ニベア発祥の地ドイツ・ハンブルクのニベア缶がお土産にぴったりな可愛さ #ドイツ #お土産

Posted on

 

 
 
 
 
ニベアハウス・ハンブルク本店
line
 

 
 
 
私が今回ドイツで訪れた街のひとつがハンブルク。
 
ドイツと聞くとベルリンやフランクフルトといった街が思い浮かぶ人が多い中で、日本人にとってはマイナーなイメージかもしれません。ハンブルクはドイツの中で、ベルリンに続いて人口が多いドイツ第二の都市。
 

 
 
 
そして、日本でも有名なNIVEA/ニベア
 
今回、ハンブルクがニベア発祥地なのをはじめて知りニベアハウスがあるということで足を運んでみました。
 
Nivea Haus
(Jungfernstieg 51, 20354 Hamburg Germany)

 
 
 
ニベアって聞くと、あれ?日本のメーカー花王じゃなかった?と思う方もいるかもしれません。
 
ニベアは元々Beiersdorf/バイヤスドルフというハンブルクの会社から生まれた製品。日本においてはBeiersdorfと花王が合弁した“ニベア花王”という会社が展開しています。
 

 
 
 
 
限定ニベア缶
line
 

 
 
 
店内には多くのニベア商品が並んでいる中、私が目をつけたのはこちら。
 
当時の広告ポスターが復刻されたデザイン缶が可愛くお土産に何点かまとめ買いしました。
 

 
 
 
ドイツのニベアは、日本のニベアとは成分が多少異なり中身のクリームも違います。厳しい寒さのドイツに合わせて乾燥肌により効き目があるそう。
 
高級クリーム「ドゥ・ラ・メール」の成分と近いって話題になったのは有名ですね。これもドイツ製の方がより成分が近いと言われているそう。
 

 
 
 
復刻版ニベアは自分用にも買ったのですが、バッグに入れていても可愛いデザインが気に入っています。
 
もちろんニベアはかさばらないから持ち運びにもぴったり。
 

 
 
 
他にも可愛いと思ったのがこちら。星座ニベアも誕生日が分かっている友達にお土産としてあげると喜ばれそう。
 

 
 
 
スキンケア商品は消耗品だけど、ニベアは使い終わっても青缶は残るのでお土産にぴったりです。
 

 
 
 
そして、その場で写真を撮ってオリジナルニベア缶を作れるサービスもありました。旅の記念として、または家族へのお土産に良さそうです。
 

 
 
 
他にリップバターを自分やお土産用にいくつか購入しました。こちらも日本未発売でフルーツの良い香りがします。
 

 

 

 
 
 
ちなみに買い物袋を見たらサンプルが沢山入っていました。日本未発売のQ10シリーズは気になっていたので試せるのが嬉しかったです。
 

 
 
 
ドイツ・ハンブルク
line
 

 
 
 
ニベアハウスがある場所はアルスター湖畔のすぐ側。
 
綺麗な湖と沢山の水鳥たちがいる憩いの場所になっているので合わせて観光するのもオススメです。
 

 
 
 
お土産番外編・エコバッグ
line
 

 
 
 
ヨーロッパ周遊中は食事をスーパーで節約したりしていたのですが、ドイツでよく利用していたスーパーがREWEでした。
 
REWEはドイツの大型スーパーチェーンで、ドイツ各地でよく見かけます。
 

 

 
 
 
日本よりエコバッグ所有率が高いエコ大国ドイツ。
 
各地のスーパー限定のご当地エコバッグがまたお土産にもぴったりなのです。
 

 
 
 
値段も1.79ユーロとお手頃。プリントのクォリティも高く普段使いにも良さそう。
 

 

 
 
 
ちなみにブレーメンのREWEスーパーのエコバッグはお馴染みの動物の音楽隊デザインでした。
 
他のドイツ地区はどんなデザインなのかとても気になるところ。ドイツのREWEスーパーに来ることがあったらどんなデザインだったのか是非教えてくれると嬉しいです♪
 

 

 
line
 

 

 

 

 

 
 
line
 
follow me♡→[instagram] mayu1224eve
メッセージをくれたりフォローして下さった方、ありがとうございます♪instagramでの嬉しい出会いにいつも感謝しています。
 

w2017insta

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

◀ このブログのトップページへ