今年世界ナンバー1になった世界最強と言われる日本のパスポート。でも所有率は25%という現実 #日本 #パスポート

Posted on

 

 
 
 
190カ国へ渡航可能な日本人
line
 
先月、イギリスのコンサルタント会社Henley&Partnersが発表したビザ無しで渡航できる国ランキングで199カ国・地域を対象に日本が初の単独首位に輝きました。
 
アメリカやロンドンは186カ国、イタリアやスペインは187カ国というのを抑えて190カ国訪れることが出来る日本がナンバーワンに。
 
アフガニスタンやイラクと最下位になってしまった国は30カ国だけ。同じ地球に住んでいてもこの差があるのです。
 

[photo by https://www.henleypassportindex.com/]
 
 
 
ビザなしで世界190カ国を訪問できる最強と言われる日本のパスポート。
 
実際、入国審査の時は質問なしですぐに通されたりすることも多く、日本のパスポートの信用度の高さを実感する場面も少なくありません。
 

 
 
 
パスポート所有率25%という現実
line
 
そんな中、外務省によるとパスポートを持っている日本人は4人に1人
 
なんと日本人のパスポート所有率は25パーセントしかないのです。
 
世界で1番自由に旅を出来る日本人。
 
その反面、今年国連が発表した幸福度ランキングは54位と先進国ながらも低い日本。
 
厚生労働省が去年発表した自殺者ランキングではワースト6位
 
国々の宗教や価値観も関わってくる為、幸福度や自殺者の理由についての意見はまたの機会にして、ここではパスポート所有率の低さについて。
 
様々な理由や意見があるけれど、そのひとつが仕事でなかなか長期休暇を取りにくいことだと思うのです。
 
有給を取ろうものなら冷たい視線、冠婚葬祭でないと取得出来ないというのは残念ながら私の周りではよくある話。
 
 
 
自由の定義って?
line
 
先月のヨーロッパ旅では、ドイツのベルリンの壁、チェコのジョンレノンの壁と言った自由にまつわる歴史スポットへ足を運びました。
 
かつて東と西を自由に行き来出来なかったベルリン、チェコはかつて厳しい社会主義国で、本屋が営業するのでさえ週にたった一回だけだった。
 

 
 
 
その国々の歴史に比べると一見、恵まれていて自由に見える日本。
 
でもどこか不自由さを潜めている日本。
 
果たして、日本は自由なのだろうか?
 

 
 
 
日本社会の就労環境
line
 
私が会社員だったとき。
 
週1日の休みに毎日数時間以上のサービス残業、連休は1年に3連休が1度のみという環境だったことも。有給なんてシステムは皆無で海外旅行なんて夢のまた夢でした。
 
就職する前のアルバイト時代も残業する前にタイムカードを一度押すように促されたのは日常茶飯事。定時でスタッフが帰っていたらどこの会社も回らないよって上司に言われたことも。
 
友人たちと話していてもうちもそうだよ。それって仕事あるあるだよね。って当たり前になっていました。
 
今、思い返してみると当たり前、世間の常識や先入観が正しいとは限らない。
 
常識というのは世界に出たらとても曖昧なものになるし、語弊もあるかもしれないけれど私は常識というものをまずは疑うという癖がついてしまっている。
 
 
 
私が退職した日
line
 
やがて目をつぶっていた賃金や待遇問題を避けれなくなり心のバランスをうまく取ることが出来ず、朝起きる度に絶望する日々が続きました。
 
そしてある日、家族の最期のとき仕事を休む事が出来ず、告別式が終わってもすぐに出勤しなければならなく心がすっかり折れてしまった私はその1ヶ月後に退職を申し出ました。
 
最期に立ち会える機会はたった1回だけ。家族の死より優先しなければならない仕事ってなんだろう?
 
死に目に会えなかったことをずっと後悔し葛藤し、うまく向き合えなくなってしまった私は会社に所属するということはそれが最後になってしまいました。
 
ずっと休めなかった20代。現在のように世界を旅出来るようになったのは30歳過ぎてようやく念願でした。
 

 
 
 
あまり仕事について触れなかったけれど、私の主な仕事はネットショップ、WEBサイトのページ作りや更新など。
 
パソコンとWiFi環境があれば働くことが可能になるのが幸いして旅に出ることが叶っています。
 
社会人ならこうあるべきだっていう型にはまり過ぎていたかつての私。
 
その見えない不確かなルールに心の自由を奪われていたのかもしれません。それを辞めるとびっくりするぐらい心が楽になりました。
 

 

 
 
 
退職後久しぶりに自宅でゆっくり出来たとき、ふと愛犬が日光浴をしている姿を見たとき涙が。
 
毎日こんな光景があったのに見逃していたこと。気持ちに余裕を持てるようになったこと。
 
幸せは日常の身近なところに溢れているんだなと感じたのを今でも強く覚えています。
 
旅も好きだけれど、家族と過ごせる毎日の日常もとてもかけがえないのないものになっています。
 
人生は一回しかないし、あくせくしているうちにあっという間に人生は終わってしまうと思うのです。
 

 
 
 
旅先で他国の観光客は沢山いるのに、日本人の観光客の姿を全く見かけない時も多い。
 
その時一緒にいた現地の友人から”日本人はなかなか仕事休めないもんね”と…かつての自分もそうだったようにその言葉が心に刺さりました。
 
もっと長期の休みが取れることが一般的な社会になれるといいな。そして、やりたいことをやる時間があれば日々の仕事の活力にもなるはず。
 

 
 
 
世界はまだまだ驚きに満ちていて、まだ出会っていないものがあると思うと毎日の日常もワクワクしてくるのです。
 
そんな好奇心をずっと持ち続けて、いくつになっても走り続けていきたいな。
 

 
 
 
年齢は関係ないけれど旅は体力をとても消費する。もちろん健康であることに対する感謝の気持ちを忘れずに。
 
そして、33歳の私より若い人たちは特に時間や可能性に満ち溢れている。もし、型に捕らわれていたり生きづらさを感じてしまっていたら自分にも選択肢があること、逃げることを恐れないで。
 
最後に、これを読んでくれているあなたと旅先や世界についての話が出来る日が来るのを楽しみにしています。
 

 
line
 

 

 

 

 

 
 
line
 
follow me♡→[instagram] mayu1224eve
メッセージをくれたりフォローして下さった方、ありがとうございます♪instagramでの嬉しい出会いにいつも感謝しています。
 

w2017insta

 


  1. わたしの人生にももしかしたら希望があるかもしれないと思えました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

◀ このブログのトップページへ