カテゴリー別アーカイブ: ZINE


イベント出展する方へ、ディスプレイにこだわってみよう!
投稿日 2018年11月26日

こんにちは、まりあんぬです。11月25日に私が主催するイベントTINYZINEの出展者募集開始が始まったということもありまして、イベントにまつわるディスプレイの記事を書こうと思います。

オーストラリアで開催されているイベントの出展者さんもブースの装飾に力を込めまくっているのを写真に納めてきましたので、是非是非参考にしてみてください。イベントの内容が雑貨なのでZINEの参考にはならないかもですが、、色々アイディアが詰まってます!

 

あらゆるブースで多様されているのがフックタイプのディスプレイです。アクセサリーをとめた色紙にブランドのロゴがあり、上部に穴を開けて、フックに通し飾っています。ボックスを裏返して、色を可愛く塗るのもあり!額を利用してアンティーク風なディスプレイもありました。

こちらはフックを使わず、額中に立てかけられるようにしてあります。

机にただ置くのではなく、台を置くだけでもオシャレに見えますよ!。ルックの写真と一緒にするとイメージが伝わりやすいですね。

植物を大きめのリボンで結ぶのが可愛くてパシャり。こちらは飲食コーナーですが、IKEAにありそうなランプを置くだけでも可愛い!グラフィックを机したに貼り付けるのも良さそう!こちらも電飾を使ったディスプレイ。電飾は無敵です。
本はボックスに入れて、グラフィックを見れるようにするのも良さそう。網に引っ掛けるアイディアです。



カテゴリ : etc ZINE
タグ :
コメントを送る




ZINEや雑貨の販売交流会、TINYZINE season5 イベントレポート! #tinyzine
投稿日 2018年5月5日

TINY ZINE season5

2018年4月29日30日、プロデュースしているイベント、ZINE・雑貨の販売交流会、その名もTINY(@tiny_zine)の第5回目が開催されました。今回は初めての2日間でありながら1日の入場数が過去最多!二日間でおよそ360人のお客様がいらっしゃいました!今回は当日のイベント模様をレポートしようと思います。TINYとはなんぞや?という方はこちらの記事を読んでね!!(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=9402)

↓また過去のイベント内容はコチラから!!↓

season4(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8151)

season3(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6353)

season2(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=4736)

交流すること

私が一番やりたい作品を通して色々なコミュニケーションを取るということです。最初は緊張感があった出展者さんも、時間が経つにつれて喋る声が多くなっていました。そして今回非常に面白かったのが女性が多かったTINYですが入場者に男性が増えてきた事です。これはTINYの新たな一歩かなと思いました。TINYで出会い、作りたい表現の場が広がるのはとても面白いことです。これは私にも言えることなのですが、TINYには様々な人がいて様々な強みを持った人がいます。例えば写真が好きな人、絵が好きな人、文章が好きない人、服を作るのが好きな人、出会えるのは面白いことだと思います。



様々なZINE

だれかが言っていたのですがTINYZINEというイベントは、どうやったら売れるのかではなく、やりたい事をやり切れてその思いを伝えられる人が一番楽しめるイベントなんだなと思いました。どのブースも自分の想いややりたい事が広がっており、その情熱がひしひしと伝わって来る作品が多かったです。


パフォーマンスライブ

前回同様livepaintも開催。今回は出展者から募集を募りました。ライブペイントは実際にどんな絵が描かれるのかはわからないのが魅力。時間が経つにつれ、完成されていく絵の表現が皆違うのがまた面白いです。DJにはブロガーのRiko TanakaとTomokoにやっていただきました!スペースの設備が悪くて不便をかけてしましましたが、素敵なチョイスでイベントが盛り上がりました!また前回に引き続きsaskia tokyoにミュージックパフォーマンスをしてもらいました。リアルタイムで音をミックスし、音楽を作っていくというパフォーマンス。とても素敵なイベントとなりました。(詳しくは動画をみてね!)

thanks staff and more

そしてイベントをサポートしてくださったボランティアスタッフのみなさん!衣月ちゃんソラちゃん、りさこちゃんkanaちゃん、みなさまが沢山の出展者さんや来場者さんがコミュニケーションしてくれたので安心して私は裏方に回ることができました。そして心機一転、グラフィックを担当したeriちゃん!そして会場にお越し頂いた来場者の皆様。遠くから来てくださった方。会話がちょっとしかできなくてゴメンなさい>< 5回イベントをやっていますが、いつも何起きてもわからないのがイベントだと思います(実は裏では色々起きている。それに気づかなかったならサポートしてくださる方のおかげです^^;)まだまだ未熟なイベントですが参加してくださった出展者の皆様、たくさんの人に支えられてイベントは出来ていると改めて思いました。
感謝です。love you!!

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

 

 



カテゴリ : etc ZINE
タグ :
コメントを送る




bigger mariaの新しいZINEが完成 #tinyzine
投稿日 2018年4月17日


以前のエターナルサンシャインのオマージュ作品から早2年経ち、そろそろ新しいの作らなくては、、と思いまして新しいZINEを作成しました。その名もTINEZINE(Code:NEW40)。今回はその詳細をご紹介しようと思います。簡単にいうとCode:NEW40は「旅の思い出カッコ、紙くずたちとカッコ閉じ」、という感じです。

 


ズボラZINEでささっと作成

以前HOW TO ZINEたる記事で紹介したズボラZINE的な方法で作成しました。詳しくはこちらの記事をみてね。特にZINEを作りたいと思ってからコンセプトやら絵コンテやら色々やる気を出さなきゃできない1からのZINEとは違い、日々撮っていたり、収集していたものを組み合わせて作ることができるので、なんとも楽な方法です(著作権には責任をもって制作しましょう)ズボラZINEは今回始めて制作したのですが、いやはや正直楽すぎました。普段の物を溜めるだけなので、制作費もこだわりがない分少なく済みましたね。。。

NYとかLAの思い出とかディックとか

ここ2、3年の間にNYやLAやグアムとかに旅行に行ったりしてたので、ちょっとした思い出がたくさん溜まってまして、それを主にアイテムとして使ってたり使ってなかったりしてます。今回始めて私mariaは出演してるのですが、これは私が好きなアーティスト、トムサックスの展示がブルックリンでやっていてそこに行った時、エセパスポートが作れる場所がありまして、そこにいためちゃくちゃかっこいいスキンへットのお姉様に撮ってもらったパスポートの証明写真です。とりあえずめちゃくちゃかっこいいスキンヘッドのお姉様に撮ってもらったことを自慢したくてその写真をふんだんに使ってます。あとはフォーチューンクッキーやチョコレートの占いの紙切れやら、レシートやらを使用してます。そしてたまにあるおてぃんてぃんは最近はまってるディックグッズです。私的にやらしさは抜きにしてゆるキャラです。お花畑との相性がいいです。ちなみにおもちゃであればわいせつには基本当たらないです。また表紙として使用している赤の編み編み白のもこもこした紙(というかゴミ)も旅先の思い出たちです。そしてアイコン的にあるお人形さんはNYやLAで出会った?人々として表現(という後付けなコンセプト)しています。

What’s in MY bagで紹介したくなるちっちゃいZINE

今回手のひらサイズのちっちゃいZINEが作成したくてそうしました。大きさは色々試してちょうどいいサイズがだいたい5x8cmだったのでそうしました。見た目がとても可愛いポケットサイズなので、カバンの中に忍ばせたりしてWhat’s in MY bagで動画やインスタにUPされることを願ってます。(もちろん@it_s_you_タグ付きで)なぜなら私はWhat’s in MY bagのタグをみるのが好きなので。きっと個性が光ります。もちろん部屋の中に飾ってもインテリアとしても抜群に可愛いと思いますのでRoomTourも期待してます。

量産性のある綺麗な冊子にアナログ的なオンリーワンを

私のZINEはいつだって量産性でありながらオンリーワンを目指してます。そして特に印刷物のこう、きっちりした長方形って個人的にはすきではないです。少なくとも自分の制作物としてはいただけない。パソコンで描くまっすぐな線より人が適当に書くなんかたわんでしまった線が好き。ZINEの中身一枚一枚は印刷した量産的なものに過ぎないですが、定規を使わず切っていたり、それさえも面倒くさいときは手で破るほどの適当さを光らせています。

 

センス重視のZINE

今回のZINEは見た目第一の楽しさ溢れるZINEです。私としてはコンセプトのあるZINEも好きですが、完全にセンスまかせのZINEも大好きです。コンセプトや何かを伝えたい思いが強すぎて、せっかくのセンスが丸つぶれってのはよくある話。たまには気楽につくるZINEもいいですよ。

 

先行WEB販売(4月20日まで)

今回のZINEはもちろん私がプロデュースする@TINE_ZINE で販売するのですが、先行販売としてネットでも期間限定で販売しています。地方組でイベントに来場できない方は是非是非覗いてみてくださいな。25日までに支払いを確認できないものをイベントに持って行くので20日までの期間限定です。余裕があればイベント終了後にまた期間限定でwebに出すと思います。ちなみに料金も送料込みのお値段なので、イベントの方が少しやすいですよ!Code:NEW40はここに載ってないものもあるのでイベント組はそちらで期待してもよいかも。また超過去作品のZINEや完売してしまったエターナルサンシャインのZINEも増版してwebサイトで購入可能です。イベントに行かないけど欲しいという方は是非検討してみてください!

https://itsyou.stores.jp

出展者のZINEや雑貨を買ってみたい!

出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出展者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日の日ごとに出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!また、私のZINEやスタッフの商品は入り口のスタッフ販売ゾーンで販売いたします^^

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)

【場所】

・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分

【入場料】

・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください

・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。


【店内撮影について】

メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします

【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!

【マナーにご協力ください】

●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。

●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

 

 

 

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 



カテゴリ : etc ZINE
タグ :
コメントを送る




ZINEをつくろう!vol.6 -どうやったら売れるの?売るためのノウハウ-
投稿日 2018年3月30日




ZINEをつくろう!

2018年4月29日、30日にblogger mariaがプロデュースするZINE,雑貨の販売交流会(@tiny_zine)があります。まだまだ出展を考えている人、出展有無かかわらずZINEを作ってみたいという人たちのために、ZINEに大切なアイディアやコンセプトの作り方を紹介しようと思います。実際このやり方はコンセプトメイキングという大学で教わるようなやり方ですので、難しい内容かもしれませんが、できるだけ皆さんにわかりやすい記事にしようと思いますので、是非読んでみてください!このやり方はZINEだけでなく、作品制作、商品企画、はたまた人生設計にも使えるものなので気になる方は読んでみてくださいね。

ZINEを作って販売してみたい方は、是非TINYZINEに出展してみてください!

 ⏬

募集要項に進む

(定員に達次第終了している場合もございます)

 

-どうやったら売れるの?売るためのノウハウ-

ZINEをつくった、値段でアプローチをした、次にやることは作品を売り込むこと。ただぼうっとしているだけでは基本作品は売れません。しかし初めて販売する人にはどうすればよいかわからないこともありますよね。今回は作品を売るためのノウハウをアドバイスとして紹介しようと思います。・・・とはいっても売り方は実にシンプル。しかし勇気のいる方法だったりするのです。

SNSで拡散しまくる。

当日になるまでにすることが呼び込み、そして拡散。自分のフォロワーが少ない人でもするのとしないのでは変わってきます。作品が当日までできない人でも、製作途中の風景などを撮ってアップするだけでも変わります。ちなみにTINYは#tinyzineやタグ付けをするとリグラムする方式を取っているので、少なくともTINYに興味のある人やくる人の目に行くことができますよ(宣伝)。

とにかく話しかける。

いざ本番!当日にすることは、とにかく話しかけること。基本日本人はシャイなので、こちらからアピールしなければ、興味があっても通り過ぎるだけになってしまいます。狙った獲物は逃さない。草食な人もこの時ばかりは野獣になりましょう。話しかけるキーワードはなんでも良いです。もちろん作品に目がいったら作品を通して話しても良いし(作品を通してコミュニケーションを広げることがTINYの一番の目的です)。この人には作品を見てほしいと思えば、相手のことを褒めて(今日の服かわいいですねなど)引き止めても良いし、今日ちょっと寒いですね、GWなにするんですか?なんて、どうでもいい話から始めてもいいです。消費者とのコミュニケーションをたくさんつなぎ止めればその分だけ自分に興味を持ってくれる人の倍率はあがるし、買ってくれる人の倍率も上がります。こんなこというと商業的すぎやろ、と言われてしまうかもしれませんが、私が言いたいのは、お客さんとコミュニケーションすることがとても大事だということです。たとえ売れなくても、そこでつながった輪は必ずあなたに影響を及ぼしてくれます。もちろん批判的な立ち位置で物事をいってくる人もいますが、それをどう受け取って生かすか生かさないかも大事だったりします。

 

意図やコンセプトを伝える

案外人って作品みてもその意図や作られる工程の苦労なんてわからないものです。それこそ、伝えなきゃ伝わらない。簡単に自分の作品はどんなことを表現したのかを言えるといいです。そこで興味を持ってくれたらもっと深く説明してみましょう。そこでおすすめなのが「プロセスブック」です。作品を作るまでに使った絵コンテなど作品の工程などをまとめたり、絵であれば原画、写真ならボツにした写真でもいいです。それがあるとなぜ作品を作ったか、この作品にはどんな思いがあるのかなど、作品の価値観をアピールすることができます。それになにもないよりはそういったプロセスブックをかえすだけでも話の話題になるので、話すことが苦手な人は、プロセスブックが傍にあるだけで、お客さんの足の止まり方も違ってきます。

作品の売り込みは基本当たって砕けろ。

どんな接客商売でも基本は当たって砕けろです。それにTINYは初心者さんもやりやすい空間作りを目指していますので、より実践しやすいと思います。最初は下手でも、こう言えばお客さんは目をとめてくれるな、今度はこう言ってみようとトライしてください。失敗は怖いことではないので気にせず行っていきましょう。また、お客さんと会話することで、自分の作品がどう興味を持たれるのか、どういうところに感動してくれるのかなど、客観的な意見を感じとれるのが作品を通したコミュニケーションの大変面白い部分です。また、こちらも実践して欲しいのが、お客さんだけでなく、同じ出展者さんにもたくさん話しして欲しいということです。作り手からみた意見もお客さんの意見と違ってまた新たな発見があります。TINYは作品を通して話すことで、様々な発見や可能性がみつかる場所です。自分ではできなかったことが隣の出展者さんができたりすることもあります。過去4回開催しているTINYですが、TINYで知り合って作品の輪を広げている出展者さんがたくさんいて、それがTINYの喜びでもあります。ぜひ、作品を通してたくさんコミュニケーションしてみてくださいね。

bigger mariaにZINEについて聞いてみよう!

2018.3月-4月30日まで TINYの@LINEにて ZINEに関する筆問を承っています!気になることがありましたらご連絡くださいませ。場合によっては記事にもする予定です。

 

出展者のZINEや雑貨を買ってみたい!

出展するのは難しいけど、出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出展者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日の日ごとに出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)

【場所】

・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分

【入場料】

・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください

・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。


【店内撮影について】

メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします

【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!

【マナーにご協力ください】

●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。

●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

 

 

 

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 

 

 



カテゴリ : ZINE
タグ :
コメントを送る




ZINEをつくろう! vol.5 値段の付け方 #tinyzine
投稿日 2018年3月26日




ZINEをつくろう!

2018年4月29日、30日にblogger mariaがプロデュースするZINE,雑貨の販売交流会(@tiny_zine)があります。まだまだ出展を考えている人、出展有無かかわらずZINEを作ってみたいという人たちのために、ZINEに大切なアイディアやコンセプトの作り方を紹介しようと思います。実際このやり方はコンセプトメイキングという大学で教わるようなやり方ですので、難しい内容かもしれませんが、できるだけ皆さんにわかりやすい記事にしようと思いますので、是非読んでみてください!このやり方はZINEだけでなく、作品制作、商品企画、はたまた人生設計にも使えるものなので気になる方は読んでみてくださいね。

ZINEを作って販売してみたい方は、是非TINYZINEに出展してみてください!

 ⏬

募集要項に進む

(定員に達次第終了している場合もございます)

 

 

根本的な商品の値段の付け方。

基本的な商品の価格の決め方は「原価 x(利益率)% = 売値」。当たり前のことですが、原価を下回ってしまえば、元もこうもないですよね。なのでZINEを一体どれくらいの費用がかかったのかを計算し、その原価以上の価格を販売数云々も考えながら算出することが基本となります。しかしいくら原価割れしない価格でも売れない価格ならさびしいもの。次に考えるのが、いくらの値段にすれば、消費者の心を引きつけるかです。

 

ターゲットを把握する。

次にあなたの作品をどんな人に売りたいかを考えます。もしくはどんな人が買ってくれそうかを考えます。幅広いターゲットよりはざっくり年代とどの辺りの層の人たちなのかを絞った方が売りやすくなります。ターゲット層を決めたら、次にそのターゲットはだいたいいくらぐらいのものを相場として買うのかを調べて見ましょう。Tシャツ1万円ならセレブの人なら買うだろうし、むしろそんなシャツを買いたいと思う人もいます。しかしギリギリ生活の人は買いたいと思いません。しかしながら逆に100円のドンキーホーテのTシャツはギリギリ生活の人には大変好評で売れますが、セレブはそんなもの欲しいとも思わないでしょう。ではあなたの目指しているターゲットはどの値段ならTシャツを買いますか?100円じゃあ安すぎて買ってもなぁと思うし、1万円なら高すぎて買えない!いくらの値段が相場でしょうか。それがわかれば自ずと値段を決めやすくなります。

 

値段は作品とは別の、初めて見る人に見せるプレゼンテーション

例を上げると、あるジュエリーブランドのデザイナーがなかなか売れない作品の価格をあげたら買ってくれる人が増えたという例があります。値段が高くなるとなかなか売れないのでは?と思うかもしれませんが、この場合は値段をあげたことにより、消費者の丁度良い相場を当て込むことができたのです。消費者は原価なんて知ったことではありません。消費者が見てるのは自分にとって丁度良い、またはちょっと背伸びしたら買える値段によって自分をプラスにできるかどうかを探しています。

 

値段で価値が左右される

作品を作って貴方がしなくてはならないのは、「値段という価値のコントロール」です。値段を高くするとそのものに対する「価値」が生まれます。値段が高くなれば「価値」は一般的に高くみられ、値段が下がれば一般的に価値が低くみられます。これは値段のトリックであり、人間の心理効果をコントロールすることができます。初めての人があなたの作品を見た時ビビビッときたら値段なんか関係なく買ってくれると思いますが、値段は初めてあなたの作品をみて感じる価値観でもあります。高く売れと言っているように感じますが、そういうことではありません。あなたの作品をみて消費者が直感的に感じた価値の重さと貴方の作品につけた価値の重さがJUST MEETしているか、もしくは貴方の提示している価値の重さが消費者が手を伸ばして 変える価格になっているか。いわゆる消費者と作り手の駆け引きなのです。

 

 

値段って難しい!!

それでも始めて作るし、どんくらいの値段が相場かわからん!という方は似たようなものから値段を算出したり、もしくはイベント当日に周りをみて値段を決めるのも方法の一つですよ!ZINEはブランドものの商品や雑誌と違い、自由に売るものですから値段も時には1万円にして時には100円で言っても怒る人はそうそういないと思います。だってZINEですからね。また、TINYはローティーンから20代前半が多く主に女性が多いので、TINYに出展しようとしている方はこちらを参考に値段を考えてみてくださいね!

 

bigger mariaにZINEについて聞いてみよう!

2018.3月-4月30日まで TINYの@LINEにて ZINEに関する筆問を承っています!気になることがありましたらご連絡くださいませ。場合によっては記事にもする予定です。

出展者のZINEや雑貨を買ってみたい!

出展するのは難しいけど、出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出展者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日の日ごとに出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)

【場所】

・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分

【入場料】

・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください

・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。


【店内撮影について】

メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします

【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!

【マナーにご協力ください】

●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。

●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

 

 

 

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 

 

 



カテゴリ : etc ZINE
タグ :
コメントを送る