メルボルン3ヶ月目、長期滞在で変わったこと。

Posted on

こんにちは、まりあんぬです。現在メルボルンで長期間の滞在をしていて3ヶ月が経ちました。今回は3ヶ月滞在して感じたことを書こうと思います。

その1 「コーヒーを飲む機会がめちゃくちゃ増えた」

メルボルンはコーヒーで有名な街です。そこらじゅうにカフェがあるし、そこらじゅうにバリスタがいます。そんな街なのでメルボルンに来てからコーヒーを飲む確率が増えました。週3くらいのペースで飲んでます。地元の人と遊ぶと絶対合間にコーヒー飲もう!と言われるし、学校にもカフェスキルの生徒が授業中にコーヒーを売りに来るのでそこで頼んでしまったり。実際稼働時間も朝早い人たちが多いのでカフェインは必須です。

 

その2 「休日は出かけると誰かしら知り合いに会う」

メルボルンはシドニーの次に大都市と言われていますが、みんなだいたい行くところが決まっています。イベントもだいたい決まった場所なので誰かしら知り合いに会う確率が高いです。

 

その3「夏を知らないまりあんぬ」

日本は猛暑のようですが、まりあんぬは現在夏を知りません。オーストラリアは日本の真逆の季節なんです。なのでアウターとマフラーを着込んでいます。日本にいるのとこっちで寒い思いをするのどちらがいいのか、、、はわかりませんが、当分まりあんぬは夏を感じなさそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

←このブログのトップページへ