休日は植物の美に癒されよう。ホテル雅叙園東京にて開催中の【いけばな×百段階段2018】の魅力をレポート!

Posted on

Hello:)

ayumi(@aymind_fashion)だよ♡

 

 

 

 

先日、毎年ホテル雅叙園東京にて開催されている、

【いけばな×百段階段2018】に行ってきました!

 

 

 

文化財である百段階段は、1部屋1部屋あらゆる日本の伝統的な

芸術でつくられており、現代からタイムスリップした気分になります。。

今回のいけばな展では、過去最大の57流派が集い、

週ごとに様々な流派を堪能できるのです。♡

 

 

 

私は、東京へ上京した19歳の時にご縁で度々拝見していた

”一葉式生け花”を目掛けて行って参りました♪

 

 

 

エントランスから、一葉式生け花のお家元、粕谷明弘さんの

作品がお出迎え。

 

圧巻の美しさに、しばらく足を止めていました。。。♡

 

 

 

1部屋ずつ、様々な流派の生け花が展示されており、

それぞれ特徴のある生け方を1度で楽しめるのが、この展示の魅力。

 

 

同じ季節の花材を使っていても、花器や生け方によって、

360度雰囲気を変え、花の表情をも変える生け花の魅力は

どこまでも奥深く、同じ生き物として表現の多様性と凛とした

生き方を毎度教えてくれます。

 

 

何かの本で記憶に残っている言葉が、

”花は、生けられた瞬間人間になる。”というもの。

この言葉を知った瞬間、ストンと腑に落ちました。♪

 

 

まさにこの言葉通り、

大地から生まれる植物が、人間の手によって

器に生けられると、人間のような顔立ちになる。

 

 

私のお手本となる生き物は、

もしかすると永遠に植物なのかも。と

改めて作品を眺めながら思い返しました。♪

 

 

 

展示は、11月21日まで開催されており、

雅叙園公式HPにてスケジュール一覧が観れるので、

ぜひ休日に訪れてみて♡

 

 

最後まで読んでくれて、ありがとう。♡

 

 

CHECK PLEASE⇩♥️


ayumi’s Instagram

⇩follow me♡⇩


my brand(AYM.) official HP


Various.HP


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

◀ このブログのトップページへ