SOUNDTRACK OF MY LIFE|#5 childspot – 夜の探検 #現役高校生バンド

Posted on

 

 

 

アーティストも曲名も知らず

ただapplemusicのプレイリストで流れてきただけなのに

歌詞に吸い込まれていきました。

 

 

 

ずーっと家にいた今年の春と初夏。

きっと多くのひとが経験したような

自分って何?とか、

今やってること・生活に対する問いかけとか

なんかよくわかんないとこまできちゃって疲れたみたいな・・

でもなんか原点回帰できたような気もする・・みたいな。

あぁゆう時間。

 

 

 

歌詞がポエティックで、魅力的

オレンジと青と紫の淡い光」は

昼から夜の境目を空の色で表していて

起きたての主人公はそれを「遅い朝」と表現している。

まるで、それがもう夜だということを

どこかで認めたくないみたいな感じもある。

 

 

部活帰りの学生」「薄着の子供

外には普通の生活が流れている。

そんなとき自分を責めたくなるような

自己嫌悪的なムードが押し寄せてくる。

 

 

けどそこから完全に夜と認めて

主人公が開き直る瞬間がある。

 

 

何も気にしなくていいよ

ただ夜の風に包まれに行こう

まるで自分ともう一人の自分が会話してるような感じ。

 

 

風の音、星の綺麗さ、

そんな昔の子供時代にときめいていたものに

もう一度ときめいた瞬間

私たちは何かハッと気づいた。

 

 

・何を気にして自分を責めた?

・自分を責めて何がいいことがある?

責めたいこと、嫌なこと

なくすことはできないから

夜に預けて」何も気にしないっていう

表現がすごく好きで、今年らしい歌だな〜と思いました。

 

 

アーティストはchildspotというバンド。

 

グルーヴとジャンルレスな感覚で自由に遊ぶネクストエージ。 chilldspot(チルズポット)とは、chill , child , spot , pot を組み合わせた造語。

child・・・子供心をいつまでも忘れずに!
pot・・・その人が日常で使っている容器のように、寄り添える色々な曲を提供したい!

メンバー全員2002年生まれ。 東京都出身の4人組みバンド。 2019年12月に結成し活動開始。

 

なんと現役高校生らしい。天才。

これからも注目していきたい。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

◀ このブログのトップページへ