BLOG

NYLONブロガー イヴ(eve)
eve
イヴ
illustrator

美術大学でグラフィックデザインを学び、現在は東京を拠点に活動。 思春期の少女のもつ感情や、人間の欺瞞や不信、愛憎といったものを 作品にちりばめられた様々な要素で鑑賞者の内面に訴えかけている。




“100 Days of Secrets” 誰にも言えない秘密を背負った100人の肖像/Trnz
投稿日 2018年12月11日

以前NYLON10で紹介したおすすめのアーティスト。Trnz。

 

 

 

https://trnz.me/

 

 

こちらがその”100 Days of Secrets” がまとめられている動画。

 

 

アーティストとして活動している彼に5つの質問してみました。

 

Q. どうしてアーティストになろうと思ったの?

A.子供のときから、絵画と芸術の才能があったと思う。学校の授業で、塗り絵をしていて誰よりも早く終えていて、よくクラスメイトに手伝ってって頼まれたことを覚えてるんだ。なにか、自分のイマジネーションを作ることは生き生きとして自分をいつも魅了しているよ。

 

Q.作品を作る時に大切にしていることは?

A.正直に言って、他のアーティストより優れたアーティストはいないと信じてる。それはうまいとか、うまくないとかそういうことじゃないんだけど。諦めない人がアーティストであると思うんだ。もっとも大事なことは、アートを通して自分の思っていることを表現することだと思うよ。自分のモチベーションをもっとあげてくれる、後押ししてくれることを大切にしている。

 

Q.どうして”100Days of Secrets”を描こうと思ったの?

A.ポートレートを丁度描きたいと思ってたときに、人の秘密を聞いて、その人の背中のポートレートを描いたら面白いかな、と思ってはじめたんだ。そしたら、それをみた他の人が感動したりしていたひとが多くてびっくりしたよ。

 

Q.これからどんな活動をしていくのか教えて。

A.最近、絵に集中するために、マニラにスタジオを設置したんだ。それから友達と一緒に、おもちゃや彫刻に取り組んでるんだ。僕が作ったキャラクター(ルーンとベイビーブルーアイズ)に取り組んでいるところなんだ。

 

(Baby Blue Eyes & Loon)

 

 

彼とは以前知人を介して知り合って、ギャラリー巡りをしたことがあるのだけれど、いつもニコニコしていて口調が穏やか。そんな彼の人柄をみていると、自然と絵と一致してくることがたくさんあります。

これは個人的な意見なのだけれど、彼の出身地であり現在も生活しているマニラは治安が好ましくはありません。わたしは子供の頃一度だけ行ったことがありますが、建物の前で銃をみえるように持っている警察官がいたり、教会の前で物乞いをしている子供たちに囲まれたこともあります。そのとき私はものすごいカルチャーショックを受けて、大人になった今でも未だにその光景は忘れられないですし、時々思い出します。

そういった環境下の中で生活をしている彼だからこそ描けたものが、”100 Days of Secrets” だと思っています。

 

秘密は、人によって感じ方が異なります。

他の人からしたら小さなことでも自分にとってはとても大きな秘密であることが多々あります。そんなすべての人の秘密を平等にみて接し、彼のフィルターを通して描かれた彼の100人の肖像画。

ぜひみてみてください。

 

 

 



カテゴリ : ILLUSTRATION
タグ :
コメントを送る




世界堂で見つけた使えるアイテム。
投稿日 2018年11月30日

こないだ世界堂に筆を買いに行ったときに、普段あまり見ないエリアにふらっと足を運んだら、こういうものを発見。

 

 

画家のハンドクリーナー。という名前の石鹸。

いつもアクリルガッシュとか絵の具が落ちなくて、無理やり肌をゴシゴシやって落としていたんだけど、スクラブが入っていて絵の具が落ちやすくなった。今の所肌荒れとかは特にないからとても良い感じ…。

お手拭きシートみたいなのがあるのは知ってたんだけど、こういうのが出てるの知らなかったなあ。たまには自分の求めてる場所とは違うところにいくのも大事だね。

どうしても画材を使うと肌が荒れたりするし。ちょっと普通の石鹸よりは値段がはるんだけど、買ってよかった〜。

 



カテゴリ : ILLUSTRATION
タグ :
コメントを送る




12月1日は世界エイズデー。
投稿日 2018年11月29日

タイトル通り、12月1日は世界エイズデー。

世界レベルでのエイズの蔓延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHOが1988年に制定したもの。今年で30年目を迎えます。

 

 

わたしは先日、区でHIVの検査を受けてきました。

以前、歌人の鈴掛真さんがブログでHIV検査のことを書いていたのを読みました。そのときのパートナーに話をしたら、彼は「相手が変わったら必ず検査にいくようにしてるよ。」と言って誘ってくれて、そこからわたしもパートナーが変わったらいくようになりました。

区でいくと検査結果のときは、正式な証明書を病院と違うのでもらえないんだけど、ちゃんと説明もしてくれます。どこもそうなのかわからないけど、わたしが言ったところは全員女性でした。20分もかからないで終わるし、結構色々な人も来てて、どんよりとかそんな感じは一切ないです。

多分行くのって不安だな〜って思ったり、なんか怖いって思ってる人も中にはいると思うんですが、その不安や怖いってようは、「よくわからない」ということからきてるんだよね。話を変えます。例えば見た目がとても好きじゃない食べ物があるとして、でも頑張って食べたら美味しかった!とかそういう経験と一緒。わからないことは人ってこわい。でもわかってしまったらそんなこと全然ないんだよね。

 

区でもらった本とキティちゃんのクリーンクロス。

 

ところでエイズについてちょっと簡単にまとめてみました。

感染経路は、性行為、血液、母子感染の中から。HIVはエイズを発症してない人からもうつる。

特定のパートナーとしかしていないからって、うつらないとは決して限らない。だってその人だって、過去があるからね。ただ気づいていないだけ、かもしれない。

ほとんどの人が勘違いしていると思うんだけど、コンドームをつけて挿入しないと危ない、はもちろんそうなんだけど、それだけで感染するわけじゃないよ。もちろんコンドームつけてするのは当たり前だけど。オーラルセックス(要はフェラとか)でも感染します。

心当たりは…少しでもあるんじゃないかな?

 

 

今日、駅でコンドームを配布している人たちをみかけました。

みんな多分急いでたり一瞬だったから何を配っているのかわからなかったって人も中に入るかな。もらわなくても、ちゃんと買って、身につけて、もしくは身につけてもらって、自分は大丈夫、という誤った考えがなくなるといいよね。

 

もしもパートナーがコンドームつけないでしたい、検査なんか受けたくないなんて言ったらそういう人は考え直すか、ちゃんと説明してあげて欲しいな。一般的に男性は検査にいくことを嫌がったり、俺は僕は大丈夫、という根拠のない自信を持ち合わせてる人が多い。もちろん女性にもいるけど。でも、ふたりですることなのに、それって自分のことしか考えていないってことだと思わない?彼に嫌われるから言えない、彼に嫌われるかも、なんて思わないで。

そんな人に好かれる必要性の方が、ないよ。

 

 

冒頭でお話した鈴掛真さんは、先日この本を出版されてました。

ご本人はとっても爽やかで気さくな方です。書かれる短歌は優しい世界です。

 



カテゴリ : LIFE
タグ :
コメントを送る




new cosmetics
投稿日 2018年11月17日

季節も気持ちも心機一転して、新しい服新しいコスメがほしい!と思い立って早速デパコス売り場へ。

 

celvokeのアイシャドウの01。ラメが入っているけどクリームタイプなのでコンタクトレンズをしている人もつけやすいと思います。

これ1つでも可愛いんだけど、02を目尻や二重幅のところに塗ると可愛い。

 

 

 

そしてずっと人気で品薄だった09番のリップ。

すごくいいって噂は聞いてて、でもなんかみんなと同じもの買うのも…って躊躇してたんだけどタッチアップしたら気持ちは180度変わって即購入してしまいました。なかなか珍しい色味なんだけど、服装選ばず使えるかんじ。ブラウンだけどオレンジ味がしっかり残ってるし抜け感もある。

これと上の02を唇の中心に軽くつけるとツヤ感出てかわいい。

 

 

あとはシェーディングはもうずっとM・A・Cを使っているので同じのを買い直し。色味もいいけどなによりコスパがいいのでかなりもつ。

 

 

※画像は加工しているけれど商品の色味部分は変えてないから色味はほとんど同じです。

 

 

 

 

 

 

 



カテゴリ : COSMETIC
タグ :
コメントを送る




Mikkeller tokyo
投稿日 2018年11月16日

仕事を終えて友だちと渋谷のMikkeller Tokyoに飲みに。Mikkellerは北欧、デンマークのビールメーカー。

常時20種類(そのうちの5種類は定番)のビールがあって、ビールはほとんど飲んだことないから一緒に行った友だちにお任せ。わからなくても、店員さんに、こういう感じのがいい、と口頭で伝えればオススメを教えてくれるそうな。

 

お客さんは日本人と外国人半々くらい。わいわいしてるんだけど、うるさすぎずほどよい雰囲気で居心地もいい。女性のお客さんも多かったよ。

 

Mikkeller Tokyo
東京都渋谷区道玄坂2-19-11

月-木 15:00 – 24:30
金 15:00 – 25:30
土 12:00 – 25:30
日 12:00 – 24:30

 

 

 



カテゴリ : LIFE
タグ :
コメントを送る