カテゴリー別アーカイブ: SEX


「セックス・ジン」というイベントに参加したんだ|natsuho|
投稿日 2018年12月26日

 

こんにちは、まりあんぬです。

今回はSEX&ART トークイベントレポの続きでスタッフのnastuhoちゃんが感想+レポを買いてくれたので、リンクを貼っておこうと思います。

 

 

今回のイベントを通して、今の性との付き合い方、周りの環境、性の始まりを考えていただけた人もいると思います。より身近に性を感じられたらなと思います。



カテゴリ : SEX
タグ :
コメントを送る




Sex×Art セックスジン・トークイベント、中目黒開催!
投稿日 2018年11月28日

Sex×Art セックスジン・トークイベント、中目黒開催!

こんにちはまりあんぬです。フェミニストのRuru・Rurikoと一緒に主催するセックスジン・トークイベントが12月に開催されます。

日本ではあまりオープン話されることない性のお話。みんなに関わる大事なことなのに、どうして恥ずかしいこととして見られてしまうのだろう?特に女性が性の話を知るのはタブー視されてしまう。そんな現実を変えたいと思い20代の女の子2人が主催する1日限りの性のイベントが12月16日東京にて開催!当日は国内外から集まった20名以上が参加する性に関するイラストやコラムが詰まったZINEの発売の他に、ゲストスピーカー3名を招いたトークイベント、ライブペインティング、DJ、性にまつわる作品やナプキンの展示などなど見どころ満載のイベントになっています🏩💕

主催2人共に美大出身ということもあり、販売されるZINEの中身は真面目な性教育の話から、セックストイや世界の生理事情、個人的なセックス体験談、写真、イラストなどセックスとアートをテーマに作成。
ZINE掲載内容一部は
・男色
・ペニスが怖い
・日本にはない世界の避妊法
・My summer sex life
・女性のマスタベーション

などさまざまな性の考え方がたくさんみれる素敵なZINEになりました。合作ZINEに参加して頂いたみなさまの情報は @it_s_you_のインスタに少しずつ上げていきますよ!

以下ゲストスピーカーは3名。
・TENGA広報 西野さん
#なんでないの 福田さん
・ランドリーガール 西本さん

 

タイムスケジュール

タイムテーブル
12:00-13:00 pedro nekoi(DJ)
13:00-14:30トークセッション(ゲストスピーカー+まりあんぬ)
14:30-15:30 Yanashi(DJ) / maaya(LIVE PAINT)
15:30-17:00トークセッション(ゲストスピーカー+まりあんぬ&るる)
17:00-18:00 saki suki sake(DJ) / Akari(LIVE PAINT)

ゲストに聴きたいことなどは前もってインスタグラムのストーリー質問機能を使って募集もいたしますので、直接聴きにくい!けど聴きたいという人は是非インスタにて質問してみてください。また行けなかった人のためにインスタの質問はできるだけブログにアップしていきたいと思います。

間にはDJとライブペイントを挟んでいく予定です。素敵な音楽を聴きながら来場者、そして私たちやスタッフ、そしてゲストと普段聞けない性のことを聞いてみたり、意見を交換してみてほしいです。

●ABOUT

開催日程:2018年12月16日(日)

時間:12:00-18:00

入場料:500円

合作ZINE:1500円

注意:18歳以下の方にも安心して楽しんでいただけるよう、セキュリティ対策のため男性の方は女性同伴、又は、事前にこちらにメッセージか主催2人のインスタグラムにメッセージをお願いいたします。性的な内容を含むため中学生未満の方は保護者同伴でお願いいたします。

場所:目黒区上目黒5-30-12

徒歩の場合→ 祐天寺から徒歩 10分/中目黒から徒歩 15分/池尻大橋から徒歩10分

バスの場合→

渋谷駅から渋谷31系統(乗り場43)[東急バス]下馬一丁目(渋谷駅循環)→三宿病院前で降りる

中目黒駅から黒09系統(乗り場2)[東急バス]野沢龍雲寺行き→ 三宿病院前で降りる

渋谷31系統(乗り場C)[東急バス]渋谷駅行き→三宿病院前で降りる

 

《主催》
Ruru Ruriko
18歳の時にイギリスに留学、4年半過ごす、大学時代にファッション、ファインアート、写真を学ぶ中でフェミニズムと出会い、日常で気になった女の子として生きることなどの疑問についてSNSに書くようになる。朝日新聞社のweb媒体「telling,」のライター他、多数のウェブメディアに文章を寄与している。
Instagram @yourlocalpinkgirl
https://telling.asahi.com/feature/11014622

Maria(まりあんぬ)
女性ファッションカルチャー誌NYLONJAPANのofficalblogger。また、個人の活動として「TINYZINE」というZINEや雑貨の販売イベントをプロデュース。今年4月に開催したイベントでは40グループが出展し、来場者は300人を上回ることに成功。トイ、自主規制、男色、性教育に関して興味を持つ。
Instagram @it_s_you_
NYLON blog: http://www.nylon.jp/blog/maria/
TINYZINE :http://www.nylon.jp/blog/maria/?cat=17



カテゴリ : SEX
タグ :
コメントを送る




クラウドファンディング残り6日!日本人のための月経カップ/オーストラリアの生理用品を展示します♥
投稿日 2018年10月26日

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fこんにちはまりあんぬです。今回はセックスイベントで展示する日本人のための月経カップローズカップを紹介します。その前にSEXZINE?EVENT?なんじゃそりゃという人もいると思いますので、そんな方はこちらのブログを読んでね。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

⬇️

委託・展示の詳細はこちら

クラウドファンディングページはこちら

(また本イベントではイベントをサポートしてくださるボランティアスタッフを募集しています。くわしくはコチラ

月経カップって?

月経カップとは血液を吸収して漏れを防ぐタンポンやナプキンとは違い、膣にシリコン製のカップを入れ血液をそのカップの中に溜めて、溜まったら捨てるという生理用品になります。月経カップの良いところは沢山あります。何度もサイクルでつかえるので、初期投資は高いですが、広い目で見るとナプキンやタンポンを買うよりお得になるのではないでしょうか。またナプキンのように出血後の血液を吸収するタイプのものではなく膣の中で血液を溜めているので、ナプキン独特の漏れたような感覚、かぶれ、匂いもなくなります。夜漏れが気になって寝れなかったり、目が覚めてしまう人、運動をよくする人も特にオススメです。

 日本人の体型に合わせたローズカップ

 

そんな月経カップを日本人の体型に合わせて作ったのがローズカップです。正直私も、ドイツ製の月経カップを持っているのですが、自分の膣にあっていないのかうまくフィットしなくて結局使っていないという感じなのですが、日本人の体型に合わせてあるので、比較的多くの方が使い易いもの担っていると思います。シリコンも医薬品局(FDA)の認可を受けた医療グレードシリコン、しかもみんな大好き日本製という安心安全を謳った生理用品です。しかも最長12時間使用できるということで、とても楽ですよね。しかも商品にはプラスチック製のケースまでついているのがとてもうれしい!ポーチなどにも簡単に入れておくことができます。

 

 ローズカップをSEXイベントで展示します!

そんなローズカップを今回イベントに提供していただくことが決定しました。初期投資が高いからこそ、じっくり見て触って検討してほしいと思い、今回まりあんぬはローズカップさんに声掛けをしてみたんです。以前インスタにて簡単なアンケートを採ったことがあるのですが、ほとんどの人がナプキンを使用していて、1、2名タンポンか月経カップを使っている人が多いという結果でした。おそらくリスナーさんも月経カップに興味あるけど、大きさってどれくらいなの?など気になることが多いと思います。月経カップに触れたり、実際に目にしたことのない人が多いと思いますので、是非イベントにてサイズ感や感触をチェックしてみてください!商品と一緒にパンフレットレットも置いてありますので、パンフレットは是非持って帰ってくださいね(月経カップは持って帰れません・・・)

オーストラリアの生理用品も展示

以前の記事でオーストラリアの生理用品がイケイケすぎてやばい(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=9457)という記事を紹介したのですが、まりあんぬはオーストラリアに滞在中ということで、今回オーストラリアブランドの生理用品の幾つかを展示しようと思います。生理用品に革命を起こしたい学生やデザイナーさんも是非是オーストラリアのデザインに触れてみてください!

 

少しでも気になる方は是非クラウドファンディングにてご支援していただけますと好きがこぼれ落ちます!

⬇️

委託・展示の詳細はこちら

クラウドファンディングページはこちら

(また本イベントではイベントをサポートしてくださるボランティアスタッフを募集しています。くわしくはコチラ




カテゴリ : SEX
タグ :
コメントを送る




専業主夫でフェミニストのミックヨハンとは? 絶賛ラウドファンディング中の SEX ART ZINE EVENTの合作ZINEの参加者を紹介します! #クラウドファンディング
投稿日 2018年10月17日

 

こんにちはまりあんぬです。今回はセックス ジンに参加するアーティストの1人、オランダ人のミックを紹介します。その前にSEXZINE?EVENT?なんじゃそりゃという人もいると思いますので、そんな方はこちらのブログを読んでね。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

⬇️

委託・展示の詳細はこちら

クラウドファンディングページはこちら

(また本イベントではイベントをサポートしてくださるボランティアスタッフを募集しています。くわしくはコチラ

ミックヨハンは専業主夫、兼アーティストで、最近まで数年日本に住んでいました。そして日本にてエキシビジョンも行っています。そこに展示された絵の中にはたくさんの種類の男性性器が「I’m sorry」と謝っています。とってもシュールでポップなイラストですが、なぜ男性性器が謝っているんでしょうか。

それは”me too”ムーブメントをみて彼が感じたこと。彼は男性のフェミニストでもあります。男性がひょっとしたら女性を傷付けてしまったことも、まずは謝ってみたらどうだろうと考えたのがきっかけだそう。

他にも個展では壁に描かれた巨大女性性器が「I DON’T DANCE NOW I MAKE MONEY MOVES- 私はもうダンスはしない。お金を動かすの」と言っている絵など、ユニークだけどメッセージ性の強いものばかり。

彼自身が2人の子供を育てている専業主夫として感じた日常に潜む性差別やステレオタイプなどについて話しているインタビューがコチラの記事にて紹介されています。

セックスジン でも彼の作品とインタビューを扱っているので少しでも気になる方は是非クラウドファンディングにてご支援していただけますと好きがこぼれ落ちます!

⬇️

委託・展示の詳細はこちら

クラウドファンディングページはこちら

(また本イベントではイベントをサポートしてくださるボランティアスタッフを募集しています。くわしくはコチラ

*mick’s Instagram*

 




カテゴリ : etc SEX
タグ :
コメントを送る




生理についてその2、ブロガーmariaはどんな対策をしている?&ナプキン、布ナプキン、タンポン、月経カップのレポ。
投稿日 2018年8月5日

こんにちは、マリアンヌです。今回は前回に引き続き私の知る生理レポをしていこうと思います。以前私のインスタにナプキン派かタンポン派か月経カップ派のアンケートを行ったのですが、ナプキン派が多いのは百も承知だったのですが、タンポンを使う人か3人ほどしかいないという事実に驚きました。

まりあんぬ的にはナプキン、タンポン、月経カップすべてを試してみた結果、現状はタンポンに落ち着いています。タンポンはめちゃくちゃらくなのでもっと利点をお知らせしていいと思いまして、今回はナプキン、布ナプキン、タンポン、月経カップのレポを書こうと思います。

 

ナプキン

全日本の女性大体が生理になったらしようしていると思うので細かい説明はしませんが、最近は香り付きというのもあってなかなか面白いですよね。私のオススメは個人的に「はだおもい」ですかね。でもやはり立ったときにドバッと出る感覚や、夏場のムレやにおい、夜たまにやっちゃうシート汚しの点からしてここ1年はメインで使用していないです。

(メリット)

・使用後はゴミ箱に捨てることができる

・種類が豊富

(デメリット)

・エンドレスに買いだめしなくてはならない

・立った時のドバッとや、夜の不安がある。(布ナプキンも同様)

・ムレる。

布ナプキン

布ナプキンはナプキンが使い捨てなのに対して、何回も繰り返し使えるのが特徴。ゴミが出ないしストックが切れて生理なのに薬局行かなきゃ!みたいなのがなくなります。その代わり、使用済みのものを洗うという面倒くささがあります。おそらく布ナプキンを使用したことのない人は使用後のナプキンが本当に落ちるのかが気になると思うのですが、これが案外綺麗に落ちます。外出中は使用後のナプキンが乾燥して落ちにくいのを防ぐため、洗剤入りの水の入ったカップやジップロック的なものを持っておいたほうがいいです。家に帰ってバケツに漬け置きしてもみ洗いするだけでほぼ汚れは落ちるのであとは洗濯機に入れればOK。といった具合。大きさもおりもの用から夜用があるので用途に応じて使い分けるといいでしょう。また旅行や長期旅行をする人には結構おすすめ。スーツケースでもナプキンほどかさばることはありません。またものにもよりますがいわゆるナプキンの羽にあたる部分にボタンが付いているものが多いです。折りたたんでそのボタンでパチンと止めると思いの外コンパクトになります。また柄も様々でデザイン性があります。

外出時は使用済みを持ち歩くはめになるので量の多い人や、1日になんども取り替えることが必要な日にはあまりお勧めはできません。

(メリット)

・繰り返し使えるのでストックが無くなる心配なし。

・柄がさまさまでおしゃれ

・ナプキンに比べてムレが少ない

・感触が布なので、ごわつき感がない。

(デメリット)

・洗うのが面倒臭い

・外出中は使用後のナプキンを持ち歩かなくてはならなくなる。

タンポン

タンポンの特徴は膣の中で出血した血を吸収する形になるので、ナプキンでありがちなドバッと出る感覚がないことです。だからスポーツしてようがなんども座ったり立ったりしても気にならないという点です。種類は大まかに言って2つあり、アプリケーターという筒状のプラスチックのなかに吸収体があるタイプ、アプリケーターがないフィンガータイプのものがあります。アプリケーターがある方が勿論衛生的だし、挿入もしやすく正しい位置に吸収体を入れ込むことができますので初心者さんにおすすめです。慣れればフィンガータイプでもいいのですが、コンパクトになる反面、挿入の際手が汚れるので個人的にはフィンガータイプはあまりすきではありません。またナプキン同様、多い日用軽い日用がありますので自分にあったベストなものを使いましょう。おそらく初めて使う人は膣にものを入れることに怖さを感じるかもしれませんが、時間がかかるのも最初の1、2回だけです。膣の位置が分れば数十秒もしないうちに挿入することができます。また抜く時も紐が付いているのでその紐を引っ張れば良いだけです。

短所は日本だと種類がめちゃくちゃ少ないということです。多分1社しかないです。しかしその性能はどこよりも使いやすい気がします。また海外は種類が豊富ですがオーストラリアではフィンガータイプのものが多く少し高めなのが難点です。また出血が少ない人やそこまでない場合に使用したりすると滑りが悪いので、タンポンを抜く時にズゾゾ・・・とした感覚(文字で表現しにくい)があるのがちょっと難点です。またトキシショク・ショック症候群という黄色ブドウ球菌によって引き起こされる疾患があります。指定された時間以上使用したりするのは控え、出血量にあったタンポンを使用、気になる方はたまにナプキンと併用する方が良いです。

(メリット)

・ドバッと感や夜の不安が少ない

・使い捨てなので使用済みはその場で捨てれる

・アプリケーターの場合挿入時の痛みが少ない

・ムレない

(デメリット)

・エンドレスに買いだめしなくてはならない

・取り出す時にたまに不快感がある

 

月経カップ

知っている人は知っている月経カップ。シリコン状のカップの形をしていて、こちらもタンポン同様膣の中に入れます。仕組みは血液を吸収するナプキンやタンポンとは違い、カップの中に血液を溜め込み、溜まったら定期的にカップにある血液を捨てるという形です。良い点はなんといっても繰り返し使えるということ。初期投資こそどの媒体よりも高いですが、タンポン同様、ドバッっとした漏れ感や夜の不安がありません。結果的に月経カップは2−3個あればいいので、面倒なストックも場所もとらないのはいい点です。なので長期旅行にはとてもおすすめですね。

短所は初期投資の高さですがそれは結果的に使い捨てのものに比べたら少なくすみます。私的に悪い点は衛生面かなと思います。使用後取り出すために膣に指を入れる時に血液で指が汚れる、あと出し終わったカップは何かしらの容器にいれて洗浄しなくてはならないのですが、外出時の場合はさすがに流しで洗うわけにもいかないので、容器に漬け置きして持ち歩く感じになるかなと思います。(できればお湯で殺菌もしたいので)よって使用後新しいのを使うので、少なくとも2つは必要かなと思います。あと初心者には挿入もそうだし、出すのも一苦労します。入れるのも様々な月経カップの挿入方法があるのですが、滑りが悪かったりするとなかなか膣に入ってくれませんし、入ったとしてもうまくカップが開いてない場合血液がそこから漏れてしまうということがあります。使いこなすまでは洋服の出血回避のために家で何度かトライして、うまく使いこなせるようになってから、外出時も使った方がいいと思います。また、慣れてしまえば膣の中に指を入れるのも躊躇なくできますが、触ったこともない人は少しハードかもしれません。

2つも買うとかなりコスパが悪いので、最初は一つ買って、自分に合うと感じたらもう一つ買うことをお勧めします。

(メリット)

・繰り返し使える

・ドバッと感や夜の不安が少ない

(デメリット)

・初期投資が高い

・出す時手が汚れる

・外出時は使用済みを持ち歩くことになる


こんな感じです。量が一般よりも多い私は、

結果私がメインで使っているのはタンポンで、日にちによって多い日用、少ない費用を使い分けています。ただ、やはり出血の多い人は、タンポンが多い日用でも吸収体が吸収しきれなくて漏れてしまう可能性もあるので、同時に布ナプキンかおりもの用のナプキンを併用しています。膣のなかに入れる系の生理用品の良さはなんといっても、ドバッと感や夜の漏れの不安(による途中で夜起きるなど)、がない点、あと出血により、匂いが気になっていた私ですがそれが無くなるという点です。月経カップは取り出してからの処理を考えると忙しい時のトイレなどが少し面倒な気がします。あと私もたまに試していますが挿入がまだ上手にできないので、血液が漏れたり。。。ですが最終的にはストックの少ない月経カップに移行したいなぁと思ってます。(長期的な旅行をしているので)



カテゴリ : SEX
タグ :
コメントを送る