バンクシーが東京にボム?でも待って。今東京のストリートアートは沢山消されてるのに…最高に皮肉の効いた事態に!

Posted on

 

 

 

 

また、バンクシーが話題になってますね。

シュレッダー事件でバンクシーと

ストリートアートの知名度が上がって個人的には嬉しい限りですが…

バンクシーにとっては…ちょっと違うかも?

 

 

 

以前の記事(URL)でバンクシーについていくらか説明したけど

彼は自分の作品があまりにも高額になったり

大きく評価されることが嫌いで

皮肉を込めて作品を作り続けてる。

 

 

 

日本は「落書きは違法」

世界的に見てもかなり厳しい方じゃないですかね?

ストリートアートの肩身はかなり狭いでしょう!

 

 

 

しかし、今回は面白い事に

「知事がツーショットをとった上で保管された」という事。

 

 

 

実は何度か紹介したストリートアート…

東京にあった有名なアーティストの物も結構撤去されちゃったんです。

この記事(URL)の作品ね。私大好きなのに…

このアトムはもういない。

 

 

 

 

 

そう、何をもってして価値のあるアートなのか。

落書きとアートの違いって何?

日本の法律で言ったら他のアーティストのように

バンクシーも消されるべきだったはず。

でも彼は評価され、残された。

 

 

 

皮肉屋バンクシーは何を思うのでしょうね。

アートって本当に不思議…

 

 

それにしても…バンクシー保管するなら

インベーダーのストリートアートも消さずに

残して欲しかった!!!悔しい…

 

 

 

そういえば数年前バンクシーが東京にボムした?

って噂になったアートは消えてたな。

もし今回も前回も本物なら

本当に皮肉の効いた面白い事態になってるよね!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

◀ このブログのトップページへ