月別アーカイブ: 2018年3月


ZINEをつくろう!vol.6 -どうやったら売れるの?売るためのノウハウ-
投稿日 2018年3月30日




ZINEをつくろう!

2018年4月29日、30日にblogger mariaがプロデュースするZINE,雑貨の販売交流会(@tiny_zine)があります。まだまだ出展を考えている人、出展有無かかわらずZINEを作ってみたいという人たちのために、ZINEに大切なアイディアやコンセプトの作り方を紹介しようと思います。実際このやり方はコンセプトメイキングという大学で教わるようなやり方ですので、難しい内容かもしれませんが、できるだけ皆さんにわかりやすい記事にしようと思いますので、是非読んでみてください!このやり方はZINEだけでなく、作品制作、商品企画、はたまた人生設計にも使えるものなので気になる方は読んでみてくださいね。

ZINEを作って販売してみたい方は、是非TINYZINEに出展してみてください!

 ⏬

募集要項に進む

(定員に達次第終了している場合もございます)

 

-どうやったら売れるの?売るためのノウハウ-

ZINEをつくった、値段でアプローチをした、次にやることは作品を売り込むこと。ただぼうっとしているだけでは基本作品は売れません。しかし初めて販売する人にはどうすればよいかわからないこともありますよね。今回は作品を売るためのノウハウをアドバイスとして紹介しようと思います。・・・とはいっても売り方は実にシンプル。しかし勇気のいる方法だったりするのです。

SNSで拡散しまくる。

当日になるまでにすることが呼び込み、そして拡散。自分のフォロワーが少ない人でもするのとしないのでは変わってきます。作品が当日までできない人でも、製作途中の風景などを撮ってアップするだけでも変わります。ちなみにTINYは#tinyzineやタグ付けをするとリグラムする方式を取っているので、少なくともTINYに興味のある人やくる人の目に行くことができますよ(宣伝)。

とにかく話しかける。

いざ本番!当日にすることは、とにかく話しかけること。基本日本人はシャイなので、こちらからアピールしなければ、興味があっても通り過ぎるだけになってしまいます。狙った獲物は逃さない。草食な人もこの時ばかりは野獣になりましょう。話しかけるキーワードはなんでも良いです。もちろん作品に目がいったら作品を通して話しても良いし(作品を通してコミュニケーションを広げることがTINYの一番の目的です)。この人には作品を見てほしいと思えば、相手のことを褒めて(今日の服かわいいですねなど)引き止めても良いし、今日ちょっと寒いですね、GWなにするんですか?なんて、どうでもいい話から始めてもいいです。消費者とのコミュニケーションをたくさんつなぎ止めればその分だけ自分に興味を持ってくれる人の倍率はあがるし、買ってくれる人の倍率も上がります。こんなこというと商業的すぎやろ、と言われてしまうかもしれませんが、私が言いたいのは、お客さんとコミュニケーションすることがとても大事だということです。たとえ売れなくても、そこでつながった輪は必ずあなたに影響を及ぼしてくれます。もちろん批判的な立ち位置で物事をいってくる人もいますが、それをどう受け取って生かすか生かさないかも大事だったりします。

 

意図やコンセプトを伝える

案外人って作品みてもその意図や作られる工程の苦労なんてわからないものです。それこそ、伝えなきゃ伝わらない。簡単に自分の作品はどんなことを表現したのかを言えるといいです。そこで興味を持ってくれたらもっと深く説明してみましょう。そこでおすすめなのが「プロセスブック」です。作品を作るまでに使った絵コンテなど作品の工程などをまとめたり、絵であれば原画、写真ならボツにした写真でもいいです。それがあるとなぜ作品を作ったか、この作品にはどんな思いがあるのかなど、作品の価値観をアピールすることができます。それになにもないよりはそういったプロセスブックをかえすだけでも話の話題になるので、話すことが苦手な人は、プロセスブックが傍にあるだけで、お客さんの足の止まり方も違ってきます。

作品の売り込みは基本当たって砕けろ。

どんな接客商売でも基本は当たって砕けろです。それにTINYは初心者さんもやりやすい空間作りを目指していますので、より実践しやすいと思います。最初は下手でも、こう言えばお客さんは目をとめてくれるな、今度はこう言ってみようとトライしてください。失敗は怖いことではないので気にせず行っていきましょう。また、お客さんと会話することで、自分の作品がどう興味を持たれるのか、どういうところに感動してくれるのかなど、客観的な意見を感じとれるのが作品を通したコミュニケーションの大変面白い部分です。また、こちらも実践して欲しいのが、お客さんだけでなく、同じ出展者さんにもたくさん話しして欲しいということです。作り手からみた意見もお客さんの意見と違ってまた新たな発見があります。TINYは作品を通して話すことで、様々な発見や可能性がみつかる場所です。自分ではできなかったことが隣の出展者さんができたりすることもあります。過去4回開催しているTINYですが、TINYで知り合って作品の輪を広げている出展者さんがたくさんいて、それがTINYの喜びでもあります。ぜひ、作品を通してたくさんコミュニケーションしてみてくださいね。

bigger mariaにZINEについて聞いてみよう!

2018.3月-4月30日まで TINYの@LINEにて ZINEに関する筆問を承っています!気になることがありましたらご連絡くださいませ。場合によっては記事にもする予定です。

 

出展者のZINEや雑貨を買ってみたい!

出展するのは難しいけど、出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出展者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日の日ごとに出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)

【場所】

・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分

【入場料】

・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください

・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。


【店内撮影について】

メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします

【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!

【マナーにご協力ください】

●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。

●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

 

 

 

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 

 

 



カテゴリ : ZINE
タグ :
コメントを送る




ZINEをつくろう! vol.5 値段の付け方 #tinyzine
投稿日 2018年3月26日




ZINEをつくろう!

2018年4月29日、30日にblogger mariaがプロデュースするZINE,雑貨の販売交流会(@tiny_zine)があります。まだまだ出展を考えている人、出展有無かかわらずZINEを作ってみたいという人たちのために、ZINEに大切なアイディアやコンセプトの作り方を紹介しようと思います。実際このやり方はコンセプトメイキングという大学で教わるようなやり方ですので、難しい内容かもしれませんが、できるだけ皆さんにわかりやすい記事にしようと思いますので、是非読んでみてください!このやり方はZINEだけでなく、作品制作、商品企画、はたまた人生設計にも使えるものなので気になる方は読んでみてくださいね。

ZINEを作って販売してみたい方は、是非TINYZINEに出展してみてください!

 ⏬

募集要項に進む

(定員に達次第終了している場合もございます)

 

 

根本的な商品の値段の付け方。

基本的な商品の価格の決め方は「原価 x(利益率)% = 売値」。当たり前のことですが、原価を下回ってしまえば、元もこうもないですよね。なのでZINEを一体どれくらいの費用がかかったのかを計算し、その原価以上の価格を販売数云々も考えながら算出することが基本となります。しかしいくら原価割れしない価格でも売れない価格ならさびしいもの。次に考えるのが、いくらの値段にすれば、消費者の心を引きつけるかです。

 

ターゲットを把握する。

次にあなたの作品をどんな人に売りたいかを考えます。もしくはどんな人が買ってくれそうかを考えます。幅広いターゲットよりはざっくり年代とどの辺りの層の人たちなのかを絞った方が売りやすくなります。ターゲット層を決めたら、次にそのターゲットはだいたいいくらぐらいのものを相場として買うのかを調べて見ましょう。Tシャツ1万円ならセレブの人なら買うだろうし、むしろそんなシャツを買いたいと思う人もいます。しかしギリギリ生活の人は買いたいと思いません。しかしながら逆に100円のドンキーホーテのTシャツはギリギリ生活の人には大変好評で売れますが、セレブはそんなもの欲しいとも思わないでしょう。ではあなたの目指しているターゲットはどの値段ならTシャツを買いますか?100円じゃあ安すぎて買ってもなぁと思うし、1万円なら高すぎて買えない!いくらの値段が相場でしょうか。それがわかれば自ずと値段を決めやすくなります。

 

値段は作品とは別の、初めて見る人に見せるプレゼンテーション

例を上げると、あるジュエリーブランドのデザイナーがなかなか売れない作品の価格をあげたら買ってくれる人が増えたという例があります。値段が高くなるとなかなか売れないのでは?と思うかもしれませんが、この場合は値段をあげたことにより、消費者の丁度良い相場を当て込むことができたのです。消費者は原価なんて知ったことではありません。消費者が見てるのは自分にとって丁度良い、またはちょっと背伸びしたら買える値段によって自分をプラスにできるかどうかを探しています。

 

値段で価値が左右される

作品を作って貴方がしなくてはならないのは、「値段という価値のコントロール」です。値段を高くするとそのものに対する「価値」が生まれます。値段が高くなれば「価値」は一般的に高くみられ、値段が下がれば一般的に価値が低くみられます。これは値段のトリックであり、人間の心理効果をコントロールすることができます。初めての人があなたの作品を見た時ビビビッときたら値段なんか関係なく買ってくれると思いますが、値段は初めてあなたの作品をみて感じる価値観でもあります。高く売れと言っているように感じますが、そういうことではありません。あなたの作品をみて消費者が直感的に感じた価値の重さと貴方の作品につけた価値の重さがJUST MEETしているか、もしくは貴方の提示している価値の重さが消費者が手を伸ばして 変える価格になっているか。いわゆる消費者と作り手の駆け引きなのです。

 

 

値段って難しい!!

それでも始めて作るし、どんくらいの値段が相場かわからん!という方は似たようなものから値段を算出したり、もしくはイベント当日に周りをみて値段を決めるのも方法の一つですよ!ZINEはブランドものの商品や雑誌と違い、自由に売るものですから値段も時には1万円にして時には100円で言っても怒る人はそうそういないと思います。だってZINEですからね。また、TINYはローティーンから20代前半が多く主に女性が多いので、TINYに出展しようとしている方はこちらを参考に値段を考えてみてくださいね!

 

bigger mariaにZINEについて聞いてみよう!

2018.3月-4月30日まで TINYの@LINEにて ZINEに関する筆問を承っています!気になることがありましたらご連絡くださいませ。場合によっては記事にもする予定です。

出展者のZINEや雑貨を買ってみたい!

出展するのは難しいけど、出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出展者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日の日ごとに出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)

【場所】

・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分

【入場料】

・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください

・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。


【店内撮影について】

メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします

【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!

【マナーにご協力ください】

●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。

●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

 

 

 

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 

 

 



カテゴリ : etc ZINE
タグ :
コメントを送る




ZINEをつくろう!vol.4 -ZINEを作るなら知ってても損はない紙のノウハウ- #tinyzine
投稿日 2018年3月22日




ZINEをつくろう!

2018年4月29日、30日にblogger mariaがプロデュースするZINE,雑貨の販売交流会(@tiny_zine)があります。まだまだ出展を考えている人、出展有無かかわらずZINEを作ってみたいという人たちのために、ZINEに大切なアイディアやコンセプトの作り方を紹介しようと思います。実際このやり方はコンセプトメイキングという大学で教わるようなやり方ですので、難しい内容かもしれませんが、できるだけ皆さんにわかりやすい記事にしようと思いますので、是非読んでみてください!このやり方はZINEだけでなく、作品制作、商品企画、はたまた人生設計にも使えるものなので気になる方は読んでみてくださいね。

ZINEを作って販売してみたい方は、是非TINYZINEに出展してみてください!

 ⏬

募集要項に進む

(定員に達次第終了している場合もございます)

♥掲載予定記事♥

どんなZINEにしようか思いつかないという方に。アイディアの閃かせ方(3/8up)

②コンセプトが思いつかない!まとまらない!コンセプトの固め方(3/15up)

③コンセプトとか面倒くさいやついらん!ズボラZINEは案外ZINEらしい(3/18Pup)

④ZINEを作るなら知ってても損はない紙のノウハウ(3/21up)

⑤価格と価値について考える(未定)

⑥どうやったら売れる?おすすめの売り方(未定)

(他)

 

 

ZINEを作るなら知ってても損はない紙のノウハウ

今回はZINEを作るにあたっておすすめできる紙のノウハウを紹介します。


自宅で綺麗に印刷するなら「きれい印刷」設定

また鮮やかな色を印刷したいなら「スーパーファイン紙」がおすすめ

ZINEで一番リーズナブルな量産印刷はやはり自宅印刷ですよね。普通に印刷するのも良いですが、綺麗な写真などを印刷したい場合は印刷時に「きれい設定」をして印刷しましょう。インクがだいぶ減りますが、それだけでも印刷の綺麗度が全然違います。パソコンやコピー機によって表示方法は違いますが、大体は「印刷」をクリックしたら「プレビュー」➡︎「品位と用紙の種類」➡︎「印刷品質」で「きれい」を設定する形だと思います。あえて粗めに印刷するなら「早い」という設定にするなど方法があります。

またより色味にこだわり、特にビビットカラーをより鮮やかに出したい人は印刷する紙を「スーパーファイン」というものにすると良いです。コピー紙ではくすみがちな色味がこの紙だと結構鮮やかに出力することができます。ビックカメラなどの電化製品店にも売られているので是非チェックしてみてください

紙を選ぶなら”新宿世界堂”がオススメ

コピー紙のZINEに飽きたら少し紙にこだわりを持ってみてはいかがでしょうか。いろいろな紙を見てみたいなら新宿の世界堂がオススメ。2階のエスカレーター登って奥の方に紙コーナーがあるのですが、世界堂にはたくさんの種類の紙があるのが特徴です。紙の厚さ、色、柄、素材、そして価格に関しても世界堂が一番オススメできます。紙のサイズをミニマムな名刺サイズからA1までそろているので、大きめのサイズ希望の方は店員さんに注文してみましょう。また行った際必ず目を通してほしいのが道路側の一番奥にある紙工房。サンプル紙が置いてあり、一括でいろいろな紙を比較することができます。表紙だけ色紙にしてみる、間に遊び紙を入れてみるなど、いろいろなことができそうです。特殊紙の場合印刷が難しい場合もあるので店員さんと相談してきめると良いでしょう。

気軽にDIY印刷できるお店なら

自宅に印刷機がないけど自分で印刷してみたい!という方は「Edit Net プリンテック」というお店がおすすめ。データーをpdfにしたものをUSB等で持って行ってその場で印刷できます。jpegでもお店にあるパソコンでodf変換はできるみたいです。あとタダで印刷できる紙が何種類かあり、有料ベースの紙もあるので、その場で紙を選びながら出力したい!という方はここがオススメですね。もちろん持ち込みも可能ですが物によってはできない紙もあるみたいなので店員さんに相談してみましょう。一般的に、有名なキンコーズも手軽に印刷できるのと各地域にあるチェーン店なのでおすすめです。

またコンビニでも心の良い店員さんだと、紙を変えてできるので、コンビニで印刷する際は店員さんに相談してみてください。

スキャン持っていない人はアプリを利用

自分の絵をパソコンやデーターとして取り込みたいけどスキャナー持っていないという方はアプリを利用するのも手。今時のアプリは操作も簡単なのにクオリティも高いのでとてもオススメできます。おすすめは「フォトスキャン」。

こだわりの印刷業者に頼むなら

お金にも余裕があるし、ちょっとこだわって印刷してみたいという方は「Print-ON」という印刷会社さんはどうでしょう。こすると香る香り付き紙、ぬいぐるみのようなモコモコ素材やフサフサ素材にできたり、ご祝儀袋の水引きやレース模様にカッティングされていたりなど、ここの印刷会社さんは一癖ある印刷方法が楽しめます。

bigger mariaにZINEについて聞いてみよう!

2018.3月-4月30日まで TINYの@LINEにて ZINEに関する筆問を承っています!気になることがありましたらご連絡くださいませ。場合によっては記事にもする予定です。

 

出展者のZINEや雑貨を買ってみたい!

出展するのは難しいけど、出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出展者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日の日ごとに出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)

【場所】

・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分

【入場料】

・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください

・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。


【店内撮影について】

メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします

【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!

【マナーにご協力ください】

●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。

●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

 

 

 

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 

 

 



カテゴリ : etc
タグ :
コメントを送る




ZINEをつくろうvol.3 ズボラZINEを作ってみる!
投稿日 2018年3月19日




ZINEをつくろう!

2018年4月29日、30日にblogger mariaがプロデュースするZINE,雑貨の販売交流会(@tiny_zine)があります。まだまだ出展を考えている人、出展有無かかわらずZINEを作ってみたいという人たちのために、ZINEに大切なアイディアやコンセプトの作り方を紹介しようと思います。実際このやり方はコンセプトメイキングという大学で教わるようなやり方ですので、難しい内容かもしれませんが、できるだけ皆さんにわかりやすい記事にしようと思いますので、是非読んでみてください!このやり方はZINEだけでなく、作品制作、商品企画、はたまた人生設計にも使えるものなので気になる方は読んでみてくださいね。

ZINEを作って販売してみたい方は、是非TINYZINEに出展してみてください!

 ⏬

募集要項に進む

(定員に達次第終了している場合もございます)

♥掲載予定記事♥

どんなZINEにしようか思いつかないという方に。アイディアの閃かせ方(3/8up)

②コンセプトが思いつかない!まとまらない!コンセプトの固め方(3/15up)

③コンセプトとか面倒くさいやついらん!ズボラZINEは案外ZINEらしい(3/1Pup)

④ざっくりとしたZINEの種類(未定)

(他)

 

 

コンセプトとか面倒くさい!ズボラ積立式ZINE

以前紹介したのがコンセプトをしっかり組み立てて作りたい方向けZINEでした。しかしながらコンセプトZINEはかなりの労力と時間と費用がかかります。そんなの面倒くさい、そんなことするくらいなら恋人とデートした方がマシという方に朗報、ZINEはズボラ方法が実はZINEっぽかったりするのです。コンセプトを決めてというのは大作なアートや本を作るのに似ています。しかしZINEはその辺の切れ端にちょいちょいって絵を描いてホッチキスで留めるだけのものでもZINEです。お手軽に作れるのがZINEですので、大きなアクションはあってもなくてもいいのです。

日々やってるやつ、溜めといて出せば良い

例えば毎日一枚、イラストを描いている。ちょっとしたポエム書いている。飼っている愛犬の肉雄だけ撮っている。そうやって日々続けているものありませんか?そういったものを溜めといて、スキャンしてあるいはそのままホチキスで留めて冊子にする。これもZINEです。これぞTHE積立方式ZINEです。ZINEつくるぞ!と1からやろうとするのはエンジンに負荷がかかりますが、毎日やっているものをまとめるだけなら労力そんなにかかりません。

 

思い出はゴミでもとっとく

ある喫茶店でコースターに友達と書いた落書き、チューインガムの包み紙、バレンタインデーにもらったドキムネなレター。宝もの箱に入れているやつ、ZINEになります。こちらも積立方式です。いってみればほぼ日記帳のようなものです。

ZINEは楽しく作って!

伝えたい大きなことや表現したい何かがあるならコンセプトZINE、手軽にさくっとつくってみたい、タンスにしまっている私しか知らない記憶たちを一冊にまとめたいと言う方は積立ズボラZINEがおすすめ。楽しくZINEを作ってみましょう。

bigger mariaにZINEについて聞いてみよう!

2018.3月-4月30日まで TINYの@LINEにて ZINEに関する筆問を承っています!気になることがありましたらご連絡くださいませ。場合によっては記事にもする予定です。

 

出展者のZINEや雑貨を買ってみたい!

出展するのは難しいけど、出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出展者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日の日ごとに出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)

【場所】

・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分

【入場料】

・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください

・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。


【店内撮影について】

メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします

【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!

【マナーにご協力ください】

●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。

●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

 

 

 

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 

 

 



カテゴリ : etc ZINE
タグ :
コメントを送る




ZINEを作ろう!vol.2-コンセプトのまとめ方-
投稿日 2018年3月15日



ZINEをつくろう!

2018年4月29日、30日にblogger mariaがプロデュースするZINE,雑貨の販売交流会(@tiny_zine)があります。まだまだ出展を考えている人、出展有無かかわらずZINEを作ってみたいという人たちのために、ZINEに大切なアイディアやコンセプトの作り方をお教えしようと思います。実際このやり方はコンセプトメイキングという大学で教わるようなやり方ですので、難しい内容かもしれませんが、できるだけ皆さんにわかりやすい記事にしようと思いますので、是非読んでみてください!このやり方はZINEだけでなく、作品制作、商品開発、はたまた人生設計にも使えるものなので気になる方は読んでみてくださいね。

ZINEを作って販売してみたい方は、是非TINYZINEに出展してみてください!

 ⏬

募集要項に進む

(定員に達次第終了している場合もございます)

♥掲載予定記事♥

どんなZINEにしようか思いつかないという方に。アイディアの閃かせ方(3/8up)

②コンセプトが思いつかない!まとまらない!コンセプトの固め方(3/15up)

③コンセプトとか面倒くさいやついらん!ズボラZINEは案外ZINEらしい(未定)

④ざっくりとしたZINEの種類(未定)

(他)

 

 

コンセプトが思いつかない!まとまらない!コンセプトの固め方

コンセプトとはZINEに大きな意味合いを持たせる大きな主軸となるもの。コンセプトを固めることによってZINE制作の「ゴール」が明確になります。コンセプトをきっちり固めておけば、物事の制作工程にありがちな、「もともとこんな風に作る予定じゃなかった!」「いつの間にかこんなことになっていた・・・」と言ったような作品のブレがなくなっていきます。

コンセプトの形の生み出し方は3つのパターンがある。

前回お伝えした、アイディアの閃く場所が人によって違うように、コンセプトの生み出し方(ないし生み出され方)も人によって変わっていきます。大きく分けて4つのパターンがあり、これも自分がどのパターンかどれかを把握しておくことで、やり方が明確になり、制作も楽になるし、時間短縮にもつながります。ではでは気になるパターンはと言いますと、下記のパターンに分かれます。

♥コンセプトのパターン♥

①手で形を作っていくうちに自分のやりたい形が見つかるタイプ

②やりたいことがイメージで出てくるタイプ

③やりたいことが言葉で出てくるタイプ

④やりたいことがイメージと言葉がほぼ同時に出るタイプ

①手で形を作っていくうちに自分のやりたい形が見えてくるタイプ

このタイプは目的をもって行動するよりは、直感的に手を動かした方が自分の作品の形がみえてくるタイプです。こういったタイプは、まずはなにも考えず、行動することが大事です。写真をとにかく撮っていく。絵や文章をとりあえず100枚描く、粘土で形を作って好きだなという形を100個つくる、といったようにとにかく仮の形をならべくたくさん作っていくことです。細かい失敗や修正は気にせずやることがコツになります。この段階でピンと閃いた方は、その工程をやめて②や③や④の人の工程に進んでも良いです。そうでない人は、100種類作った仮の作品たちをまずは視覚化、つまり自分の目にすべてが映るようにしてください。方法としては大きな壁にすべての作品を貼り付ける、広い床に並べてみる、など。難しい場合はある程度数を絞っても良いです。自分の目にすべて入るようになったら、直感的にいらないものを取り除いてください。「いる」と直感的に感じたものだけ残ったら、今度はその作品を解読していきます。解読方法はこれまたパターンがあり、付箋に文字を書き込み、言葉によって作ったものをを解読していく方法や、やはりこれまた手を動かし、気に入った部分だけ抽出して作り直したり、いらない部分を排除して作り直したりします。次第に自分が作りたかった形にまとまってくると思います。この直感型タイプの制作の場合、かなりの行動力を要しますので、アグレッシブな精神と諦めない心が必要になってきます。

♥まとめ

1)まずはとにかく100回試す⇨ここでピン時た方は②や③や④の工程に進む。

2)100の種類の仮作品を視覚化して直感的に取捨選択する

3)言葉や再度作品をブラッシュアップして最終的に自分の好みの形に仕上げる。


②やりたいことがイメージで出てくるタイプ

こんなイメージのがやりたい!!!という映像や画像的なイメージがでてくるけど、そこから自分のやりたい本質的なものが見えてこない・・・・という方はイメージが出てくるが、言葉によるコンセプト作りが足りない人です。なのでここからはやりたい部分の言葉を固めていきましょう。まずはそのイメージに近い画像やイメージをコラージュを作ります。ここでのポイントは、イメージが1度で目に入るようにすることです。冊子ようなもので次のページに行くものにすると、イメージの要素が一旦そこで区切られてしまい、ページごとにイメージが変わってしまう可能性があります。コラージュ方法も、参考となる写真のいらない部分は出来るだけ切り捨てている部分だけ使用してください。ZINEに対する大きなイメージが決まれば1ページごとのイメージも同じ方法でできるので、まずはZINEの主軸になるイメージを探していきましょう。全体的なイメージのコラージュが視覚化できたら、それを今度は解読していきましょう。ここは言葉で、写真から様々な言葉を探してください。そこからだんだんと詰めていき、主軸になる抽象的だけど明確的(本質的)な言葉が見つかります。これがコンセプトになります。ふわふわとしたイメージが視覚化することと、言葉でも把握することによって、よりしっかりしたコンセプトになるのです。

最後にコラージュと言葉のコンセプトを見比べ、ズレがないかをチェックします。ズレがある場合は削除したり編集したりして、できるだけ二つを近いものに寄せていきます。これで大きなコンセプトは明確化できました。そこから、何ページ必要なのか、一枚ずつの絵のビジョンは?などと言ったような絵コンテを作って良いでしょう。そしてもう一つ大事なのが制作過程で、ZINEが完成するまで、自分の一番見える位置にイメージと文字のコンセプトを張ってください。常に見られるように写メしておくとさらに良いです。制作中はそれと見比べ、ずれがないかを、常に見比べることが大事です。

♥まとめ

1)やりたいと思うイメージに近いものをコラージュする(1枚にまとめる)

2)そのイメージを解読する(ここは言葉を活用すると次のステップに行きやすい)

3)やりたいイメージと言葉がしっかりリンクしてまとめられたら、絵コンテなのでページを固めていく

③やりたいことが文字で出てくるタイプ

このタイプの人は、「面白いZINEが作りたい」「真っ赤がテーマのZINEが作りたい」など、イメージより、抽象的なやりたいこと出てくるが、そこからどうすれば良いかがわからない、と言った人が多いようです。こういった人の場合は、まずはその「やりたいテーマ」を視覚化しましょう。そのテーマを紙の真ん中に書くだけでOKです。言葉を使ってどういった方法があるのかを破線状に伸ばしていきましょう。「真っ赤がテーマ」なら、「紙を赤くしてみる」とか、「写真の被写体すべてを赤い色にして撮ってみる」とか、「赤がテーマな小説を書いて文章で攻めてみる」とか、アイディア自体は一個一個違っていて良いです。難しければ、webなどを用意たりしてアイディアを拾ってきてOKです。イメージ写真の場合はあえてその写真は印刷せず、言葉を使ってアイディアを入れ込みます(そのイメージを引きずりすぎないためです)

アイディアを書いたら、その中で一番ピンとくるものをひとつ選び、新しい紙の真ん中に、最初やりたいテーマとその下に選んだ1つのアイディア書きましょう。また文字を使ってアイディアを具体化していきます。

例えば「真っ赤がテーマなZINEをつくる」➡︎「赤がテーマな小説を書いてみる」を選んだとすると、ここから「冊子はあえて真っ白にして文字だけで赤を表現する」「はたまた冊子も文字も赤くしてとにかく真っ赤なZINE」「赤は冊子の形をしているのか?赤いりんごに小説書いてみる」

と、どんどん文字の内容を具現化していきます。あとはそれをエンドレスでどんどん固めていきます。文字はイメージ媒体と違い突発的なアイディアをたくさん書けるので、具体的にどんなZINEにしたいかを文字だけで固めていきます。細かい具体的な部分までいった時点になったら、絵コンテに移り、それに近いイメージ写真を持ってきても構いません。

♥まとめ

1)やりたい言葉を紙の真ん中に書いて、どんな方法、やり方でできるかを破線状に書いてみる。

2)その中で一番自分がやりたいと思うものひとつ選び丸をする、新しい紙に丸で囲った文字だけを書いて具体的なZINEの形を決めていく。

3)具体的なZINEのビジョンがしっかり見えたら絵コンテなどでページを固めていく

 

④やりたいことがイメージと言葉が同時に出るタイプ

こういった人は②と③が同時にできている人になります。こういった人はかなり移り気な性格なので、アイディアの方向性が変わらないうちにイメージに近いコラージュと文字をリンクさせていく必要があります。文字とイメージに誤差がないか。ある場合は近づけるか、どちらかを切り捨てることかが必要になります。同時にでてくるので手が4本必要になってきますので、出来るだけ素早く形にまとめましょう。常に二つを見比べ最終的に②と同じようにコンセプトとイメージコラージュをしっかり固めそれをみながら制作していきましょう。

♥まとめ

1)気分が変わらないうちに②と③の形でまとめる。

2)双方に違いや差がないか見比べる、ある場合はいらない部分を切り捨てたり、付け足して二つを並べく近づける。

3)この二つを常に意識しながら絵コンテにまとめていく。

 

視覚化することで脳が整理される

以上が大まかなコンセプト作りのやり方になります。おそらく、こういった方法をしていくうちに自分のやりやすい方法が見つかると思うので、その方法をまずは見つけ出してください。自分らしいコンセプトの作り方が見つかると、後々つくる制作物がスムーズにいくはずです。最初は時間がかかりますが、2回3回とやっていくと、次第にスピードアップしていきますよ!また、この方法もすべての方に当てはまるものではありません。やり方につまづいたら都度色々な方法を試してみてください。コンセプトメイキングにつまづく人は基本すべてのことを頭の中でやろうとしてしまう人です。超プロになると頭に引き出しができてそう言ったこともできるらしいですが、なかなかそんな簡単にはいきません。ZINEを作りたい!こんなのがやりたい!と思ったら、どの場合もまずは一度視覚化することが大事です。そして視覚化したものを分析して基盤をしっかりさせること(=コンセプト)。これが大事になってきます。

 

 

しかしこんなことしなくてもZINEは作れる。

ここまで熱く書いたコンセプトメイキングの記事ですが、ぶっちゃけこの方法めちゃくちゃ労力と時間と費用がかかります。こんなんするくらいならコタツで漫画読んでた方がマシという方に朗報。考えずにつくるZINEが実はZINEらしいのです。コンセプトしっかり作ってつくるZINEはそれなりに重い価値観を与えますが、ラフに作るZINEもそれはそれで味がでるのです。なにも考えずに作れるのもZINE。次回は直感型ZUBORA ZINEを紹介します。

bigger mariaにZINEについて聞いてみよう!

2018.3月-4月30日まで TINYの@LINEにて ZINEに関する筆問を承っています!気になることがありましたらご連絡くださいませ。場合によっては記事にもする予定です。

 

出展者のZINEや雑貨を買ってみたい!

出展するのは難しいけど、出展者のZINEや雑貨を買いたい!見てみたい!または出船者とお話ししてみたいという方は是非是非4月29日30日にイベント会場においでくださいませ。今年はなんと2日間!29日30日出展者メンバーも一部変わりますので、GW初日2日間を是非楽しんでください!

【日時】
・開催日程:2018年4月29日(日祝)、4月30日(月祝)
・時間:13:00~18:00(5H)【場所】・渋谷区恵比寿南1-20-9 スペースさくら 地下1階・1階
・山手線・埼京線・新宿ラインJR恵比寿駅より 徒歩 5分【入場料】・高校生以下→¥400 ※学生証をお持ちください・その他高校生を超える→¥500入場時instagram(@tiny_zine)twitter(@tiny_zine) の提示で¥100 OFF
再入場可(手にスタンプを押させていただきます)※当日のみの入場料です。別日は別途料金がかかります。【店内撮影について】
メインディスプレイの写真撮影、大歓迎!
但し、販売者の商品を撮影する場合は販売者に一言ご確認をよろしくお願いします【宣伝にご協力ください!!】
twitter/instagram 等でイベント風景を宣伝していただけると助かります!
ハッシュタグ #tinyzine タグ付けand @tiny_zine をつけて、イベントを盛り上げましょう!!【マナーにご協力ください】
●素敵なイベントにするためにも皆様のご協力ご理解が必要です。
・他の入場者様や参加者に迷惑をかけるご行為はおやめください。
・ゴミは持ち帰りください。
・店内は火気厳禁となっております。火気製品の使用、喫煙はご遠慮ください。
・施設設備及びディスプレイ等の破損はしないでください。●その他注意事項
・施設の破損や汚すことは厳禁です、万が一してしまった場合、賠償をお願いします。
・貴重品、購入品の管理は自己責任でお願いします。破損・盗難に関しまして主催側は責任を一切負いません。

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

スクリーンショット 2016-01-13 1.41.59のコピー 

 



カテゴリ : ZINE
タグ :
コメントを送る