NYLONブロガー 平真悠子(mayuko taira)
mayuko taira
平真悠子
graphic designer / buyer

札幌在住のグラフィックデザイナー兼バイヤー。アーティストチーム"LAdy LAbel"でのクラブイベント活動からSkate Boardまで日々送っているディープなストリートカルチャーを通して、日常の楽しみ方のヒントを見つけられるブログを配信。

このブログのトップへ




スノードームの魅力とは。小さな世界に閉じ込められた旅の思い出 #snowglobe #スノードーム 投稿日 2018年9月19日

 

 

 
 
 
 
スノードーム
line
 

 
 
 
わたしがはじめて訪れる国で必ず買うもののひとつがスノードーム。自分へのお土産はこれ。と決めている。
 
普段はベッドルームに飾ってあるわたしのスノードーム。
 
仕事から帰って来た時、寝る前、スノードームを眺めると日常からふっと離れてその世界にたちまち引き込まれていく。その時間はちょっとしたリフレッシュにもなっている。
 

 
 
 
各国、各地のお土産屋さんには様々なスノードームが何種類も並べられていて、どれにしようかいつも迷ってしまう。
 

 
 
 
そのため、その地で特に印象的だったモチーフが使われたものを選ぶように意識している。
 

 
 
 
サクラダファミリアが閉じ込められたドームの土台になっているカラフルなタイルは、グエル公園のモザイクタイルを思い出す。
 

 

 
 
 
例えば、サンフランシスコというとゴールデンゲートブリッジがメインだけど、PIER39を訪れた時の沢山のアシカ達がとても印象的だったのでこのデザインに決めた。
 

 

 
 
 
アシカ達の鳴き声、潮風、クラムチャウダーの味。丸い小さな世界を眺めていると旅の瞬間が蘇ってくる。
 

 

 
 
 
London
line
 

 

 
 
New York
line
 

 

 

 
 
 
 
スノードームの歴史
line
 
今では世界各国のお土産屋さんではよく見かけるスノードームだけど、1989年に開催されたパリ万国博覧会でエッフェル塔をモチーフにしたスノードームが販売されたのをきっかけに世の中に広まったんだって。
 

 
 
 
 
はじめて出会ったのは確か子供の時に父からお土産に貰ったペンギンのスノードーム。
 
キラキラ舞い上がる雪が綺麗で何回も上下に振っては眺めていた。
 

 
 
 
 
スノードームには色んなパターンがあり、ロードトリップ中に出会ったスノードームは砂や草で飾り付けられていてアメリカの広大な自然を感じさせてくれる。
 

 

 
 
 
ROUTE66
line
 

 

 

 
 
 
 
セドナで衝動買いしてしまった珍しい狼のスノードーム。
 

 

 
 
 
買った場所、そこで過ごした時間も蘇ってくる。わたしにとってのスノードームは、アルバム、写真の役割も果たしている。
 
現実では不可能だけれど、例えるなら思い出の景色を閉じ込めて日本へ持って帰るというイメージ。
 

 

 
 
 
旅の記録
line
 
他の人の家に並べてあるスノードームを見るのも楽しみのひとつ。
 
この写真はフランスのリヨンで滞在した家のバスルームに飾ってあったスノードーム。
 
こんな国を訪れたんだな。あ、日本に来て富士山も見たんだ。とここの住人の旅に思いを馳せてみる。
 

 

 
 
 
皆さんも次の旅から、旅の記録、思い出としてスノードームを集めてみない?
 

 
 
 
line
 

 

 

 

 
 
line
 
follow me♡→[instagram] mayu1224eve
メッセージをくれたりフォローして下さった方、ありがとうございます♪instagramでの嬉しい出会いにいつも感謝しています。
 

w2017insta

 



カテゴリ : Trip 未分類
タグ : snowglobe スノードーム
コメントを送る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。