カテゴリー別アーカイブ: etc


お客さんが値段を決めるレストラン?メルボルンにあるLentil as Anything<3
投稿日 2018年6月17日

 

 

こんにちはまりあんぬ(@it_s_you_)です。
オーストラリアにはちょっと変わったレストランを紹介します。その名も「Lentil as Anything」!シドニーに1店舗、メルボルンに5店舗ほどあるみたいです。どういうレストランかと言うと、料理の値段はお客さんが値段を決めることができるというのです。オーストラリアの外食って結構高いのが難点だったりします(アジアン料理でさえ10度ドル余裕に超えますし、ランチで20ドルとかありますよ^^;)ここに来れば安値を払っても文句は言われません。一応暗黙の了解で5ドル以上は入れた方がいいと現地人が言ってました。もちろん20ドルでも30ドルでも好きなだけ払っても良いですよ!

気になる内装

お店の雰囲気も申し分ないくらいオシャレです。ちょっとした食堂っぽさもあります。祝日には演奏家が演奏していたり、カジュアルな感じです。昔はお酒も持って行って池まで食べ物を持って行ってそこで食べる、何て事も出来たみたいですけど、今はどちらも禁止されています。


ビュッフェスタイルとアラカルトスタイル

日によってビュッフェスタイルとアラカルトスタイルがあるみたいです。私が行った時はビュッフェでした。今回出ていたのはグリーンカレーとトマトスパイスカレー、ココナッツとビーンズのサラダ、デザートはキャラメルソースが使われていました。ちなみにここはベジタリアンのレストランでもあるので、基本は肉や魚類は入っていません。

お会計方法

お会計方法は入り口に赤い募金箱のようなものがあります。その中に好きな金額を入れることが可能です。オーストラリアに来た際は是非行ってみてください<3



カテゴリ : etc
タグ :
コメントを送る




一度は行くべきグレートオーシャンロード♡
投稿日 2018年6月14日

 

こんにちは、まりあんぬです。先日グレートオーシャンロードに行ってきたのですが素晴らしい絶景でしたので記事にしようと思います。

グレードオーシャンロードって?

オーストラリア南東、ビクトリア州沿岸に走る道路(ジーロング 〜ウォーナンブール間)。全てつるはし、シャベル、ダイナマイトを使って人力で16年かかって完成しました道です。世界で一番美しい道”と言われ、美しい海と自然いっぱいの森を眺めながらの爽快なドライブが楽しめることで知られています。

オススメはやはりレンタカーを借りてドライブが一番!

ツアーもありますがやはり自分達のペースで行けるのはマイカーですね、景色がとても良いので、途中でチップスを買って外で海を眺めながらランチというのがいいと思います。

最終地点のTwelve Apostlesにはサンセットに間に合わせるべき。

一番の見所はやはり「12人の使徒/Twelve Apostles」です。この12使途という名前は、キリスト教の12人の使途にちなんで名づけられたものですが、岩が12個あるのかといえばもともと9個しかなかったのだそう。。。。笑 そして水の色味がとても綺麗なので個人的オススメとしてはサンセットに沈むのを狙って行って欲しいです。太陽の赤、海の綺麗な水色、日の光で生まれる絶妙な白の絶妙なバランスはTwelve Apostlesの景色ならでは。マジックアワーの重なるとさらに息を飲む景色に早代わりします。

メルボルンの名所、グレートオーシャンロード、是非行ってみてください<3



カテゴリ : etc
タグ :
コメントを送る




オーストラリアのK-martには安くてかわいい物がいっぱい!
投稿日 2018年6月11日

こんにちは、まりあんぬ(@it_s_you_)です。

雑貨や服、インテリアグッッズが安く手にはいる場所がKmart。オーストラリアのメルボルンは安いのに可愛い!のが特徴です。

 

 

K-martの雑貨でできたお部屋紹介なんてものも動画で作れるほどです。

 

是非ともk-mart立ち寄ってみてください。



カテゴリ : etc
タグ :
コメントを送る




メルボルンってどんな街?
投稿日 2018年6月7日


こんにちは、まりあんぬです。実は今メルボルンで長期滞在しております。というのも、ちょっぴり忙しかったお仕事をおやすみして少し人生を見直したいと思い、今はこのメルボルンで生活しています。滞在から3週間が経ち(あっという間ですね)住んでみてメルボルンはどんなところか書いてみました。

都心はニューヨーク、郊外はロサンゼルスチック。

最初の印象はそんな感じです。都心はやっぱり忙しいイメージがありますね。朝のスタートも早く、その代わり、夕方5時以降には帰宅する人が目立つようになります。変わったビルがたくさんあり、少し日が当たらない感じです。そんなビルの隙間を生かしてローカルなカフェがたくさん並ぶオシャレな小道もあります。郊外に行くと、低めの建物が並び、日本でいう商店街のような感じの風景になります。

多国籍な街。

働きに来ている人、観光で来ている人などもたくさん都心にいるため、アジア系だけでなく中東系など様々な国の人が溢れています。なので言語もたくさんの言葉が行き交っていますね。

 

オススメの場所はFitzroy

個人的にオススメの場所はFitzroyです。ノリ的には下北とか原宿とか代官山を足して2で割った感じで、ローカルなカフェやビンテージの洋服屋さん、アーティストショップなのがたくさんあって、お買い物やウィンドウショッピングにもってこいな感じです。

 

気温の方はアウターが必要な程度

日本は真夏のこの時期、オーストラリアは真逆の冬。ゴールドコーストなどは半袖でも全然平気なのだそうですが、メルボルンはアウターが必須です。よく晴れているひは日向は少し暑く感じることもありますが、日陰になった途端寒いです。夜中や朝方はマフラーも欲しい感じです。日本の2月ほど芯から冷え込むことはないですが12月あたりの気温になるとおもいます。



カテゴリ : etc
タグ :
コメントを送る




ZINEや雑貨の販売交流会、TINYZINE season5 イベントレポート! #tinyzine
投稿日 2018年5月5日

TINY ZINE season5

2018年4月29日30日、プロデュースしているイベント、ZINE・雑貨の販売交流会、その名もTINY(@tiny_zine)の第5回目が開催されました。今回は初めての2日間でありながら1日の入場数が過去最多!二日間でおよそ360人のお客様がいらっしゃいました!今回は当日のイベント模様をレポートしようと思います。TINYとはなんぞや?という方はこちらの記事を読んでね!!(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=9402)

↓また過去のイベント内容はコチラから!!↓

season4(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=8151)

season3(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=6353)

season2(http://www.nylon.jp/blog/maria/?p=4736)

交流すること

私が一番やりたい作品を通して色々なコミュニケーションを取るということです。最初は緊張感があった出展者さんも、時間が経つにつれて喋る声が多くなっていました。そして今回非常に面白かったのが女性が多かったTINYですが入場者に男性が増えてきた事です。これはTINYの新たな一歩かなと思いました。TINYで出会い、作りたい表現の場が広がるのはとても面白いことです。これは私にも言えることなのですが、TINYには様々な人がいて様々な強みを持った人がいます。例えば写真が好きな人、絵が好きな人、文章が好きない人、服を作るのが好きな人、出会えるのは面白いことだと思います。



様々なZINE

だれかが言っていたのですがTINYZINEというイベントは、どうやったら売れるのかではなく、やりたい事をやり切れてその思いを伝えられる人が一番楽しめるイベントなんだなと思いました。どのブースも自分の想いややりたい事が広がっており、その情熱がひしひしと伝わって来る作品が多かったです。


パフォーマンスライブ

前回同様livepaintも開催。今回は出展者から募集を募りました。ライブペイントは実際にどんな絵が描かれるのかはわからないのが魅力。時間が経つにつれ、完成されていく絵の表現が皆違うのがまた面白いです。DJにはブロガーのRiko TanakaとTomokoにやっていただきました!スペースの設備が悪くて不便をかけてしましましたが、素敵なチョイスでイベントが盛り上がりました!また前回に引き続きsaskia tokyoにミュージックパフォーマンスをしてもらいました。リアルタイムで音をミックスし、音楽を作っていくというパフォーマンス。とても素敵なイベントとなりました。(詳しくは動画をみてね!)

thanks staff and more

そしてイベントをサポートしてくださったボランティアスタッフのみなさん!衣月ちゃんソラちゃん、りさこちゃんkanaちゃん、みなさまが沢山の出展者さんや来場者さんがコミュニケーションしてくれたので安心して私は裏方に回ることができました。そして心機一転、グラフィックを担当したeriちゃん!そして会場にお越し頂いた来場者の皆様。遠くから来てくださった方。会話がちょっとしかできなくてゴメンなさい>< 5回イベントをやっていますが、いつも何起きてもわからないのがイベントだと思います(実は裏では色々起きている。それに気づかなかったならサポートしてくださる方のおかげです^^;)まだまだ未熟なイベントですが参加してくださった出展者の皆様、たくさんの人に支えられてイベントは出来ていると改めて思いました。
感謝です。love you!!

 

630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3fスクリーンショット 2016-03-15 0.10.37630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3faa

insta630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3finstatiny630b76a74e427fd821f25e5bc121ec3f

 

 



カテゴリ : etc ZINE
タグ :
コメントを送る