BLOG

NYLONブロガー マリア(maria)
maria
マリア
interior designer

デザインの仕事をする傍ら、自身の主催するZINE・雑貨の販売交流イベントTINYZINEプロデューサー。個人製作でWEBZINEも展開中!

instagram




ZINEや雑貨の販売交流会、TINYZINE season5 イベントレポート! #tinyzine
投稿日 2018年5月5日

TINY ZINE season5

2018年4月29日30日、プロデュースしているイベント、ZINE・雑貨の販売交流会、その名もTINY(@tiny_zine)の第5回目が開催されました。今回は初めての2日間でありながら1日の入場数が過去最多!二日間でおよそ360人のお客様がいらっしゃいました!今回は当日のイベント模様をレポートしようと思います。TINYとはなんぞや?という方はこちらの記事を読んでね!!(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=9402)

↓また過去のイベント内容はコチラから!!↓

season4(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8151)

season3(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6353)

season2(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=4736)

交流すること

私が一番やりたい作品を通して色々なコミュニケーションを取るということです。最初は緊張感があった出展者さんも、時間が経つにつれて喋る声が多くなっていました。そして今回非常に面白かったのが女性が多かったTINYですが入場者に男性が増えてきた事です。これはTINYの新たな一歩かなと思いました。TINYで出会い、作りたい表現の場が広がるのはとても面白いことです。これは私にも言えることなのですが、TINYには様々な人がいて様々な強みを持った人がいます。例えば写真が好きな人、絵が好きな人、文章が好きない人、服を作るのが好きな人、出会えるのは面白いことだと思います。



様々なZINE

だれかが言っていたのですがTINYZINEというイベントは、どうやったら売れるのかではなく、やりたい事をやり切れてその思いを伝えられる人が一番楽しめるイベントなんだなと思いました。どのブースも自分の想いややりたい事が広がっており、その情熱がひしひしと伝わって来る作品が多かったです。


パフォーマンスライブ

前回同様livepaintも開催。今回は出展者から募集を募りました。ライブペイントは実際にどんな絵が描かれるのかはわからないのが魅力。時間が経つにつれ、完成されていく絵の表現が皆違うのがまた面白いです。DJにはブロガーのRiko TanakaとTomokoにやっていただきました!スペースの設備が悪くて不便をかけてしましましたが、素敵なチョイスでイベントが盛り上がりました!また前回に引き続きsaskia tokyoにミュージックパフォーマンスをしてもらいました。リアルタイムで音をミックスし、音楽を作っていくというパフォーマンス。とても素敵なイベントとなりました。(詳しくは動画をみてね!)

thanks staff and more

そしてイベントをサポートしてくださったボランティアスタッフのみなさん!衣月ちゃんソラちゃん、りさこちゃんkanaちゃん、みなさまが沢山の出展者さんや来場者さんがコミュニケーションしてくれたので安心して私は裏方に回ることができました。そして心機一転、グラフィックを担当したeriちゃん!そして会場にお越し頂いた来場者の皆様。遠くから来てくださった方。会話がちょっとしかできなくてゴメンなさい>< 5回イベントをやっていますが、いつも何起きてもわからないのがイベントだと思います(実は裏では色々起きている。それに気づかなかったならサポートしてくださる方のおかげです^^;)まだまだ未熟なイベントですが参加してくださった出展者の皆様、たくさんの人に支えられてイベントは出来ていると改めて思いました。
感謝です。love you!!

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

 

 



カテゴリ : etc ZINE
タグ :
コメントを送る




4/29.30 ZINE・雑貨販売イベントの近くで食べれる恵比寿でおすすめのランチや喫茶店を紹介♡ #tinyzine
投稿日 2018年4月25日

 


ZINE販売・交流イベントTINYZINE(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=9402)が4/29.30に開催に恵比寿にて開催されます。恵比寿にはおしゃれなカフェや飲食店がたくさん!今回はイベントついでにランチやアフターに活用できる飲食店を紹介します。

喫茶銀座


ここは恵比寿なはずなのに、デデンと毛筆体でで書かれた「喫茶銀座」。店内に入るとタイムスリップしたかのような昭和の空間が訪れます。入ってすぐのサンプルメニュー台はレトロで可愛いので、インスタ映えに写真を撮ることも忘れずに。メニューもトースト、サンドウィッチ、ウィンナーコーヒー、クリームメロンソーダ、パフェ、とこの空間を裏切らないものだらけ。全席禁煙で、少しのヤニ臭さもこの空間では裏切らない匂い。

東京都渋谷区恵比寿南1-3-9

Eliseu Banh Mi Bakery

TINY現地から少し遠目でokという方は
恵比寿バインミーベーカリーをお勧めしたい。イートインが無く、その場のベンチに座って食べるか、TINYに持って帰って食べるかの2択になってしまいますが。ここのバインミーは絶品。3年前にベトナムに旅行に行ってから現地のバインミーが恋しくてしょうがなかった私。ここは比較的現地に近い味。お勧めはバインミーサイゴン。沢山の種類があるので、友達と分け合いたい方は「分けたいので半分に切ってください」といえば快く切ってくれる。4月からハム系の新作がでるとのことなので要チェック。

東京都渋谷区恵比寿1-8-14 えびす ストア 内

中国茶房8恵比寿店


中華がいいという方はこちらへ。こちらチェーン店ではありますが、お勧め。ランチも1000円切らないあたりなのでリーズナブル。お肉派は同じ建物の中の焼肉屋さんもランチが安くてお勧めです。ABC・MAMIEという建物の中にあるお店なのですが、この建物自体非常にメルヘンチックな色合いをした建物で建築的にもお勧め。

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABC・MAMIES 3F

CAFE GITANE

中国茶房と同じ建物の中に入っている最近できたお店、CAFE GITANE。TINY現地に向かう途中に人目を引くお洒落なお店です。ランチだと1000円そこそこでたべれると思います。NYのセレブ御用達のお店が恵比寿にて再現されたのだそう。人気なのはアボカドトースト。ライ麦トーストの上にたっぷりと載ったアボカドがこんがり焼け、アクセントにチリパウダーとは、なんとも美味な味しかしなそうです。

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABC・MAMIES 1F

 

イベント詳細

出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出展者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日の日ごとに出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)

【場所】

・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分

【入場料】

・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください

・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。


【店内撮影について】

メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします

【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!

【マナーにご協力ください】

●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。

●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー

 

 



カテゴリ : etc
タグ :
コメントを送る




ZINEや雑貨の販売・交流会、TINY ZINE season5 4月29日30日 恵比寿で開催!
投稿日 2018年4月21日

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

TINY season5 OPEN!!

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
わたくしblogger、maria主催の参加者によるzineや雑貨の販売•交流を不定期で行っているイベント、TINY(@TINY_ZINE)が4/29,30に開催致します!今回はそんなイベントの詳細をお伝えすべく記事を作りました^^メインビジュアルは@_erkmb_に担当していただきました。敢えてカタカナにしたのと、青春を思わせるフォントやカラーリングにしていただきました。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fTINYって??630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

TINYは私が考えているZINEprojectの一環です。(@TINY_ZINE)(http://tiny-zine.tumblr.com)主催側の立場になり、色々な人が気軽に表現する場をつくる事を目的としました。値段もリーズナブルで、プロ関係なく、大人も子供も女も男も関係なく、どんな人にも様々な考えやセンス素敵なものを持っています。”表現すること、頭の中、それは妄想だけじゃもったいない。”表現することの楽しさを伝えたい。そんな想いから生まれたイベント。今までZINEを売る場所、または交流する場所がない。どうして良いかわからない。そんな人はたくさんいるはず。ここでたくさんの方と交流でき、だれでもZINEやつくる、ということの楽しさを広められる。是非たくさんの人と出会い、表現することの楽しさ、自由にいろいろなことを語り合える楽しさを知って頂ければと思い開催したのがきっかけです。630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f実際に作者に出会い会話が出来る。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f
個々の作品にとても思入れがあって、見ているだけでドキドキするだけなく、実際に触れて、制作者さんとも会話が楽しめる。作品を通して色々な会話が出来ればなと思います。主催者側のディスプレイは1畳もないほんのちょっとの空間だけで、他はみんながつくったもの。みんなすっごいすっごいディスプレイが素敵で、毎回胸がときめいてます。今回もseason3同様、日没に向け、照明を落とし、あたたかな雰囲気を演出予定です。

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f


630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fイベントを盛り上げるライブパフォーマンス

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

今年もlive paintを行います。今回は出展者からも募集を募り、様々なジャンルのライブペイントが披露されます。NYLONbloggerでおなじみのRIKO TANAKA,tomoko がDJを担当。またsaskiatokyoは現場のサウンドをミックスしまさにライブで音楽を作っていくというリアルパフォーマンスを行います。こちらのパフォーマンスはインスタライブで中継し、地下一階でプロジェクターでリアルタイムに視聴可能です!

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

◆29日

・live paint

 14:30-15:30  maaya.n – @motelpinkbed  /  motelpinkbed.tumblr.com

 17:00-18:00  Si,Si   –  @kmsm4450 

・performance

 16:00-17:30   Rikotanaka(DJ)  –   @t.a.l.a.n.t.o  /  www.talanto-online

 

 

◆30日

・live paint

 13:30-14:30  beginning  –  @beginning__miku  /  

 15:30-16:30  あないすみーやそこ  –  @anaismiysk /  @anaismiysk 

 17:00-18:00  Taeko Yonemoto   –   @sg_cactus /  @cactuspolly

・performance

 14:00-15:30  tomoko(DJ)  –@tomoko_moonkids  /https://www.to-moonkids.com

 16:00-18:00 saskiatokyo(music)  –  @saskiatokyo /  saskiatokyo.tumblr.com

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f



630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

今回も様々な出展者さんが参加されます!開催前にようチェックです!

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

◆A-29日

01)  ちょ〜あゲ×beginning(FANATIC.)  –  @cho_age  /  @beginning__miku  /  @fanatic__tokyo

02)  The crab company  –  @the _crab_company

03)  misa ishibashi  –  @cocodake_mag  /  http://cocomagazine.official.ec

  bocha  –  @bochack

04)  猫ハリネズミあざらし  –  @M1nD0lly  /  @Heki_kk  /  @mituamiodango   /  @aohuyu_17   /  @lmno_7

05)  asuka   –  @asukart09

06)  カフェログ  –  @cafeloggg/@cafeloggg_1995

07) RORISE–  @rolise_top

08)  chewing gum  –  @chewinggum_chome

09)  FOR YOU  –  @frommoe_ /  @moeqnt  /  http://moeqnn.wixsite.com/xoxo

10) unruly  –  @unruly0707  /  @unruly0707

 

—–

 

◆A-30日

01)  ちょ〜あゲ×beginning(FANATIC.)  –  @cho_age  /  @beginning__miku  /  @fanatic__tokyo

02)  みっちゃに  –  @chani91_

        シノツカカオル     @yes___no__   /  yes___no__

03)  misa ishibashi  –  @cocodake_mag  /  http://cocomagazine.official.ec

  bocha  –  @bochack

04)  Taeko Yonemoto  –   @sg_cactus /  @cactuspolly

05)  this is our Utopia  –  @______natsuno

06)  知江莉  –   @celli_botti

07)  まいしピーナッツカンパニー  –  @maic.p.c

08)  孟花  –  @_ofu_ro_ 

09)  FOR YOU  –  @frommoe_ /  @moeqnt  /  http://moeqnn.wixsite.com/xoxo

10) unruly  –  @unruly0707  /  @unruly0707


—–

 

◆B-29日

01)  Si,Si  –  @kmsm4450

02)  3S05  –  @seaaanemoneee__

03)  glico  –   @balancer21g   /   @domesday_21g   /   balancer21g.tumblr.com

04)  michikuso  –  @michikusooooo  /  @oops_michikuso    /  https://michikuso.tumblr.com/

05)  あないすみーやそこ  –  @anaismiysk /  @anaismiysk 

      maaya.n  – @motelpinkbed  /  motelpinkbed.tumblr.com

06)  みっちゃに  –  @chani91_ 

        シノツカカオル   –  @yes___no__   /  yes___no__

07)  fukko  –   @ka_ze_ka  /  librapot.tumblr.com

  AIRI  –   @apricot_aili  

08)   なつみとえり  –  @r_riringo   /  @eriii_68

09)  natsuho  –  @x_plastics_x

  groovy   –  @13groovystory

10)  Moët  –  @moet.s  /  @donttellmarilyn

11)  Hiley  –   @hiley52

12)  marine  –  @marippedazo

13)  Arisa kako

14)  heavy&cotton  –   @arn_xxxx  /   @heavy__cotton

15)  aoi  –  @aoi_0326


—–

 

◆B-30日

01)  チサ  –   @catcher____99/  /  @everybodyloser

02)  3S05  –  @seaaanemoneee__

03)  glico  –   @balancer21g   /   @domesday_21g   /   balancer21g.tumblr.com

04)  michikuso  –  @michikusooooo  /  @oops_michikuso    /  https://michikuso.tumblr.com/

05)  あないすみーやそこ  –  @anaismiysk /  @anaismiysk 

      maaya.n  – @motelpinkbed  /  motelpinkbed.tumblr.com

06)  夏鈴  –  @natunosuzu84

  ひかる  –  @fukafuka.no.ofuton

07)  fukko  – @ka_ze_ka    /  librapot.tumblr.com

  AIRI  –   @apricot_aili  

08)   なつみとえり  –  @r_riringo   /  @eriii_68

09)  natsuho  –  @x_plastics_x

  groovy   –  @13groovystory

10)  Moët  –  @moet.s  /  @donttellmarilyn

11)  ちぇりいのゆめ  –  https://mount.co.jp/candy123

12/13)  kochi  –  @kc__zzz

     mayuka  –  @bitter_cream 

14)  heavy&cotton  –  @arn_xxx  /  @heavy__cotton

15)  yesterday’s tomorrow kubotakazuko  –  @kubotakazuko  /  www.hello-kubotakazuko.com/


—–

 

◆C-29日

01)  樋口紗也香  –  @sayaka_higuchi_

02)  プリズム  –  @msns0814  /  @yumyum_214

03)  KAN

04)  イワサキハナエ  –  @hisfst__

05) Hana  –  @hanasuzuki74/

06)  人間 i i な  –  @_1o.q_ / @_ningen117/  /  http://ningen117.tumblr.com

—–

◆C-30日

01)  CAT HOUSE  –   @camisamaelly  /  @ellypom  /  camisama-camisama

02)  氷  –  @heyomochi  /   @heyomochi

03)   猫ハリネズミあざらし  –  @M1nD0lly  /  @Heki_kk  /  @mituamiodango   /  @aohuyu_17   /  @lmno_7

04)  Sany(サニー)  –  @37sanyy

05)  人間 i i な  –  @_1o.q_ / @_ningen117/  /  http://ningen117.tumblr.com

—–

◆D-29日

01) talanto  –  @t.a.l.a.n.t.o  /  www.talanto-online

02)  hyejung  –   @at.hae

         seohyun  –   @seohyun.02

—-

◆D-30日

01) talanto  –  @t.a.l.a.n.t.o  /  www.talanto-online

—-

main graphic:ERI KUMABE  (@_erkmb)

staff:sora(@sora12221)/カナ(@kana_xxxx)/risako(@a_1203rme)/衣月

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

イベント詳細

出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出展者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日の日ごとに出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)

【場所】

・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分

【入場料】

・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください

・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。


【店内撮影について】

メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします

【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!

【マナーにご協力ください】

●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。

●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー

 

 



カテゴリ : etc
タグ :
コメントを送る




横浜美術館のNUDE展を読み解く
投稿日 2018年4月19日

NUDE展

NUDEを美術史的に追うとあらゆるコトが見えてくる。

現在横浜美術館で開かれているNUDE展は、イギリスとテート美術館に展示されているものの中からNUDEに関するものを展示しています。歴史的に、そして客観的にNUDEにせまることによって、NUDEの秘密を探るというのがこの展示のテーマになっています。NUDEは、どの時代も描かれ、あらゆる画家たちがNUDEを題材に作品を作り出してきました。

私自身、大学生の時までNUDEの魅力をまったくもって感じていませんでした。どの作家も裸になったり、裸を描いてみんなが同じ事をする時点でありきたりだと思ったし、つまらないと思っていました。しかし今になってNUDEの面白さというのも感じています。

今日(こんにち)もヌードを通して様々な物議が問われていますが、それもそのはず。ヌードは常に社会の間でゆれ動く人間にとって何よりも身近で、普遍的で、プライベートな媒体のため、いつ何時も、賞賛されたり、批判されたりするのです。NUDEはそうやって何度も何度も社会の中で揺れ動いています。

展示を見るためのオススメポイント

今回の展示でのおすすめポイントがいくつかあります。まずできることなら音声ガイドを聞きながら見ること。こういった分析するタイプのものは絵や概略だけをみても意図を読み取ることが出来ません。ガイドがあればより展示の意図を読み取ることができます。そして何よりも客観的に見ること。NUDEはあまりにも人のプライバシーの中に入ってくるものなので、主観的に物事を捉えてしまいがちです。歴史背景からNUDEがどういったことを示すようになったのか、そしてNUDEによる様々な表現とその意図を客観的に見るようにしましょう。また音声ガイドを参考にと書きましたが、今回の日本で展開されたヌード展は、少し偏りがあるように感じたので、シドニーで開催された時のPR用の動画をみておくと展示だけでは感じることのできないNUDEの役割を知ることができるはずです。また、今このタイミングで動画をみると、この記事のネタバレにも繋がるので、記事の小タイトルにこのタイミングで動画を見て欲しい!という感じで動画を貼り付けていますので、そのタイミングでまず見ていただいて、NUDE展を見にいく前日に動画を見ていただけるとベストかなと思います。


理想美としてのNUDE

美、強さ、現代性、超現実、欲望。このNUDE展ではNUDEにおける様々な意図(表現)を説明しています。その中で私が注目して欲しいジャンルを紹介することにしましょう。まず最初が「理想美」です。このNUDE展が始まりとして説明している最初のブースが、もともとNUDEを描(えが)く最初の理由となっています。(19世紀)。いかに美しく、誘惑的に人々を魅了するのか。あらゆる画家の技法では、その美しさを追求するために何人ものNUDEをデッサンし、そのパーツを組み合わせたと言います。艶やかで均一的に描かれた女性像と筋肉美溢れるいわゆる「強さ」を表現している男性像を比較して見るのも楽しむための1つです。そしてこの話は以前記事にしましたが男性性器に注目することもお忘れなく。(多分殆どの隠す系のしか展示されてなかったかもしれませんが)。この時代の男性性器は包茎のポークピッツに描かれています。それがその時代の男性の良いシンボルとして描かれているからです。因みに私は理想美の男性像が大好きです。理由は美しいから。

少し話が逸れましたが、19世紀はなにかと理由がなければ裸が描けなかった時代でした。だからこそ、画家たちはこぞって聖書の話につけ込んで裸を描きます。そしてNUDEが生々し過ぎれば批判されることもありました。人々の(欲)情をを掻き立て過ぎるとそれは生々しいと批判されます。美しさや魅力は、まるでグラスに注がれる液体のように、溢れると怒られ、ちょうど良い量だと美しいと賞賛されます。生々しさはどこまで許されるのか。そのグラスの大きさは、例えその描き手のグラスの大きさと違っても、その時代の社会の目で作られています。

 

 

皮膚は内面を映し出す。

真実は人間の口からのみ語られるものだと思っていませんか?口は思った以上に嘘をつきます。実はなによりも感情を伝えているのが皮膚(NUDE)。服を脱いで露わになった皮膚は、なによりも感情を映し出し、社会の背景さえも映し出します。参考として今回展示されたヘンリームーアの「倒れる戦士」という作品。20世紀前半の作品です。かつて何世紀もの間、男性のヌードとして描かれてきたものは、勝者であり、強靭であり、不死の象徴として描かれてきました。しかしここに落とし込まれたNUDEは戦士の像でありながら、硬く作られたその体は傷だらけ、痩せた手足は痛ましげにねじ曲げられています。まさに戦士が吹き飛ばされ、倒れゆく瞬間です。苦痛の感情がそこに見えるでしょう。世界大戦後のNUDEの表現は、社会背景も含め、人間のマイナスの感情にも入ってきたのです。また、ベーコンのヌードは死にゆく皮膚(NUDE)に生命力と儚さを与えています。そのNUDEに対する表現力は動画を見てのとおりです。

 

フェミニズム(女性の視点)の介入

『ユートピア、すなわち完全なる平等、言うなれば無意識に実現している世界では女性のヌードが問題になることはないだろう。しかし現実には女性のヌードが問題を引き起こしている』

70年代になって、NUDEの視点にまた新しい視点が増えました。それが女性の視点です。今までは男性から見た女性の皮膚が多かったのですが、それを見た女性が男性だけのNUDEはおかしいと思い作品を作り始めたのです。この絵はわざとらしく、男性が女性のNUDEに向けられてきた視点を男性のNUDEでやっているというアイロニーが含まれた作品になっています。また、作り手のシルヴィアスレイは実際に関係をもった男性とのNUDEを描いているというのも面白い点。欲望の伝統の主観を逆転させた歴史的瞬間と言って良いでしょう。

また、このブースは、主に女性が描き手となって創作された作品が数多く展示され、今まで見てきた男性から見るNUDEと、女性からみるNUDEを客観的に比較して見ると、実際、そのメッセージ性や意図の違いがわかります。

欲望

NUDEという媒体で中でも人々の心を掻き立てるのが欲望にまつわるNUDEです。欲望とはつまり何か、動画の中では欲望をあくまでも綺麗な話としてアダムとイヴの話に例えている場面もあります。りんごを食べたその瞬間から人々の肉体には罪と性を背負ったと。欲望は理性の中に佇む本能の情。人々はそこに罪の意識さえ感じ、時に美しさにも感じています。自分では解読できない不思議な情は芸術家達を刺激してきました。描かれた感情(NUDE)は、言葉には出来ない人の内面にある欲情を反映させることも出来るのです。

 

ロダンの接吻(THE KISS)の第三者の介入という美学

『欲望は自然の法則を問い直す。解剖、重力、時間、言語。これらの規則を否定するのが欲望』—ルイーズブルジョア

ここまできて展示にも音声ガイドにも動画にも説明されていないNUDEの魅力を書いてみましょう。これは私の勝手な解釈になってしまいますが私が感じたことを書きます。今回の展示では200あまりのNUDEに関する作品が展示されていました。その中で一際目立って見えたのがロダンの接吻(THE KISS)です。確かにこの展示のPRとしてメインに展示されているということもありますが、私はそれだけでないと他の作品と区別化できるモノを感じています。

多くのNUDEの表現は、描き手からの主観的な欲望、社会に対する主観的な主張を感じます。もともと芸術とは、クライアント(相手)がいるデザインといわれるものとは反対で、相手を無視して自分の想うことを表現したり、自分の内面性を具現化する非常に主観的な媒体です。理想美を追求している19世紀の絵画も「私はお尻!尻フェチなの!!」とか「この贅肉感と艶やかさがそそる!!」という描き手のフェチズムが見えるといった、欲望や美観の主観性が見えます。モデルはあくまでも描き手の操り人形でしかなく、描き手がどういう想いでこのモデルを見ているのか、またはどういう主張をNUDEに反映しているのかといった、描き手の主観的なものを我々は想像するのです。

しかしロダンの接吻(THE KISS)は客観性があります。鑑賞者は接吻(THE KISS)をみて、作り手のロダンではなくモデルの、二人の情を想像するでしょう。どういう気持ちで接吻という刹那を感じているのだろうか。動画でも述べられた通り、私たちは二人の表情を覗き込みたくなります。そしてその表情が見えないばかりに、その生々しさの中にある感情を皮膚(NUDE)を追って想像します。それが第三者の介入です。見る側も、(おそらくロダンという作り手も)この二人ではないのです。あくまでも私たちは第三者の人間で、二人の接吻の、刹那の感情を読み取ろうとします。これは主観的に生きる私たちにとっては不可能な感情です。

主観的な「情」はあくまでもこの単体の「情」しか読み取れません。しかしながら第三者の視点は「二人」の感情を読み取ろうとします。全てを委ねるかのように体を授ける女性の感情は、激しくも優しく女性の体をささえる男性の感情は、人間の内面を表現する皮膚(NUDE)が二人の感情を示唆します。あくまでもここは「情(身体から切り離れたもの)」を読み取ることで、脳内レベルのセクシュアルなまぐわいの美しさを感じているのではないでしょうか。そんな他者の情をみて、若者に悪影響を与えるとして一度は布で隠され、多くの人に美しさを評価され、再び布を外されるほど、この作品は人を魅了しています。

NUDE

一言でNUDEと言っても、それは時代ごとに意図が変わってきます。最初に述べたように、NUDE、つまり全てを曝け出した身体は、人々が人体を持って生き続ける限り、どの時代もそしてこれから先もあり続けるものです。つまり、私たちが生きている今も、NUDEに込められた時代的な背景が作られており、数年先にはまた違う意図がNUDEを通して語り継がれるのです。



カテゴリ : SEX
タグ :
コメントを送る




bigger mariaの新しいZINEが完成 #tinyzine
投稿日 2018年4月17日


以前のエターナルサンシャインのオマージュ作品から早2年経ち、そろそろ新しいの作らなくては、、と思いまして新しいZINEを作成しました。その名もTINEZINE(Code:NEW40)。今回はその詳細をご紹介しようと思います。簡単にいうとCode:NEW40は「旅の思い出カッコ、紙くずたちとカッコ閉じ」、という感じです。

 


ズボラZINEでささっと作成

以前HOW TO ZINEたる記事で紹介したズボラZINE的な方法で作成しました。詳しくはこちらの記事をみてね。特にZINEを作りたいと思ってからコンセプトやら絵コンテやら色々やる気を出さなきゃできない1からのZINEとは違い、日々撮っていたり、収集していたものを組み合わせて作ることができるので、なんとも楽な方法です(著作権には責任をもって制作しましょう)ズボラZINEは今回始めて制作したのですが、いやはや正直楽すぎました。普段の物を溜めるだけなので、制作費もこだわりがない分少なく済みましたね。。。

NYとかLAの思い出とかディックとか

ここ2、3年の間にNYやLAやグアムとかに旅行に行ったりしてたので、ちょっとした思い出がたくさん溜まってまして、それを主にアイテムとして使ってたり使ってなかったりしてます。今回始めて私mariaは出演してるのですが、これは私が好きなアーティスト、トムサックスの展示がブルックリンでやっていてそこに行った時、エセパスポートが作れる場所がありまして、そこにいためちゃくちゃかっこいいスキンへットのお姉様に撮ってもらったパスポートの証明写真です。とりあえずめちゃくちゃかっこいいスキンヘッドのお姉様に撮ってもらったことを自慢したくてその写真をふんだんに使ってます。あとはフォーチューンクッキーやチョコレートの占いの紙切れやら、レシートやらを使用してます。そしてたまにあるおてぃんてぃんは最近はまってるディックグッズです。私的にやらしさは抜きにしてゆるキャラです。お花畑との相性がいいです。ちなみにおもちゃであればわいせつには基本当たらないです。また表紙として使用している赤の編み編み白のもこもこした紙(というかゴミ)も旅先の思い出たちです。そしてアイコン的にあるお人形さんはNYやLAで出会った?人々として表現(という後付けなコンセプト)しています。

What’s in MY bagで紹介したくなるちっちゃいZINE

今回手のひらサイズのちっちゃいZINEが作成したくてそうしました。大きさは色々試してちょうどいいサイズがだいたい5x8cmだったのでそうしました。見た目がとても可愛いポケットサイズなので、カバンの中に忍ばせたりしてWhat’s in MY bagで動画やインスタにUPされることを願ってます。(もちろん@it_s_you_タグ付きで)なぜなら私はWhat’s in MY bagのタグをみるのが好きなので。きっと個性が光ります。もちろん部屋の中に飾ってもインテリアとしても抜群に可愛いと思いますのでRoomTourも期待してます。

量産性のある綺麗な冊子にアナログ的なオンリーワンを

私のZINEはいつだって量産性でありながらオンリーワンを目指してます。そして特に印刷物のこう、きっちりした長方形って個人的にはすきではないです。少なくとも自分の制作物としてはいただけない。パソコンで描くまっすぐな線より人が適当に書くなんかたわんでしまった線が好き。ZINEの中身一枚一枚は印刷した量産的なものに過ぎないですが、定規を使わず切っていたり、それさえも面倒くさいときは手で破るほどの適当さを光らせています。

 

センス重視のZINE

今回のZINEは見た目第一の楽しさ溢れるZINEです。私としてはコンセプトのあるZINEも好きですが、完全にセンスまかせのZINEも大好きです。コンセプトや何かを伝えたい思いが強すぎて、せっかくのセンスが丸つぶれってのはよくある話。たまには気楽につくるZINEもいいですよ。

 

先行WEB販売(4月20日まで)

今回のZINEはもちろん私がプロデュースする@TINE_ZINE で販売するのですが、先行販売としてネットでも期間限定で販売しています。地方組でイベントに来場できない方は是非是非覗いてみてくださいな。25日までに支払いを確認できないものをイベントに持って行くので20日までの期間限定です。余裕があればイベント終了後にまた期間限定でwebに出すと思います。ちなみに料金も送料込みのお値段なので、イベントの方が少しやすいですよ!Code:NEW40はここに載ってないものもあるのでイベント組はそちらで期待してもよいかも。また超過去作品のZINEや完売してしまったエターナルサンシャインのZINEも増版してwebサイトで購入可能です。イベントに行かないけど欲しいという方は是非検討してみてください!

https://itsyou.stores.jp

出展者のZINEや雑貨を買ってみたい!

出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出展者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日の日ごとに出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!また、私のZINEやスタッフの商品は入り口のスタッフ販売ゾーンで販売いたします^^

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)

【場所】

・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分

【入場料】

・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください

・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。


【店内撮影について】

メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします

【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!

【マナーにご協力ください】

●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。

●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

 

 

 

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 



カテゴリ : etc ZINE
タグ :
コメントを送る











  • ZINEや雑貨の販売交流会、TINYZINE season5 イベントレポート! #tinyzine
  • 4/29.30 ZINE・雑貨販売イベントの近くで食べれる恵比寿でおすすめのランチや喫茶店を紹介♡ #tinyzine
  • ZINEや雑貨の販売・交流会、TINY ZINE season5 4月29日30日 恵比寿で開催!
  • 横浜美術館のNUDE展を読み解く
  • bigger mariaの新しいZINEが完成 #tinyzine




  • DESIGN
  • etc
  • interior
  • interview
  • music
  • NEXT IT interview
  • NYC
  • OUTFIT
  • profile
  • SEX
  • travel
  • youtube
  • ZINE




  • インスタをおしゃ得れに守る方法。 に maria より [02/22]
  • インスタをおしゃ得れに守る方法。 に 匿名 より [02/16]
  • ネットTVが大ブーム!アメーバーTVでおすすめなテレビ番組 に 匿名 より [11/17]
  • 世界一美味しいフルーツたっぷりのサングリアが飲めるお店 に 匿名 より [10/15]
  • ZINEの作り方#ZINEhonatama_ より [10/09]




  • 2018年5月 (1)
  • 2018年4月 (7)
  • 2018年3月 (8)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (7)
  • 2017年11月 (8)
  • 2017年10月 (8)
  • 2017年8月 (8)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (8)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年4月 (8)
  • 2017年3月 (8)
  • 2017年2月 (8)
  • 2017年1月 (8)
  • 2016年12月 (3)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (8)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (8)
  • 2016年7月 (4)
  • 2016年6月 (8)
  • 2016年5月 (8)
  • 2016年4月 (8)
  • 2016年3月 (8)
  • 2016年2月 (8)
  • 2016年1月 (10)
  • 2015年12月 (10)
  • 2015年11月 (10)
  • 2015年10月 (10)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (11)
  • 2015年7月 (10)
  • 2015年6月 (7)
  • 2015年5月 (8)
  • 2015年4月 (10)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (8)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (9)
  • 2014年10月 (10)
  • 2014年9月 (9)
  • 2014年8月 (11)
  • 2014年7月 (10)
  • 2014年6月 (12)
  • 2014年5月 (10)
  • 2014年4月 (10)
  • 2014年3月 (13)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (11)
  • 2013年12月 (12)
  • 2013年11月 (13)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年9月 (11)
  • 2013年8月 (8)