カテゴリー別アーカイブ: ミリの講義


50秒の感動CMを観て考えてみましょ。ー「人と同じ」事は、本当に「個性を大事に」してないと断言できるだろうか?ー #ミリの講義
投稿日 2018年1月17日

ヤッホー!
MIRIだよ

年明けに突如と始めた
#ミリの講義
第一回もまだまだ
記憶に新しいところですが、
早速今日は第二回を。

 

第一回:ミリの講義


▼CLICKして記事にジャンプ
「このBLOGを読んでくれる
#あなた も、先生も警察官もお医者さんも
芸能人にも共通している事は、
さて何でしょう。」

 

「ミリの講義って
なんなんだ一体」
って方は前回の記事を!
先に!読んでおくれ〜〜〜!

 


 

(from We Heart It)

 

「人と同じは個性を
持ってないみたいで
なんだかかっこ悪い」
っていう風潮って
ありませんか。




ありますよね。

 

それがいいとか悪いとか、
そういうの置いておいて。
ありますよね 🙂

 

実際、自分のスタイルを持って
貫いてる人や、
周りの目を気にせずに
自分の好きなことにプライド持って
アクションしてる人が
かっこいいのは事実。

 

私自身も過去にBLOGで
みんなと同じにする
必要は決してないってこと。

むしろ、この人のテイスト
他と違うって思わせた方が
相当かっこいいよね。」
って書いたことがあります。

 

しかし、この言葉。
「個性を大事にして欲しい」
という応援の気持ちで書いた
フレーズだとしても、
前後の文章をこうしてカットして
抜粋して読んでみると…

 

「同じであることはマイナス」
って読み取られかねない
誤解をまねくフレーズにも
なりかねない
ワードだということに気づく。
(もちろん
全くそんな気はないのだが)

 

そうなんです
言葉って難しい!
(ドーーーーン)

 

って事で前置きは
この辺にしまして、笑
ここで1本の
動画を観てみましょう。

 



めちゃめちゃ良いよね〜〜 ;o;

 

このCMは何度見ても
胸がジーーンとして
鼻がツーーンとします、
感動のあまり。

 

(お互い喋らないけど
最後に手を上げて挨拶し合うところが
もうグッときすぎて
永遠に見たいくらい、好き。笑)

 

 

生まれつきの髪色が
少しみんなと違って
目立っていた。

 

それだけで
いじめられた。

 

みんなよりも目立つ、
分かりやすく違いが表れている
「個性的」な髪色だったから。

 

その子を守るアクションは、
「同じ」髪色に染めること。

 

同じにすることで
救うこと、守ることができた。

 

同じにすることで
安心が生まれる。

 

「同じ」「個性」
共有することでね◎

 


・・

「個性を大事にしよう」って風潮って、
本来はプラスな意味を持った
いわばスローガンなワケだけど、

「同じであることは恥ずかしい!」
ってワケじゃないってことも
ちゃんと同時に
伝わらなくてはならない
言葉だとも思います。

 

なので、「個性を大事に」
して欲しい時代だからこそ、
「同じ」ことの良さについても
考えてみようじゃないの!

 

それがミリの講義
第2回目のテーマです 😎



 

ってことで
今早速「同じ」ことの良さについて
考えてみたんだけど…

(starbucks.co.jp)

 

・初めて訪れる国に
旅行に行った時に
自分が知ってる、良く行く
同じコーヒーショップがやってたら
超安心する

 

し、

 

・好きな人がよく売店で買ってる
飲み物とか食べ物を知って、
自分も一緒のものが
飲んでみたいなって思って
同じものを買ってしまう
恋心も
可愛くて素敵
(漫画の「ストロボエッジ」参照。笑)

 

だし、

 

・初めましての人が多く集まる
飲み会で、同じ地元の人を
発見したらそれはもう
凄まじい安堵感が生まれる

 

し…

 

そう、
同じことの良さって
言ってみれば数え切れないよね、
意識したことないだけで。笑

 

きっと本来は、
「同じ」ということって
安心感が生まれたり
絆が生まれるきっかけになるもの、
素敵なものなのです。

 

「同じ」=ダサい
「同じ」=自分を持ってない
ってなるようなものでは
決してない、ってこと。

 

じゃあなんで現代では
「同じ」ことに
マイナスの意識が生まれるのか
というと…

 

おそらく
「同じ」になることの
経緯過程に関して
考えた時に
生じるのだと思います。

 

 

「人と同じにしないと
浮いてしまう」事への
恐怖のようなものが無意識に
心の中を支配していて、
自分が本当にやりたいもの
着たいもの・食べたいもの
愛したいものを制限してるのなら…

 

それはやっぱり勿体無いし、
そういう場合なら
「自分の個性を大事に」した上で
周りと無理して同調しようとせず、
のびのび自由に
表現して欲しいなって思います。

 

自分の持っている感情や感性を
大事にできるのは、
最終的には自分でしかないからこそ、
自分の「個性を大事にして」
欲しいなと、思います。

 

その結果として
「同じ」に見られたのなら、
「同じ上等」ってマインドで
自信を持って進んで欲しい。
マイナスに考えないでいい。

 

同じことを無理に
恥じなくてもいい
そう思います。

 

自分が好きなこと、やりたいことが
結果としてどこかの誰かと
似てるものになろうが、
誰が「◯◯と似てる」と言おうが関係なく、
それが自分の好きなものならば
自分に嘘をつく必要もないし、
無理して封印する必要もない。

 

むしろその好きなスタイルを
わざわざ変えてまで撮ろうとするなら
結果としてそっちの方が
無理している

 

それは逆に
違うかな、と。

 

「似てる」というのも
結局はそれぞれの価値観で変わるもので、
国が発行する証明書とかが
あるわけでもないし、
極論、そんな考え過ぎなくても
いいことだなって思います。

 

さっきも書いたけど
似てたりする人は
「同じ」「個性」を共有してる
感覚が似てる人なんだな〜!
ってプラスに考えて、

 

むしろ自分がやりたいスタイルを
貫いた上で似てる人が
見つかったのなら、
その人同士趣味が合うってことだろうし、
仲良くなるきっかけにすれば
素敵だと思う 🙂 ◎

 

 

伝えたいことは
「自分が好きなことを信じて
貫いて欲しい」
結局これに尽きます!

 

▼CLICKして記事にジャンプ
身の周りの人よりも見ず知らずの人に
「いいね!」と思われたい
異様な現代文化の中、
あなたはどう生きる? #SNS

この記事、覚えているかしら?

 

 今日のBLOG冒頭で
抜粋したフレーズは、
この記事からのもの。

 

この時の記事で
同じような写真
がSNSに

埋め尽くされている現象について
書いたくだりで、

 

(from We Heart It)

 

「みんなと同じような写真を撮ることを
否定したいわけでは決してない!」
って何度か書いたんだけど、
本当にそのつもりは今も全くない!!

 

(これについては
詳しくは
ミリの講義
▶︎第一回をお読みください。笑)

 

自分の撮りたい写真のスタイルなら
気にせずにガンガン撮るべきだし、
更新して欲しい!

 

 

自分のアカウントは
自分専用の庭

 

まきたいをまいて欲しいし
植えたいおを自由に

植えてほしいのと同じで、
自分が好きな写真を撮って

更新してほしい。
そんな投稿でフィード一面を
自由に飾って欲しいなって思う。

 

知らない人のお庭の
ガーデニングが気に入らなくて、
いきなりピンポンして
「すみません、この花
好きじゃないです。」
とか
「私の庭と似てるんですけども〜」
って、言わないでしょう?

 

例えがちょっと
極端ですけども。笑



「個性」「自分らしさ」
「人にはない自分だけの何か」

私自身すごく大切にしてるし
今までBLOGを通してみなさんに
投げかけてきたところもあるんだけど、

 

その
それぞれが持ってる個性が、
分かりやすく目に見えて違うものとは
限らないってこと。

 

「同じ」だから
「ダメ」「かっこ悪い」
直結するわけではないということ。

 

一見同じに見えるものにも
よく見ればきっと
個性や違いがちゃんとあるということ。

根本的に同じ人なんて
そもそもこの世に
一人としていないのだから。

 

「同じ」になるからこそ
別々だったものが繋がって
また新たなものを生み出す
きっかけになったりする。

 

今日シェアしたCMのように
人と同じになる事で
強くなれる人もいる。

 

 

「人と同じ」事は、
本当に「個性を大事に」
してないと断言できるだろうか?

 

 

ミリの講義
第二回は、このへんで。

 

ではまた!
BYE〜

 

BLOGにかけてない
トピックはInstagramに。

 

 

【INFORMATION】

 

新作のZINE
“I WARNED YOU”
miriishii.comから
購入できるようになったよ!
検索してみてね♡

 

 

 

3カ国語で更新中。
Instagram:miriishii♥︎

CLICKして飛べるよ〜!

image

BLOG未公開内容や
映画好きミリによる
140文字映画レビューは…
Twitter:iammiriishii

 



カテゴリ : ABOUT ME ART CULTURE MY LIFE ミリの講義
タグ :
コメントを送る




#ミリの講義 始めます!このBLOGを読んでくれる #あなた も、先生も警察官もお医者さんも #芸能人 にも共通している事は、さて何でしょう。 #LIFE #就活
投稿日 2018年1月5日

ヤッホー!
MIRIだよ

 

ひっそり
はじめてみました
#ミリの講義

 

「ネーミングそのまま〜〜〜」

 

講義とか言ってますけども、
先生でもない私だからこそできる
ラフなフリートーク授業って感じです。笑

 

(collage by miriishii)

 


実際数ヶ月に1回は
こういうテイストのブログも
書いてはいるのだけど、
BLOG内カテゴリ
そういえば作ってなかったなと思い、

 


ミリの講義でチェック
できるようにしましたよん!
って感じですね 🙂

 


過去のこういう記事も
このカテゴリから
飛べるように後で
修正しておくね◎

 

(ここから先の画像は
We Heart It.)

 

中高生の皆さんでしたら
将来のことを話しやすい
実習生からのお話

大学生の皆さんでしたら
先生じゃないからこそ
聞きやすいあれこれや
意見を聞ける
ゼミのOB/OGからのお話

 

そんな距離感で
これからも
書いていければな〜と思います 🙂

 

 

何でいきなり
始めたのかと言いますと…

これからを担う
若い勢いのある世代が
NYLON読者には多いからこそ、
私にも何かBLOGを通して
そんな素敵なみんなを
応援できたらなって予てから
考えてまして 🙂

 

3年半以上こうして
NYLONブロガーとして
BLOGを書き続けてきた中で、
読者の方のコメント
直接会って話せた時の記憶
さかのぼると…

 

自分の夢を追う気持ち
周りからの意見の間で悩む
方々がすごく多かったな〜って。

 

ひしひしと
感じてきた訳です。

 

 

って事で!

 

#ミリの講義 を通して
一般論が多いメディアには
取り上げられない地味だけど、笑
大事な事とか、
疑問を提起していって…

 

それで何か新しいことの
気づきになったりとか、
モヤモヤを晴らす
一筋の光のようなものになれたら
嬉しいなぁ

 

って感じで…
始めてみます!
ヒャッフーーー!
(テンション)

 

そうそう。
こういうBLOGを書くときに
毎回伝えるのですが…

とても重要な事として、
私が伝える事は「絶対」とかではないし
「正解」とかでもないです!
1つの意見。

 

私の言葉を読んで
感じたあなた自身の意見
何よりも重要だし、
そういうものを大切にしてほしいからこそ、
こういう記事を書きたいと思ってます◎

 

そして物事を多面的に見るために、
一方からの見方だけにならないように、
「一般的に」良いと言われているものを
あえて指摘する言い方で表現する事が
今後あるかもですが、

 

いつなん時も!
ピースフルな心で
愛を込めて、書いてます!
(ここ重要)

 

ものごとを否定する精神
私、本当にゼロですので
(ここ重要2)

 

そんな書き方をしている時は、
皆様、あえてこうやって
書いているんだなぁと
御理解頂けたら、幸いです。
ペコリ。

 

はい!
初回なんで前置き
長くなりましたが、
メインテーマに入るね!



みなさんに質問です。

 

先生やお医者さん、
芸能人って聞くと
どんな印象を思い浮かべますか?

 

小さい頃、私は
先生は「先生」
お巡りさんは「お巡りさん」
お医者さんは「お医者さん」
芸能人は「芸能人」
というような感覚で、

キラキラしたかっこいい
大人の皆さんを見てました。

 

その人たちが
どんな過程で「先生」
「お巡りさん」
「お医者さん」
「芸能人」になったかって
考えたことなくて、

 

生まれた瞬間から
先生先生なのだ、
くらいの勢いで考えてました。
伝わるかしらこの感じ 🙂 ?笑

 

けど大学生になり、
自分と同い年のみんなが
就活を始め、

 

自分が小さい頃から
「カギカッコ」をつけて呼んでいた
仕事に実際に就く仲間を
間近で見るようになり、
改めて思うようになりました。

 

みんな同じ
人間であるということ。

それぞれの人生、そして
を持った人間だということを。



当たり前じゃん!
って思うじゃないですか。

 

そうなんです。
当たり前な事なの。

 

めちゃくちゃシンプルなんだけど、
意外と生活していると
忘れがちなことで、
とても重要なことだったりします。

 

先生だから
「なんでも知っている」
そう当たり前に思いがちだけれど、

 

それはできるだけ
正しいことを若い世代に
教えて、導くために
先生自身が
生徒を超えて
学んでいるから。

 

プライベートの時間も、
授業のことを考えてたりします。
本当に、すごいと思う。

 

自分が高校生だった時も
部活のみんなで練習がしたいから、
本当はお休みだったはずの
休日にも先生に出勤してもらって
教室を開けてもらったりしてた。

 

今思うと先生は
自分の時間を犠牲にして
生徒達のために時間を
作ってくれてたたんだな〜
と思うこと、多々。笑

 

 

先生は偉大
お世話になった先生の皆様
ありがとうございました…;o;

 

芸能人だから
「いつも眩しい笑顔でいて

と当たり前に求めがちな世の中だけれど、


表舞台で常に人から注目を浴び、
仕事が終わった途端
プライベートも追われ、
場合によっては報道される。

 

時として、ありもしないことも。
何も悪いことをしていない場合でもね。

 

私ね、
想像してみたのです。

 

自分の仕事が終わって
「ヒ〜〜〜
ゲッソリするくらいまで
疲れたよ〜〜〜!!」
っていう状態で疲弊して
帰ってる時に、

 

いきなり知らない人に
追い回されて聞き込みとか、
写真バシャッて撮られたら…って。

 

ゾッとしますよね。



疲れたり、
落ち込むことがあっても、
ファンのみんなに
元気な姿を見せて、
常にみんなの太陽
いてあげようとすること。

 

落ち込んだ顔をしてたら
「冷たい」「愛想ない」
そう言われるかもしれないこと。

 

そんな精神的な緊張と恐怖が
入り混じる、華やかさだけでなく…

 

太陽のような眩しい面だけではなく
のような儚い面も持っている。
それが「芸能人」という
お仕事でもあります。

 

医者だから
「手術は成功するのが前提」
そう当たり前に思われがちだけれど

 

それもまた本人たちの
膨大な努力をもって生まれた実績に
基づく誇るべき「印象」であり、
それを当たり前にさせてることが
第一にめちゃくちゃ凄いということ。

 

そんな彼らもまた、
それぞれ色んな育った環境やきっかけ、
そして純粋な憧れを持って
そこまで上り詰めてきた過程を持つ
同じ人間なのです。

 

何かのプロフェッショナルの人って
賞賛されてるからこそ、
逆の意味で人間扱いされてない時が
あるなぁって思います。

 

何をしても、何を聞いても
へこたれない
不老不死の
スーパーヒーロー

 

といった感じにね 🙂

 

憧れてる側からすると
悪気はないし、
むしろ好意でそう感じてるからこそ、
ここのギャップって
とても難しいこと。

 

そんなスーパーヒーロー扱いを
受けているかっこいい
憧れの存在だけじゃなく、
どんな人も全員が全員
同じ人間なのです。

 

みんなそれぞれが
自分自身が主人公である人生を
生きている真っ最中!

 

電車で向かいに座る人も、
街を歩いていてすれ違う∞の人々も、
みんながみんな、そうです。

 

逆に言えば自分自身も、
誰かにとっては電車の向かいの人、
街ですれ違う人にすぎません。

 

命の数だけ人生がある。
それだから人生は
面白いのです。

 




今日の講義のメインテーマ
「同じ人間」・「当たり前」とは
です。

 

当たり前なものだからこそ、
改めて授業で教えることとかでもないし、
飲み会で話題に上がる
盛り上がるようなトピックでも
ないかもしれない。笑

 

でもね、今日
BLOG読んでくださった方は
なんとなく感じて
くれたんじゃないかなぁと思うのですが

 

「◯◯だから」「当たり前」
って言葉が
時としてなんか、
狂気すら感じませんかい?

 

時としてすごく苦しくなる
言葉よねぇ…。

 

当たり前とされている事は
もっと、

「めちゃくちゃすごく努力して
当たり前にしてる私たち
実際すごくないですか!?
すごいよね!?

 

って感じで
お互いに褒め合うことが、
とても大事なんじゃ
ないかなと思うんです。

 

冗談じゃなく本当に!笑

 

自画自賛だって時には必要よ◎
頑張った自分、褒めましょう。

 

そしてね!


自分が生きる世界で
楽しませて頂いている
雑誌TV・CM

 

沢山の人が努力して
試行錯誤して睡眠を削って…
魂すり減らして
生み出したものの結晶
ということ。

 

エンターテイメント業界を支える人々は
普段表には出てこない
スーパーヒーロー達。

「当たり前」を提供するために
めちゃくちゃ頑張ってくれている。

 

そんな彼らは逆にもっと
スーパーヒーロー扱いされるべきだし、
そしてもっと労働時間などが
改善されていくといいなと、願ってます 🙂

 

時に狂気さがある
「当たり前」「大人」の世代が
勇気を持って変えてく必要がある
時代だとも思います。

 

若い世代が自由を求めて
何か意見した時に、
それがたとえ正論であった場合でも
「これだからゆとりは。」
その一言で片付けてちゃ
いつまでたっても
良くならない。

 

逆にいえば
「ゆとり世代」「さとり世代」
と言われる我々世代も、
もっと学ぶ姿勢が必要なのだと思う。

 

もちろん、
自分含めて。

 

性別も関係なく、
国籍も世代も関係なく、
手を取り合って
意見を交わしあって。

 

いい意味で変化すべき
時代にさしかかっていると思います。
現代 😎

 

同じ人間だからこそPEACEに、
そして当たり前なことに
改めて感謝して
日々を過ごせる世界に
なりますように。

 

そう信じてアクション
することが大事!
一人一人がね!

▶︎CLICKして記事にジャンプ。

#選挙 に行くこと / 行かないことについて、
同世代とこれからの時代を引っ張ってく
皆さんに向けて書いてみました。
読んでくれ!

 

他人事は何も変えないし
何も救えない。

 

この記事にそのことについては
書いてあるので
お時間ある方は読んでみて!



みんなが大好きなファッションや
TVにLIVEなどの娯楽を
当たり前のように楽しめるのは
現段階で「平和」だから、
ということもお忘れなく!

 

みんな同じ人間

当たり前すぎて学校では
習わない話を、
先生でもないミリだからこそ
書いてみました。

 

#ミリの講義
地球の何処かの誰かの
何かのきっかけになりますように!

 

 

ではまた。
BYE~

 

BLOGにかけてない
トピックはInstagramに。

 

 

【INFORMATION】

 

新作のZINE
“I WARNED YOU”
miriishii.comから
購入できるようになったよ!
検索してみてね♡

 

 

 

3カ国語で更新中。
Instagram:miriishii♥︎

CLICKして飛べるよ〜!

image

BLOG未公開内容や
映画好きミリによる
140文字映画レビューは…
Twitter:iammiriishii

 



カテゴリ : ABOUT ME ART CULTURE FASHION MY LIFE ミリの講義
タグ :
コメントを送る




#GDRAGON #ACTⅢMOTTE ー過去2回の単独公演との違い&私が考える彼の音楽と、「クォン・ジヨン」という人間についてとにかく真剣に書いてみた。
投稿日 2017年9月20日

ヤッホー!
MIRIだよ

 

いやー余韻…
余韻がすごいんじゃ…
(突然の千鳥ノブ)

 

割とジャンル問わず
いろんなLIVEに行く方なのだけど、
そんな中でも自分の中で
特別な位置にいるアーティストってものが
またさらに存在しております。

 

そのトップと言っても
過言ではないのが
私にとってはG-DRAGON.
ジヨン、
BIGBANGのリーダーです。

 

(ygex.jp)

 

そのジヨンが4年ぶりに
“ACTⅢ, M.O.T.T.E”
WORLD TOURで日本にやってきた訳だ!
てことで東京ドームの公演に
昨日19日、行ってきたのです。

 

今回のBLOGはあえて
私が感じたことを書いてみようと思う。
みんなが思いそうな事というより、
私が今回のライブをみて
感じとったリアルなあれこれを。

 

なんでかっていうと、
昨日のライブは私の中では
熱狂して興奮して我を忘れて騒ぐ
「刺激的」なライブというより、
静かに時間をかけて
「噛みしめる」ライブという感じがあって。

 

例えるなら…
美術館にいってすごく
惹かれる作品に出会って、
その作品を手がけたアーティストには
どんな背景があって、
何を伝えたくて創作したのか、
作品を見ながら第三者である自分が
向き合って思考を巡らせるような、
あの感じ。

 

(pics from G-DRAGON
2017 WORLD TOUR
[ACT III, M.O.T.T.E]
IN EUROPE no YouTube)

 

そんな時間が昨日の
ライブには流れていた気がして。

 

芸術作品の解釈には
正解がないように、だからこそ
私が昨日のライブで感じ取った
解釈なりをBLOGでシェアして
みる方がしっくりくるなと。
ということで、あえて
主観的に、書いてみます◎



ジヨンのソロツアーは

SHINE A LIGHT
ONE OF A KINDに次いで

今回の

ACTⅢ, M.O.T.T.Eが3度目よね!

 

SHINE A LIGHTでも
かなり印象的だった、
「僕は誰?」という言葉。

 

それが今回のM.O.T.T.Eで
メインテーマに再び復活してきたことに、
自分自身のオマージュをやったことが、
かなりおもしろかったなぁと。

 

SHINE A LIGHTの時は
純粋に感じた好奇心にも近い
「僕は誰だと思う?」っていう
ニュアンスにも捉えられたんだけど、

 

今回の「僕は誰?」は、
考えて考えてここまできて、
だからこそ生まれた葛藤
スター特有の孤独や寂しさ、
そういうものを背負った1人の人間の、
静かな投げかけのような感じがしました。

 

“G-DRAGON”という
スターを背負って生きている
クォン・ジヨン本人の、
心の内をみせてくれた、みたいな。

 

余談だけど、
SHINE A LIGHTツアー
ポップでコメディタッチな演出も多くて、
いい意味ですごく「分かりやすい」ライブで、
とても好き。

 

“Gossip Man”とか
“Hello”とか、コミカルで
ファンシーな演出が
最近の彼にはない傾向で、オススメ。

 

ONE OF A KINDツアーは、
私たちが求めるG-DRAGONの
かっこよさをこれでもか!
というくらい見せつけてくれた
ライブだった記憶。

 

大概どのアーティストも、
この曲はこの盛り上がり方
こういう雰囲気にもってく、
とかがあるのが普通よね。
それがライブの良いとこでもあるじゃない?

 

あーこれこれ!待ってましたー!」
って観客もなる感じ。

 

(pics from CRAYON+FANTASTIC BABY
(2013 WORLD TOUR
~ONE OF A KIND~
IN JAPAN DOME SPECIAL on YouTube)

 

気持ちいいタイミングで
ベストな曲をもってきてくれて、
バッチバチにかっこつけてくれる。
いい意味でオレ様な振る舞いで、
観客に夢を見させてくれる、
みたいな隙なしの鉄壁パフォーマンス。

 

例えるなら、憧れの人が
運転する超高級スポーツカー
助手席にのせてもらって

夢のような世界に
ガンガン連れてってくれて、
見たい景色を全部見せてくれる…

みたいな高揚感のある
パフォーマンスがあったのが
ONE OF A KINDツアーな気がします。

 

(yg-life.com)

 

で、今回の
ACTⅢ, M.O.T.T.Eも、
めちゃくちゃ
かっこつけてくんだろうな
(いい意味で)と思ってたんだけど、
それを覆す覆す

 

いや、もちろんかっこよさ、
魅せ方は卓越していて

それを前提としてではあるんだけど、
過去の彼の単独公演と
大きく違ったのは、
自然体なゆるさと余裕
そしてガラス細工のような
繊細な心が強くでていた
パフォーマンスだということ。

 

さっきまで
さんざん力説していた
「きたー!待ってましたー!」って
叫びたくなっちゃうような
気持ちいい感覚を覆すってことは、

 

もはや「マイナスではないの?」
って思うかもしれないのだけれど

 

覆されてまた新たなドンピシャの
作品の形でみせつけてくるのよ、これが。

 

個人的に“악몽”“너무 좋아”
すごく痺れました。
(もちろん、全部よかったのは前提)

 

特に昨日のパフォーマンスを見て
印象が変わった曲がこの2曲。
LIVE後忘れられなかったな〜。

 

ライブ一番最後のあの曲は、
心に染み渡りすぎて感無量でした。
感動したという一言で片付けたら
申し訳ない感じ。笑

極力セットリストが
わかる内容は控えたいので、
どの曲は一応かかないでおくね!

 

今回のACTⅢの印象は、
いわば、かなり高度な
モダンアートみたいな
パフォーマンスでもあって…

 

なんて言うんだろう。
ライブ見終わった後の
感覚ではないというか。

 

伏線がたくさんある
映画を観終わった後というか、
深いヒューマンドラマを
見終わった後のような気持ちというか。
感じ方は人それぞれだと思うのだけど、
私はそんな感じでした。

 

話は戻って、
「あなたにとってG-DRAGONとは?」
「あなたにとってクォン・ジヨンとは?」
から行き着く、
僕は何者なのだろうという
彼の疑問について。

 

G-DRAGONは、現在、
世界中に注目されるスターになった。

 

だからこそ、
いろんな自分になる事…
応援してくれる
皆が見たい自分を作るという事…

 

それを精一杯に
体現してきたからこそ、
「自分は一体誰?」
そういう
疑問にいきつくんだと思う。

 

シンプルな疑問だけど、

 

たぶん、いや、相当
突き詰めて生きない限り
その疑問にはなかなか到達しない。

 

彼は身を粉にして、
“G-DRAGON”
つくってきたんだなぁと。
「クォン・ジヨン自身も、
彼こそも、G-DRAGONの
大ファンでもあるんだと、そう思いました。

 

だからこそ、
G-DRAGONはこうあるべきだって、
客観的にとらえて、
つくりこめるのじゃないかと。

 

昨日のライブで
彼からこぼれた言葉が、
飾ってなくて、むしろ
弱々しさすらみせてくれたのが新鮮で、
魂をすり減らして彼は
音楽に携わってくれてるんだなって。

 

胸がいっぱいになりました。
沢山の「ありがとうございます」を
伝えたいなぁと思いました。
ので、BLOGに記します。
「G-DRAGONとして沢山の音楽を
生み出し続けてくれて
ありがとうございます。」と。

 

今回のライブの彼の印象は、
とにかく自然体な姿。

 

そして、いつか突然
となって消えてしまうのでは
というくらい、終始
儚い幻想のような…

人魚姫みたいな佇まいで。
(無理しないで欲しいなとも
心の中で思いつつ…)

 

 

こんなにも力を抜いて
ずっとパフォーマンスしたライブは、
少なくとも私が
見た中では初めてだったと思う。

 

 

 

前回の西武ドームで観た
ONE OF A KINDの公演は、
「これこそがG-DRAGONだ」っていう、
スキのない
怒涛のかっこよさをみせつけてきて、
そりゃもう悩殺された記憶なんだけど…

 

(pics from ‘무제’ M/V
on YouTube)

 

あの時のパフォーマンスが
スターの太陽の顔だとしたら、
今回のツアーでは、その光の
当たらないの部分、月の顔

 

彼自身、1人の人間としての
クォン・ジヨンを、
見せようとしてくれた
ような感じがしました。

 

私は国籍問わず
オールジャンルの音楽を聴くんだけど、
韓国の音楽を聴くようなったのは
BIGBANGがきっかけ。

 

そしてジヨンは「ケーポップ」と世間に
カテゴライズされるイメージを
率先して打ち砕いていった
アーティストでもある。

 

私にとってはそうだし、
きっと皆んなにとっても
そうなんじゃないかと、
そう思います。

 

もうこれ以上超えるものは
できないのでは…

 

と思っても
見るたびにその予想を
ゆうに超えて行く彼の
パフォーマンスや手がける楽曲が、
これからも楽しみ!

 

きっとクォン・ジヨンは、
世界中のファンがみたい“G-DRAGON”を、
みせ続けてくれるでしょう。

 

けど、その背景や、
の姿をみせようとしてくれた
今回のライブは、たぶんこれが
最初で最後な気がしますし、
直接みれて心からよかったなと、
ライブの余韻冷めぬままに
文字を綴っている私でした。笑

 

誰かにとっては家族、
恋人、友達、応援する憧れのスター…

 

なんであっても、
それをつくるクォン・ジヨン
という人間は、
久々に生で見たら、
人間超えて
神みたいになっていました。

 

以上。感無量BLOGでした。
ONE AND ONLY GD!!

 

今日も読んでくれてありがとう!
BLOGにかけてない
トピックはInstagramに 😉

 

 

 

3カ国語で更新中。
Instagram:miriishii♥︎

CLICKして飛べるよ〜!

image

BLOG未公開内容や
映画好きミリによる
140文字映画レビューは…
Twitter:iammiriishii

 



カテゴリ : CULTURE MUSIC MY LIFE ミリの講義
タグ :
コメントを送る




「最後に夜空を見上げたのは、いつ?」ースマホをしまって、 #星 を見るためだけに実際に出かけてみない♡? #TRAVELER #体験レポ
投稿日 2017年3月7日



ヤッホー!
MIRIだよ

IMG_9204

(pic from We Heart It)

 

昨日は友達と朝から夜までの
弾丸日帰り旅行ってことで、
八ヶ岳の方までちょっくら
(清里小淵沢富士見高原)に
遊びに行ってきましたー!

 

県境エリアなので
山梨県長野県
ダブルで楽しめる魅力あり

 

IMG_9165

IMG_9169

冬の空や自然って
夏の鮮やかさは違って
洗練されてて静かにとしてるのが
魅力だよね〜 😛

 

FullSizeRender 18

そうそう。
私はとにかく
旅行をすることが生きがいで、笑
だからこそミリのNYLONブログは
旅行BLOGが多いのだけど、
今年は国内旅行にも力を入れたいなと!

 

その理由については
またBLOGを新たに書くということで
今日は今回の旅行の目的
「星を見にいくこと」について

 

IMG_9202

みなさん星、見てます?
(なんだこのロマンチストみたいな発言)

 

私はね、星と空大好き人間なので
毎日東京にいても見上げるのです。
すごい心が浄化されるし、
地球も星の1つなんだよな〜って
愛おしくなるというか。

 

IMG_9207

だから空を見上げることを
とても大事にしてるんだ

 

けどやっぱり東京の空だと
なかなかクリアに
見えないのよ星さんが 😥 !

 

それなら満天の星空をみに行くツアー、
リアル“STAR TOURS”
やっちゃおうじゃないかって
友達と盛り上がって決行することに。笑

 

IMG_9205

今回は日帰りだったので
車で東京から2,3時間で行けて、
なおかつ星も見やすい
八ヶ岳の方をチョイスしたんだ!

 

の位置や星の見える
のコンディション
にもよると思うんだけど、
20時から22時くらいの間で
充分クリアに星を見ることができるから
そのあとから東京に帰っても0時には
家に戻れるのよ!

 

だから日帰りプラン
とってもオススメ

 

IMG_9214

(上の星空はイメージです。笑)

 

ミリの昨夜の星鑑賞場所は
清里美し森エリア!

 

ここの広い駐車場に車を止めて
寝そべって見てました。
星が降ってくるみたいなの…!
そして空が丸く感じるの…!!
星空は写真に写らなかったので
星の画像イメージですごめん!!笑

 

もうね〜街灯が全くない
月明かりだけで照らされた夜空に浮かぶ
星の綺麗さ行ったらもう
例えようがないくらい美しくて…

 

こんなにも星はあるのに
見えてないだけなんだよな〜って。
いつも空にいてくれてるんだよな〜って、
しみじみと眺めてました。
美しすぎて泣きそうなってしまった。

 

IMG_9216

ちなみにチンパンジー
赤ちゃんのような姿の私を
見ていただいて分かるように
かなりの完全防備が必須。

 

BLOGにもよく登場する…

1

▶︎NYLONっぽい着こなしが
したいコは参考にしてみて♡
定番アイテム「MA-1」なら
どう着る? #OOTD #FASHION

H&MTrapper hat
髪の毛全部しまいこんで
ダウンのフードをかぶってたよ!

 

ホカロンも忘れずに。
あとは毛布
持参すれば完璧だったな〜!

 

IMG_9201

大自然をみにいく度に思うのは
写真じゃ全然おさまりきらないくらい
壮大で繊細な美しさが溢れているということ。

 

スマホ世代SNS世代
何かとバシャバシャ携帯で
写真を撮りがちだけど、
携帯をしまって自分の目に
しっかり焼き付けることって
とても素敵なことだなって思ったよ〜

 

だってね?
一度スマホの画面を見ちゃうと
明るすぎて光が強くて
空見上げてもさっきまで
見えてた星が見えなくなっちゃうの。

目が慣れるまで
また少し時間がかかっちゃうんだ..!
それくらい繊細だけど、
強く確かに輝いている星。

 

IMG_9203

星ウォッチング
ぜひみんなにやってほしい!
友達とも恋人とも家族とも!

 

暖かくなるこれからの季節こそ、
大切な人と一緒に
計画してみてはどうだろう 😎 ?

 




 



IMG_7099

ではまた。
BYE〜
インスタフォローもよろしくね!

MIRI

 FullSizeRender 174

FullSizeRender 175

FullSizeRender 176

3カ国語で更新中。
Instagram:miriishii♥︎

image

BLOG未公開内容や
映画好きミリによる
140文字映画レビューは…
Twitter:iammiriishii


IMG_1291

style snap

コーディネートは
ここからチェック!

 

 



カテゴリ : ABOUT ME ART CULTURE MY LIFE ミリの講義
タグ :
コメントを送る




NYLONを「憧れの世界」で終わらせないで!NYLONチームの仲間入りできるチャンスは明日まで。 #NYLONBLOGGER
投稿日 2017年1月4日


ヤッホー!
MIRIだよ



どうやら私。
NYLON BLOGGERになって
もうすぐ3年になるらしい…!

IMG_5232

もうそんなに期間が
経ったのかとビックリ〜!
自分にとってはすっかり、
NYLON.JPでBLOGを書く
というものが生活の一部
なり始めているというかなんというか。

 

image

NYLON BLOGGER
なってなかったら
今の自分とは全く違う自分
出来上がってただろうし、
改めて3年近く
在籍させて頂けていることに
心から感謝
2017年正月でございます..!

 

スクリーンショット 2017-01-04 17.38.01

↓CLICK↓
▶︎NYLONブロガー6期オーディション
スペシャルコンテンツ
現役ブロガーが語る
NYLONブロガーの魅力 Vol.1 石井美里

 

NYLON.JPで現役BLOGGER
BLOGGER OGの方々の
現在の活動についての
インタビューコンテンツが
随時アップされてたので
見てくれてる方も多いと思うのだけど、
ミリもこのインタビュー
答えさせて頂きました 😛

 

image(illustrator/ NYLON BLOGGER
eveさんの絵を拝借)

 

ですが!
NYLON BLOGGER 6th AUDITION
いよいよ明日の
1月5日で応募締め切り
ということで…
改めて今日はBLOGにしようかと!

 

このNYLON.JPの記事を読んでくれた前提で
今日のBLOG書き進めていくね〜

 

image41-1024x1024

▶︎17歳からBLOGを書き始めた私が
NYLONブロガーになるまで。
なぜ始めた?そして22歳の今、
なぜ書こうと思うのか。

 

あ、その前に!
まずこの記事はマストで読んで!笑

 

image35

(↑NYLON BLOGGER
なりたての頃。髪長い。)

 

私が高校生の時に
「何かにつながれば」という気持ちで
ブログを突如と始めて、
それが実際NYLONブロガーになる時の
チャンスをつかんでくれたものに
なった事についての話です。

 

BLOGGERになる予定がなくとも
就活中とか進路に迷う
中高生さんに読んで欲しい 😎

 

miri-main

はい。
でね、NYLON BLOGGERの
一番の魅力はというと、
NYLONという憧れの世界
ぐっと自分の世界に繋がる事だと思います。

 

image

image

「今月のNYLONもかわいいなー!」
って思ってた憧れの世界を作っている
NYLON JAPANのチームに
実際に仲間入りできるんです。

 

スクリーンショット 2016-12-01 12.24.33

ブランドのモデルを
させてもらえたりとか…

 

image

NYLON TV
インタビュアーとして
出させてもらえたり…

 

IMG_5228

IMG_5126

最近だとBUBBLESコラボして
自分がデザインしたスウェットを
出させてもらえたりとか…
確実にNYLONでブロガーになってなかったら
もらえていなかったであろうお仕事。

 

image

これは幾度となく
BLOGで言ってきているのだけれど、
NYLON読者=ナイロニスタ
の皆さんって、
本当にオシャレで
クリエイティブなコで溢れてるし、
インスタとかのフィードとか
雑誌ZINEばりのクオリティを
作り上げてるコが多い

 

image

そんな頭の中でセンスや
表現情熱がフツフツしている
これからを担っていく世代のコって
たくさんいるのに、
SNS上だけで終わらせちゃうのは
本当にもったいないなと思うのです。

 

もっと多くの人に伝えるべき!!
みんないいものをとにかく
沢山持ってるんだから!

 

image

たぶん、ミリが高校生とかの時は
インスタとか全然流通してなくて
BLOGとかリアルタイムとか、
自分のページをつくって
何かをつらつら書く
みたいな文化が今より
必然的に多かったような気がするような。

 



ていうか待って…

IMG_8609

リアルタイムって
今もうやらないのかな 😯 ?!笑
だとしたらかなりの
ジェネレーションギャップを感じる。笑
あるのか気になる…
誰か教えてくれ…笑

 

一応説明しておくと、
(ミリの時代はそれが
結構メインで流行ってたんですけど)
自分だけのTwitterみたいなページです。
画像とかってよりは文字メイン

 

image39

で、
「より多くの人に見てもらいたい」
っていうモチベーションで
文を書きたいコはBLOGやってたような!
これがミリが中高生の頃の話。笑

 

IMG_6523 2

話を戻すと、
ミリの世代は
BLOGを書くことになじみある文化
の中育ったのだけど、
ミリの数年下の世代になると
一気にインスタとかの
世代になってるのよね!

 

だからBLOGっていうものの
そもそものイメージが
イマイチ掴みきれないというか。
遠い存在になり兼ねないなって思うのね!

 

IMG_2840 2

で、17歳からBLOGを
書き始めたミリはつまり6年近く
書いてるらしいんだけど、笑
(冷静に長っ)
だからこそね、言いたい。

 

IMG_2837 BLOGは楽しい!!笑

 

IMG_1779

改めて自分がいいと思ったものや、
みんなが気になるものを見つけてきて、
それをBLOGに取り上げたりとか…
感じたことを
文字に起こして伝えること
って
楽しいし、知識も自然と増えるし 🙂

 

image

SNAPCHATとか
インスタのSTORYとか、
消えちゃう投稿が定着している今こそ、
自分の言葉を形にして残す
BLOGも逆にクールだと
私は個人的に思っています。

 

image

NYLONブロガーを
やっている人ってにはまらず
本当に色んなことを
やっている方が多くて、
しかも自分がやりたいビジョンを
しっかり持ってる人が多いの
だから話すと、
色んな世界が知れる

 

image

将来何になりたいか
まだ決まっていなくて
悩んでるナイロニスタもいるかと思うけど、
だからこそこの
NYLON BLOGGERになることで
自分のスタイルを見つめ直したり
色んな人に出会って
やりたいことを見つける機会を得るのも、
私はいいと思うよ 😉 !

 

image

NYLON BLOGGERらしい
経歴肩書きなんてなくたって、
全く問題ないと思う!
NYLON BLOGGERになって
発信したい気持ちがあることがまず大事!

 

IMG_4117

あとね、ブロガーになって
直接的に良かったことかは謎だけど、
考えを文字に起こす速度
すごく早くなったので、
学生時代の課題のレポートとかを
豪速球で完成させられるようになった。笑
これは完全に余談だけどね 😆 !笑

 

IMG_0098

毎月NYLONを買って
憧れの世界に胸を踊らせるなら、
もういっそ!
チームに入りましょう

 

image

NYLON BLOGGERになって
NYLONチームとして
言葉や作品、ファッションを
発信しましょう!

 

IMG_9572

私はナイロニスタの世界を
もっと見たいです
SNSだけではなく、
BLOGという表現の場をもらった
ナイロニスタが、
どう表現するか知りたい!
そしてそんな方と
もっと出会いたいな〜!

 

IMG_4999

ミリ自身、NYLONブロガーとして
3年近くはいるものの、
「プロ」のブロガーでは決してないですし、
まだまだ未熟です 😛

 

image 直接話してるわけではないからこそ、
「どう伝えればより伝わるか」
ってことを日々書きながら学ぶ日々
だからBLOGを今まで
書いたことなくって大丈夫よ!

 

ぜひ!
このBLOGを読んで、
まだ応募を迷ってた
ナイロニスタちゃんがいれば。

IMG_4731

最後に言わせて!
チャンスは明日で最後
後悔しないで
NYLON BLOGGERの仲間になって
NYLONの編集部で
会える日を楽しみにしてます 😎

 

スクリーンショット 2017-01-04 18.49.35

↓応募フォームはこちらから↓
Why don’t you join the NYLON WORLD?
NYLONブロガー6期生を大募集!

 

ではまた。
BYE〜
インスタフォローもよろしくね!

 

 




IMG_5232

MIRI

 FullSizeRender 174

FullSizeRender 175

FullSizeRender 176

3カ国語で更新中。
Instagram:miriishii♥︎

image

BLOG未公開内容や
映画好きミリによる
140文字映画レビューは…
Twitter:iammiriishii


IMG_1291

style snap

コーディネートは
ここからチェック!

 

 



カテゴリ : ABOUT ME ART CULTURE FASHION MUSIC MY LIFE ミリの講義
タグ :
コメントを送る