もうすぐバレンタイン❤️チョコは媚薬?多くの人が魅了されるチョコレートの秘密part1

Posted on

https://pixabay.com

 

 

 

チョコレートはそもそも「飲み物」だったって

知ってましたか?その名も「ショコラトル」

2〜3000年前の古代メキシコで王様が飲んだり、

神様に捧げたりする貴重で高価な飲み物。

カカオをすりつぶしたドロドロの物で

砂っぽいし甘くないしスパイシーで苦いお味だったとか…

マズイコーヒーみたいなもんなのかな…?

想像だけど。笑

 

 

https://pixabay.com

 

 

時は過ぎ、大航海時代。

スペイン人がメキシコからショコラトルを持ち帰り、

砂糖などを加え飲みやすく変化。

その後ヨーロッパに広まりましたが

産業革命までチョコレートは「飲み物」のままでした…

 

 

https://pixabay.com

 

 

…まさか「飲み物状態」が2、3千年も続いてたなんて!

150年くらい前まではずーっと「飲み物」で

その後ヨーロッパでやっと固形の今のチョコレートが登場。

そもそも苦くて薬見たいな飲み物が

人々を魅了するあまーいお菓子になるなんて…

人間って凄い。

 

 

https://pixabay.com

 

 

そんなチョコレートですが

何世紀も神様の捧げものや、王様が飲んでただけあって

当時は「毒消し、歯痛、解熱、強壮」

などなど薬のような扱いでした。

今でもその素晴らしい効果は

テレビや雑誌でも紹介されますね。

 

 

次回はそんなチョコレートの効能で気になったものを紹介!

本当に媚薬みたいな効果があったり

恋に効く…?などなど

まさにラブ・バレンタインにピッタリな

チョコレートの秘密をまとめたよ❤️

次回もブログ見てくださいねー!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

◀ このブログのトップページへ