ゆるトロピカルなサウンドが癖になる❤️ラテン×エレクトロ・バンド「Señor Coconut」

Posted on

ブログ122



夏だから聴きたい!
トロピカル度MAX!なサウンドを奏でるアーティストをご紹介❤️


以前のMUSICカテゴリの記事で
タイ×エレクトロ
(http://www.nylon.jp/blog/yukana/?p=891)
を紹介しましたが今回はラテン×エレクトロ!
ドイツ出身ですが南米に移住して活動している彼の名は・・・


Señor Coconut
(セニョール・ココナッツ)
http://www.senor-coconut.com


御託は後回しにして、
まずはその癖になるゆる〜いトロピカルな音を聴いてみて下さい!




Senor Coconut – Da DaDa



これは私の一番のお気に入り!絶妙なダサさとゆるさのMVも最高。
白スーツにチョビ髭のおじ様はウーヴェ・シュミット(アトム・ハートとも。)
「セニョール・ココナッツ」は彼が始めたプロジェクト名なのです。


80年代から活動を始め、90年代後半にラテンエレクトニカ、テクノ
を融合させた独自のスタイルで注目を浴びました。


ちなみに日本が世界に誇るテクノ・グループYMOのカバーアルバムも出してます。
他にもダフト・パンクがラテンカバーされていたり、
Deep Purpleの名曲SMOKE ON THE WATERまでも彼にかかれば
見事なトロピカルサウンドに・・・!


Senor Coconut – Showroom Dummies




 彼は長く活動していて今アラフィフらしいです。
なので作品が凄く沢山残っているので他にも聴いてみてね!


私は絵を描く時にBGMで流してるよ。
最初はラテン×エレクトロニカって不思議な違和感があったんだけど
いまでは癖になってます・・・


MVもゆるいなぁ〜笑





↓CHEACK IT OUT↓

ブログ0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

◀ このブログのトップページへ