円で楽しめちゃいます!

 

六本木ヒルズ内 森美術館 にて3月6日まで開催されてるので是非行ってみてね。

 

 

If you’re the type of person who is reluctant to go to art museums, I think this is one of the most fun and enjoyable exhibition to give you a slice of good impression towards art exhibitions! Students can go in with only 1100 yen so it’s very reasonable considering I stayed there for 2.5 hours. It is held at Roppongi Hills Mori Museum until March 6th so check it out!

 

 

 

Thanks for reading!

 

Love,

 

Lisa

 

 

 

新しくフォローしてくれた子ありがとう♡

3000人突破!

是非フォローしてね♪

Instagram: @lizzy718

↑CLICK&JUMP↑

スクリーンショット 2015-07-24 12.54.14

ファッション関連のツイート、 主にしてます!

りさがTumblrでリブログしてる写真もTwitterで見られるから是非フォローしてね♪

Twitter: @lishy_eng

SNAP BATTLE中!

♡くれたら嬉しいです;))

スクリーンショット 2015-04-06 0.20.11

#OOTD QUEENはこちらからジャンプ。

 



カテゴリ : ART
タグ :
コメントを送る