カテゴリー別アーカイブ: SEX


性について読む-あとがき-
投稿日 2017年8月30日

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fあとがき630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

性について読む-ブックマークページはこちらから。630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

2017年3月から約6か月に渡って不定期に書き続けてきた「性を読む」シリーズ。勝手に連載して勝手に終わったシリーズでしたが、いかがでしたでしょうか。いやはや、めちゃくちゃ長くなってしまいましたね(笑)しかしこのシリーズ、それぞれの性単品で活動をしている人はいると思いますが、アート、概念(社会学)、エロ、生物学、歴史、と様々な角度から折った記事はなかなかなかったと思います。私のブログ記事のアクセス数は平均的に多くても1000PVくらいなんですけど、性を読むvol2-性のタブーのない日本(性をうっかり語ると笑っちゃう)-は8000PV近く行くことが出来たのでなんでかなぁとか思いつつ、少しでも性の考え方が変わったり、より考えることができるきっかけになってくれれば良いなと思っています。630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f概念を覆すという一番最初の記事にもあったように、性というものは、人間が誕生し、考える力を持ってから長く続く歴史があり、社会と絡み、固定概念というものがへばりついているものだと思っています。しかし、一度固定概念というものを拭き取り、あらゆる視野から性を読み取っていけば、性の考え方や思想は、あまりにも曖昧で、時代の流れと場所によって変化されていることが見てわかるでしょう。そうであるにもかかわらず、性は私たちに強く絡みつき、根本的な「性」とは何かを忘れてしまいがちなような気もします。だからこそ、人は性に悩み、性に喜びを感じるのかなと思います。630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

性は強く私自身にも関係し、興味のある部分でもあります。というのもわたくし美大の学生時代、空間表現をする学科にいたものなのですが、卒業制作で「結婚式」をテーマに制作をしていました。これが大きな失敗として終わっているのです。理由はあまりにも固定概念がありすぎたから。なぜ私が結婚式をテーマにしたのかというと、今思えば、男と女、つまり性に対しての概念というものを払拭したかったからなのではないかと思っています。今私が同じテーマをしたら、また違う作品が出来たかもしれないのですが、もしかしたら同じ作品が出来ているのかもしれません(最終的に出来た作品が真っ白な無人島をウレタンで作ってで裸でハネムーンをするというものだった笑)そしてホテルという課題でも一人だけラブホテルを作ってこうすれば人は燃え上がるような情熱的な愛が作れる(空間と時間による心理変化を利用したラブホテル)といったプレゼンしていたですから、私は昔からそう言ったエロスやら性やらが好きだったんでしょう。。。。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

アンケートのお願い630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

そしてもう一つ、性についての記事について、皆様がどのような考えを持ったか、アンコール記事、これから私にどんな記事を書いて欲しいかをGoogleフォームにてアンケートを作りましたので、お時間あるときにぽちぽちしていただければと思います。下のアドレスに投票画面を作りましたので、この記事が良かった!この記事のこの辺をもっと聞きたい!という方がいれば投票画面に書き込んで送信してください。630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

アンケートフォームはココからリンクで飛んでください

 

※2017年10月1日までを一度締切と致します630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

私から返信、または自ら私の記事を使って発信したい方へ

さてさて、私の記事は自分だけの発信にはしたくないと思っています。性に関してはなおさら、今を生きている読者だからこそ今の「あるべき性のあり方」を聞いてみたいということもあります。(私も20代後半なので考え方が古い可能性もあるし^^;)私はこうだと思う!私の考える性とは。。。そう言った文章で構いません。記事にされたいコメント、自分から発信したい言葉があれば是非ください。(ただしあまりにも文章が読者に害すると思うものは掲載は考えさせていただく場合もございます)。ブログ記載不可で個人的に私に意見感想を送りたいという方は文章面に「ブログ記載不可」の文字を書いてください。私の返信文章はブログには(今の所)記載しない予定ですが、一応全員に返信する予定です。時間はかかると思うので、気長にお待ち下さい^^;送信先は私のインスタのアドレスにメールくださいませ。>>(@it_s_you_  )

※2017年10月1日までを一度締切と致します

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

 

最後に、性を読むシリーズはこれにて終了いたしますが、まだまだ性というものは深く、個人的にもセクシャルアートやグッズが好きだったりするので、気になった分野があったら、また更新すると思いますよ。次のシリーズは特に浮かばないので、ちょっとのっぺりした記事がおそらく続くと思います(笑)でもちょいちょい見てくださると嬉しいです!!

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

 

■ interview■

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

Steph Tsimbourlas (visual artist)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8398

angelic milk(music artist)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7929

1991downtown(fashion select shop)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7862

GRAPE MAGAZINE(independent magazine)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7734

EDITORIAL MAGAZINE(independent magazine)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7527

RADDLOUNGE(fashion select shop)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6645

Ruru (feminist/photographer)–http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6521

Erika(buyer)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6654

Cyan.(dancer) — ttp://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6955

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

aa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 



カテゴリ : etc SEX
タグ :
コメントを送る




性について読むvol.6 最終章 ボーイズラブの性の美学について
投稿日 2017年8月29日





630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

性について読む-ブックマークページはこちらから。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

これまでの記事

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

最初の記事では、まず、性についての固定観念のの蓋を外しやすくするために、みんなの持っている「ふつう」は場所や時代によって変わるよということを書きました(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8616)。2つ目の記事は昔の日本の性文化を紹介することで、近代の性のタブーという考え方は時代によって生まれてきたということを書きました。(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8670)3つ目は近代の性のタブーから生まれた 性表現の自主規制、その表現の進化についてでした。( http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8682)4つ目は、西洋美術からみる少年の捉え方というものを書きました。(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8785)、5つ目はセクシャルマイノリティについて、見落とされてしまう問題点を書きました。(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8827)6つ目は性を動物学的にみたとき、人の性交がいかに奇妙であるかを書きました。(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8964)長らく続いた性を読む記事はIKANIMO中二病くさい本のタイトルで締めくくろうと思います。今回の記事は”ボーイズラブ”についてです。
 630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
※この記事は 野火ノビタ著「大人は判ってくれない」の内容を参考のもと、私の考えも織り交ぜて作られた推測の記事になっています。全てのボーイズラブの根拠がこの記事の意味で描かれていたり読まれているとは限りません。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

ボーイズラブから性を読む630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f


ボーイズラブ(BL)は簡単に言えば、男と男がくっつく恋愛ストーリーになります。初期のジャンルの名前としては耽美という名前からJUNE、ボーイズラブ、そしてボーイズラブという名前が省略化され、現在はBLというジャンルで確立されています。市場としても年々拡大していて、その主な読者と作り手は、男性の同性愛者ではなく女性という不思議な世界です。(ちなみにゲイをターゲットにした漫画はまた名称が違います)おそらくBLに興味のない人からみたらただの同性愛漫画と思うのでしょうが、そのストーリー性、歴史、考え方を追っていくと、同性愛者のための漫画でない事が分かってくるはずです。何故作者と読者は自分がヘテロ(異性愛者)でありながら男性女性という異性同士のキャラクターではなく男性同士のキャラクターであることにこだわっているのでしょうか。どうやらBLは掘り下げればおそらく面白い「性」に触れられることは間違いなさそうですね。という事で今回はBLについてを記事にしていきます。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f①第3の視点から読む630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

BLを説明するにあたって読者がどのような視点でストーリーを楽しんでいるかを考えることがこの答えを紐解くヒントになりそうです。普通恋愛ストーリーを楽しむ時、少なからず、読者(女性)はヒロイン役を自分に置き換えて読むことが一般的だと思います。BLの場合、そう言ったキャラクターの当事者になりきるというこのもありますが、その他に、読者は第3者の視点からキャラクターを見るということをします。これはどういう視点かというと、二人の関係を壁や床や天井にから覗き見しているような感覚です。作者曰く、「読者は第3者の目から2人の感情をスライドして読み取る」ということをしているということを言っています。つまり女性の読書は、第3者の視点で、欲望される側、欲する側の双方の感情に介入をすることができるのです。一般的に言われているこの第3者視点の解釈は、「自分が傷つかない方法」と言われています。これは読者は女性であり、キャラクター二人は男性であるため、その恋愛模様を見るということは、自分が傷つくことなくその恋愛模様を見ることができるものという解釈です。しかしこの説を作者は、少なくてもそれだけではないと否定しています。作者はこの関係の「当事者ではない」と同時に、感覚的には「当事者である」と言います。つまりは「欲望される側」と「欲望する側」、両方が読者自身になることが可能であり、無意識にそう言った読み方をしているといいます。(p244)

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f②点(個)ではなく線(関係)を楽しむ

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
ボーイズラブとは3つの欲望からなっていると作者は言います。1つは受け身として「愛されたい」という欲望、2つ目は攻める身として「愛したい」という欲望、3つ目は「愛し愛されたい」という関係性自体の欲望。(p255) ボーイズラブとして求められる関係性は、ズバリ「愛」だと作者は言います。これは、「欲望し」かつ「欲望される」という関係であり、読者はこの関係性を第三者の視点で読むことによって手に入れることができる。点ではなく線を楽しむということはこのことです。この方法はなぜか男性誌では見られない恋愛の描き方です。(男性の場合、個の視点が重要視されているのでは?と説いています)しかしながら、関係性を楽しむという部分において、三者の視点から見るというものは、男女愛を描くレディコミでも特に問題がないように思えます。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f③男女間の恋愛で生まれる社会的、肉体的な役割の呪縛

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
では、何が読者を男性同士でなくてはならないこだわりを作っているのでしょうか。
愛という問題からこのことを考えるなら、それはボーイズラブの中での愛が、男女の間の愛とは異なるものとみなされているからと作者は言います。同じ人間同士なのに男女の中で性愛が介在してしまうと、その関係がたちまち揺らいでしまうことを多くの人は経験しているでしょう。性的に結ばれてしまった場合、少なからず肉体的には、欲望する者と欲望される者、男と女、主体と客体という覆しよう者ない固定的な関係に変わってしまいます。その時 「自身(彼女もしくは彼)」の魂と肉体は分断され、「自身(彼女もしくは彼)」はただの 「女(男)」でしかなく、「自身(彼女もしくは彼)」の存在が無視されてしまう。つまり、肉体「関係」において、自身はただの「女(男)」(欲望する者と欲望される者)でしかない。もちろん精神的には、または人間的には、男女双方の関係は対等のはずですが、単に肉体的な主従関係に過ぎないものを「精神」にまで転用してしまう人もまだ多いのではないでしょうか。( p257)

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f④歴史から見ても630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

実際にボーイズラブはどの時代から生まれたのかというと、BLの歴史をおうと、森鴎外の長女、森茉莉の「恋人たちの森」という作品からと言われていますが、しかし、以前紹介した「性のタブーのない日本」から推測すると、紫式部のかいた 源氏物語から始まると推測されます。平安時代はどんな時代だったかというと、女性の身分が低くなり始めた頃となります。そして森茉莉の書いた「恋人たちの森」という物語は明治初期であり、この時代も、男尊女卑という女性の身分が低くなっていることになります。男と女の格差を感じれば感じるほど、彼女達は抗いたかった、そして、フェアな関係で愛を作りたかった、というのがBLではないかと思っています。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f⑤マンヘイトとウーマンヘイト

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
女性を不当に扱う男性との関係を強いられた場合、その状況に屈したくないと考える女性は二つの行動をします。一つはマンヘイト(ミサンドリー)。つまりは男性を敵対視するようになることです。そしてもう一つはウーマンヘイト(ミソジニー)。彼女は自分が女性であることを嫌悪します。“彼女”は”女性”でありながら、自分が”女”のように、また”女らしく”振る舞うことを”嫌悪”するのです。つまり「彼女は自らが女性自身として男性を欲望することに違和感を感じている(P257)」のです。このような女性は”男性の友情”というものを美化します。自分が男性であれば男性と人間的で対等な”愛(関係)”を手に入れられると。経験的に思い知らされた誤った感覚だとしても、少なからず読者には、このようなウーマンヘイトが存在します。これだけいうとボーイズラブは否定的な価値観を持ってしまいそうになりますが、ボーイズラブという世界には「女性」は、「女性」であるだけで受ける理不尽で不当な扱いから完全に無縁でいられることができます(p259)
肉体と社会的なものが剥がれ落ち、仮の肉体として「欲望する」ことのできる、男性の体に魂を入れ込むことをしています。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f⑥肉体でのイニシアチブの獲得

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
恋愛ストーリーであれば、特に肉体関係のシーンでは、おのずとそこに欲望される側と欲望する側の2つの役割が生まれます。男女ストーリーであればそしてもちろん体的に女性は「欲望される側」、男性は「欲望する側」へとイニシアチブの役割が決められています。しかしBLという世界では、性別を同一化することにより、(または女性側がペニスを手に入れることにより)このイニシアチブの関係がどちらも可能であるのです。つまり読者が愛される方か愛す方かの「なりたい役割になる」ということが出来るというわけです。(p250)

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f⑦女性排除

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
「ウーマンヘイト」の見方が読者の層に当てはまり、また、イニシアチブ(女性が男性に対し主導権を握る)ことを攻撃的に見るとすればそれは「マンヘイト」と言われるのかもしれません。しかしそれだけならば女性はわざわざ男性の姿を借りなくても良いのです。彼女は女性自身のままでいれば良いし、男尊女卑を女尊男卑へと転身させればいいのです。しかし彼女たちによってそれはそもそも彼女の肉体そのものが彼女にとって差別的です。現に漫画中に描かれているライバル女性は男性に媚びる彼女たちが嫌いな女性像であり、また寄り添うことができる女性は、そのカップルを理解し、性愛に関わることのない女性だけなのです。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f⑧セクシャルの介在しない恋愛

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
またボーイズラブにおける男同士の関係は、別に「相手が男性だから」相手を好きになるのではありません。
「男だから好きになったのではなく君だから好き」という言葉がよく漫画の台詞で代用されます。
つまり、読者は性別を切り落としたボーイズラブという世界で、「女性だから好き」といったセクシャル的な恋愛を放棄した愛を求めているということになるでしょう。ボーイズラブという世界の中では、読者は女である自分の肉体を捨てています。つまり肉体を捨てた魂だけの姿になっているということです。そして彼女たちはイニシアチブもフェアな関係になり、再び、他者と向き合い、恋愛というコミュニケーションをとるのです。(p263)ボーイズラブの世界では、「欲望される側」だからといって精神的に下位に見られることはありません。「欲望する側」だからといって相手に君臨できるわけでもありません。また現実において女性が「相手を欲したい」という願望を、はしたないことと軽蔑されることもありません。(ここに対して日本の軽蔑視はまだ高いような気もします)ボーイズラブの双方の関係は男女間にあるような一方的な力関係を保ってはいなく、なんならリバーシブルな関係のストーリーも存在するし、社会的に優位なキャラクターが欲望される側に回ることだってあります。読者は「欲望される側」の視点をとったとしても「ウーマンヘイト的な(媚を売るように見えてしまう)」感情に脅かされることなく、安心して対象に愛されることができるのです。(p264)したがって、ボーイズラブのストーリーは多種にわたります。プラトニックな関係で終わるものから、肉体関係のものまで、社会的な役割からのイニチアシブの逆転、複数愛、メリーバットエンド、純愛的でない歪んだ恋愛もの、様々な愛の関係性が描かれやすい傾向があります。なぜならボーイズラブは(理想の)愛(関係)を表現するために作られたものだからです。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f⑨愛とは不自由なものである。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
愛は個人のものではなく、他者との関係性で生まれるものです。男性女性に限らず、全ての人が、個人という点で生きています。残念ながら、あなたは私ではないし、私はあなたではない。ゆえに完璧にお互いを理解することは出来ません。相手を相手が期待するように完璧に愛することはできないし、自分が期待するように完璧に愛されることはありません。それは孤独であり、現実というべきでしょう。作者は言います、愛とは全くもって不自由なものと。だから多くの人が、適当なところで折り合いをつけて生きていると作者はいいます。こんなことを言ってしまえば、現実というものはものすごく残酷なように聞こえますね。そして私達はそんな残酷な現実の中で生きなくてはならないのだと思ってしまうのかもしれません。しかし哲学的なことを言うように聞こえてしまうと思いますが、人間とは、現実と理想郷(想像の世界)の中で生きることができる面白い生命体です。現実には時にはそうやって折り合いをつけなくてはいけないことがあっても、理想郷の中を人は自由に行き来することができる。そしてその想像力が人を進化させる糧であると。現実だけではおそらく人間はその辺の草と変わらない生き方しかできないでしょう。しかし人は想像力を手にすることで、人間という不思議なアイデンティティを確立し、進化し続けていると私は思います。セクシャルという難しい問題の中で生まれた1つの「想像の世界」が、「ボーイズラブ」という世界なのかもしれません。話は変わって、数あるセクシャルマイノリティ(LGBT)映画の中で「ブロークバックマウンテン」という映画があります。これは私が思うに、セクシャルマイノリティ(LGBT)映画の作品の一つではないと思っています。「ブロークバックマウンテン(理想郷)」でイニスとジャックは社会的な呪縛から解放されながら、二人の愛を育んでいる。まさにボーイズラブという理想郷と現実という二つの世界を表現した映画だと思っています。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f⑩ボーイズラブから読みとく”女性”は2つ。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

私がボーイズラブを通して言いたいことの一つは、女性は2つの視点から考え、見ていくべきだということです。今まで私たちは”女性”といえば1つの概念しか出てこなかったでしょう。体はまるっぽくて、髪は長い、社会的な地位はまだまだ低く見られていて、スカートを履く、化粧をする、生理がある、胸が膨らむ…etc…女性というものを1つのくくりにまとめてそう考えていると思います。しかしボーイズラブの視点から読み解けば、女性は「肉体的な女性」と「社会的な女性像」この二つを垣間見れると思います。ボーイズラブの読者と作者はまず「肉体としての女性」に反発します。ペニスがないことに、イニチアシブの取りにくさに反抗します。そして「社会的な女性像」の排除を行います。彼女たちは、「女性だから」という社会的な判断を無視します。ボーイズラブの漫画ではかなり多くの漫画の中で「僕は男だ!」という言葉があります。それはそれはまるで呪文のように、自分を女性を排除しているかのように聞こえます。彼女たちが望んでいるものは「肉体的な女性」と「社会的な女性」この二つを排除し、セクシャルの介在しない関係を望んでいます。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f①①フェミニズムではない

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
二つめに言いたいことは、ボーイズラブはフェミニズムの視点方訴えている物ではないこと。ボーイズラブを語っている書籍は他にも何冊かあります。しかし今回野火著の「大人は判ってくれない」をお勧めの一冊として選んだ理由がボーイズラブの根本的な部分に的を得ているため、この本を選んでみました。他の著は論理的であろうとすればするほど、「フェミニズム」という言葉を使いたがります。しかしながら、あとがきにあるように、フェミニズム的にボーイズラブを語ることは、ボーイズラブにおけるセクシュアリティの問題、そしてそこにある芸術性、想像力をいうものを隠蔽してしまう可能性があると思います。なぜならフェミニズムは今の段階は、「性」というものを受け入れるとこから始まっているからです。しかしながら読者達は「性」から離脱します。そして想像力において、違った角度で自分自身を受け入れようとするのです。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f①②LGBT(セクシャルマイノリティ)のジャンルではない

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
3点目に言いたいことはこれは、同性愛者、性同一障害といったセクシャルマイノリティのストーリーではないということ。セクシャルマイノリティの主張が社会に影響を受けやすくなる(ブーム)になっている近年から、ボーイズラブは女性が男性同士をくっつけ遊ぶ差別的な表現であると唱える人が少なからず出てきていることは確かです。しかしながら彼女たちが描いているその関係性は、セクシャルマイノリティの問題ではなく、全く違ったセクシャルや社会的概念の問題です。
ボーイズラブの「同性愛」という関係はセクシャルマイノリティとは違う「同性愛」の視点であり、だからこそ⑨で述べたように、愛の種類もプラトニックなものから歪んだ愛まで表現されます。(ここの区別はなかなか一言では説明が難しい部分です)人が人である限り、男性である限り、女性である限り、誰かを愛する限り、その表現は多種にわたり、社会が正常でない関係性を軽蔑することは一言で言っては良いものではないものなのです。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f①③ボーイズラブはなくなるのか?

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
ボーイズラブを語れば語るほど、女性の不平等さから生まれたものとするならば、女性である「性」を受け入れることの出来ない人であるとみられるなど、マイナス点しか見えなくなるかもしれません。ボーイズラブをやめれば、自分を「女性」として受け入れることができれば、何ら問題なく現実が進んでいくという人もいるのかもしれません。しかしそれは、「自分の性を否定(離脱)してみる」という主張が現代において軽蔑(いけないことだ)されているようにも思われます。「否定(離脱)することはなぜいけないのか」。否定する自分を受け入れる。これは社会にまだうまく伝わっていない偏見でもあると思います。著者曰く、今まではボーイズラブは女性の駆け込み寺であったかもしれないけれど、ポジティブな前進できる想像力でもあり、対抗する力でもあると。そして、もし、世界が、様々な社会的運動により、女性のこう言った社会的な女性像から排除され、彼女は彼女らしく性へ向かうことが出来れば、ボーイズラブはなくなってしまうのではあなたは思うでしょう。少なくとも形は変わるとは思いますが、根本的なボーイズラブというの考え方はこれからも無くならないと私は思っています。なぜなら人である限り、自分(点)と他者(点)が存在し、他者は他者であり、その結びつき関係性は自分だけでは他者との完璧な線を作ることは不可能だから。ブローバックマウンテンのような理想郷は、点を線で結べるその「関係」は、これが現実だからと言って想像を諦めるのではなく、ではどういう折り合いをつければ、話し合いをしていけば、互いに良い関係となっていくのかと考えることができるでしょう。想像は、あまりにも眩しく、美しいパフォーマンスであり、(芸術性の高いもの)その想像は人々を次へと進化させる根源となると私は思っています。だからこそこの世界は少し昔までボーイズラブは「耽美」と呼ばれ、社会的な善悪を排除し、根本的に人とは、ということを考えようとしているのではないかと思っています。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

※この記事は 野火ノビタ著「大人は判ってくれない」の内容を参考のもと、私の考えも織り交ぜて作られた推測の記事になっています。全てのボーイズラブの根拠がこの記事の意味で描かれていたり読まれているとは限りません。630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f■ interview■

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

Steph Tsimbourlas (visual artist)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8398

angelic milk(music artist)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7929

1991downtown(fashion select shop)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7862

GRAPE MAGAZINE(independent magazine)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7734

EDITORIAL MAGAZINE(independent magazine)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7527

RADDLOUNGE(fashion select shop)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6645

Ruru (feminist/photographer)–http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6521

Erika(buyer)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6654

Cyan.(dancer) — ttp://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6955

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

aa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 



カテゴリ : SEX
タグ :
コメントを送る




卑猥?オシャレ?エロティックなインディーズブランド ROLEPLAYに注目!
投稿日 2017年6月19日

スクリーンショット 2017-06-10 午後1.50.19

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

ROLE PLAY

日本の変態的エロとのコラボブランドROLEPLAYを!エロは卑猥の一環?それともアート??着方次第でファッションが光る!!オススメのアイテムを紹介します。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

 

スクリーンショット 2017-06-10 午後1.43.17

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fおすすめはこれ。フランスのアーティストで、ギブスや眼帯など、傷物と少女を組み合わせた不思議な魅力がある写真家とのコラボレーションTです。630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2017-06-10 午後1.46.11

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fハードな変態エロが平気な方は室井亜砂二のインパクト大なのはいかがでしょう??

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2017-06-10 午後1.46.45

ピンズがエロかわいくて。私はこれをカバンにつけてるよ!4月にオープンしたばかりのブランドなのでこれからの新作が楽しみ!ピンズも増えるみたいなので、買い足したい!

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

HP:https://roleplaystore.com

instagram:@roleplay_studio/

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

■ interview■

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

Steph Tsimbourlas (visual artist)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8398

angelic milk(music artist)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7929

1991downtown(fashion select shop)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7862

GRAPE MAGAZINE(independent magazine)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7734

EDITORIAL MAGAZINE(independent magazine)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7527

RADDLOUNGE(fashion select shop)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6645

Ruru (feminist/photographer)–http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6521

Erika(buyer)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6654

Cyan.(dancer) — ttp://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6955

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

aa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 



カテゴリ : SEX
タグ :
コメントを送る




性を読む番外編!エロに特化したマガジン・アーティスト達
投稿日 2017年6月14日

スクリーンショット 2017-06-10 午後1.37.54
630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

注:エロ・グロが苦手な方は観覧しないでください!

私のオススメするエロに特化したマガジン・アーティストを紹介します!

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

 

tumblr_omqzreoxd81sqgprko1_1280

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

レン・ハン630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

つい最近ファッション業界もにぎわした写真家レン・ハン。彼だからこそ挑むことが出来た、性とタブーの世界感は若者にも人気でした。彼の死についての記事はこちら(中国の写真家 レン・ハンの死。あなたは悲しむだけですか?

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

unnamed

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fリチャードソン630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

エロカルチャーアートマガジンといえばリチャードソン。注目してほしいのはインスタ。インスタはエロに対する自主規制が大き目なので、彼がどのようにネット界でブランドを広めていくのかはみもの。パーカーやシャツなどは年々高くなっていきます。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

140923_T5__Seite_01_ohne
630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

TISSUE MAGAZINE630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

ダイレクトなエロではなく、なんもへんてつもない陶器にエロティズムを感じたことはないか。
エロとは?を再定義するマガジンは要注目です。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

 

e12c2d9d7967bfe1f9a4f3b7d9e330e9630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f山本タカト630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

浮世絵テイストな耽美画家。山本タカト氏。緊縛、死、などハードなものを扱っているが、
繊細かつポップなテイストが独特な世界感を作っています。作品集のパッケージがすきです。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

u3T8dTM4u9s2uBFEUx9LJH5TOZol2XOdPutEuz7c9T6uyf593LyFwSQVsGkOGdU9

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f会田誠630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

美術家。美少女、エロ、グロ、ロリ、4っつ合わせるとできる絵が会田誠。美少女がミキサーで回されたり、盆栽から美少女の顔が出てきたりと、わりとウエってなる作品が多いのですが、繊細なタッチがなんか気になって見てしまいます。最近は哲学じみたパフォーマンスが多いみたい。630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

71UEXBWlYGL
630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

中村明日美子630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

漫画家。細くてさらっとした耽美的なタッチが印象的。エロティズムを感じる瞬間は?
というインタビューで「食事をするシーン」と答えたのが何とも印象的です。どことないフェティズムを感じたい人にはおすすめ。

 

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

 

■ interview■

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

Steph Tsimbourlas (visual artist)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8398

angelic milk(music artist)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7929

1991downtown(fashion select shop)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7862

GRAPE MAGAZINE(independent magazine)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7734

EDITORIAL MAGAZINE(independent magazine)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7527

RADDLOUNGE(fashion select shop)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6645

Ruru (feminist/photographer)–http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6521

Erika(buyer)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6654

Cyan.(dancer) — ttp://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6955

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

aa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 

 



カテゴリ : SEX
タグ :
コメントを送る




性について読むvol.6 -LGBTの間違った捉え方 クィア理論について-
投稿日 2017年6月8日

IMG_1093-e1489838942281

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

性について読む-ブックマークページはこちらから。630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

これまでの記事

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

最初の記事では、まず、性についての固定観念のの蓋を外しやすくするために、みんなの持っている「ふつう」は場所や時代によって変わるよという話をしました(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8616)。2つめの記事は昔の日本の性文化を紹介することで、近代の性のタブーという考え方は時代によって生まれてきたという話をしました。(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8670)3つめは近代の性のタブーから生まれた 性表現の自主規制、その表現の進化についてでした。( http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8682)4つめは、西洋美術からみる少年の捉え方というものをお伝えしてきまいした。(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8785)そして今回は、セクシャルマイノリティについてです。みんなが知っているLGBTから一つ踏み込んだ記事になります。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

もうみんなが知っているLGBTという単語

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
知っているから偏見はないが一番危ない。今回の本が言いたいことはそれです。このブログを読んでいる人であればLGBTとはどんな意味なのかを知っていると思います。それこそ5月にはLGBTパレードたるものが行われて、GAPやDESELともコラボレーションが行われ、レインボーカラーをよく目にする事が多くなりました。なにを今そんな記事というかもしれませんが、今回紹介する本の筆者は、「もぅ知ってるよ」という人が一番危ないという警鐘を鳴らしています。もしあなたの一言が実は誰かを傷つけているとしたら?ブームがセクシャルマイノリティと言われる人たちの人権を助ける手立てになっているのかもしれませんが、それと同時に様々な問題が出ているという事を忘れてはいけません。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

LGBT少年A君630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

ムーンライトという映画が公開されましたね。友達がいい映画というのでレビューをみていました。☆が5つもつけられた『LGBTの少年が・・・』と書かれていて、はわはわしてしまいました。またこの『LGBT男性』という言い回しはNHKテレビの報道で使われてしまっていたということも問題です。またドンキーホーテで男子トイレ女子トイレLGBTトイレができたというニュースもはわはわものです。LGBTという言葉を知っているというだけで、深くその意味を考えていないという事が、この表現をもたらしてしまったのは見てとれますね。それとムーンライトは誤解を招く映画になりうると思うのは、まず、映画のPRとしてセクシャルマイノリティを題材にしたとうたっていると同時に貧困、麻薬、といったまったく別の一般的な負のイメージをギュギュっと押し込んでしまったということです。
630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

カテゴライズは本当にいるの?

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
人をカテゴライズすることによって、できるメリットはたしかにあります。しかしながらカテゴライズが新たに偏見を生む危険性があると筆者はいいます。例えばテレビで活躍するオカマというジャンル。良くしゃべり、場を盛り上げるイメージがありますね。ですがそれはごく一部のオカマちゃんであって、すべての人が面白くしゃべれて、場を盛り上げる人ではありません。なのに第三者はそれを当たり前と思ってしまうのですね。女装家が面白い話もできない根が暗い人だったとわかってがっかりしたなんてのは変な話です。そうなってしまうのも、ある意味当然で、人間は人をカテゴライズしてしまうと、そのカテゴライズにある固定観念(ステレオタイプ)で人の性格などを決めつけてしまいます。また、そのカテゴライズされた人物にその役割相当の期待を求めてしまうものです。(それはセクシャルマイノリティ限らず、他の個性にも。男だったら力持ち、出来そうな営業マンの服着ていればセールスが上手いとは限らない様に)逆に言えばカテゴライズは人に固定観念をつくり、根拠のない差別を作ってしまうわけです。(この内容は社会学の役割についてで学べると思います)
630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

アウティング630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

この件は私の反省を込めて書きたいなと思います。アウティングとは自分がこういう人間だとカムアウトするのではなく、第三者がその人の意志関係なく事を公開してしまう事です。ゲイの○○君が・・・とか○○君ゲイだったんだね、なんてフツーに言ってたのですが、いやはやこれはりっぱなアウティングやないかと思いました。でもそれは反省、知識を得た私は今後はそんな失敗をしないでいけばいいわけです。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

クィアスタディを知る

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

こういったそんな目に見えにくい問題達を見極めるために、クィアスタディというものが存在します。今回おすすめする本はクィアスタディ入門編として作られた本になります。セクシャルマイノリティの問題を歴史や専門用語の解説、実例をともに解説しています。またこの本のおすすめできる点は入門編からより詳しい知識へと身につけられるために、歴史、フェミニズム、アート、小説
ジャンルごとにおすすめの本を紹介している点です。無知は恥ずかしい事ではなく、知ろうとしないことの方が恥ずかしいこと。レインボー国旗の旗を振ってこれでみんな幸せだねーなんて言う前に、どうやったら今傷ついている人がどういうことが間違った誤解を生んでしまうのか、この運動によってどういった人が逆に負担になってしまうのか、そういったことを知っていくことが大事なんだと思います。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

追記:私情な価値観をここに。facebookもベースに、たくさんの性の選択が増え、自分はどれに当てはまるかなんていうのは、考えたこともあるでしょう。性が多様的にあることを知って、様々なプラスや、自分以外にも同じ人がいるのかと安心する人もいると思います。そしてここにきて性の多様性があることを認知できるような取り組みは大切なことだと思います。しかし自分がどこに値するかは常に変動するということをお忘れなく。そしてLGBTとかセクシャルマイノリティとか それをピースフルな意味として、かかげていたりするのは個人的にはどうしても苦手です。どうしてレインボーマークが好きではないのかその理由を考えていました。答えはとても簡単で、私はマジョリティ(多数派)でもマイノリティ(少数派)でもどちらにも存在していないから。言い換えると、自分が男なのか女なのか、どんな人が好きなのか、自分がどんな性としてみなされたいのか、実にどうだっていいということ。そういうとパンセクシャルだね、なんて言われるけど、私からしてカテゴライズ自体がされたくないものです。確かに、社会がつくった女性像は好きではなくて、だからって”女性として自分を”なんて尊重したいわけでもない。
私は私、たったそれだけの真実 を、私たちは何度も忘れてしまいますね。
カテゴライズすることでできるメリットとデメリット、それによって報われる人、苦しんでしまう人がいるということを、常に考えていかないといけないかもしれません。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f■ interview■

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

Steph Tsimbourlas (visual artist)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8398

angelic milk(music artist)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7929

1991downtown(fashion select shop)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7862

GRAPE MAGAZINE(independent magazine)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7734

EDITORIAL MAGAZINE(independent magazine)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=7527

RADDLOUNGE(fashion select shop)http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6645

Ruru (feminist/photographer)–http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6521

Erika(buyer)—http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6654

Cyan.(dancer) — ttp://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6955

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

aa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 

 



カテゴリ : etc SEX
タグ :
コメントを送る