BLOG

NYLONブロガー miu(ミウ)
ミウ
miu
official blogger / student / illustrator

東京都出身。幼少期をスペインのバルセロナで過ごした経験を持つ大学生。大好きな音楽やファッション、住み慣れた東京やヨーロッパで触れた芸術からインスピレーションを受けたイラストを描く。




可愛くて美味しいイギリスのカフェ #イギリス #パンケーキ #旅行
投稿日 2018年3月13日

 

今日はイギリスでとても人気なカフェを紹介したいと思います。

The Breakfast Club というお店でロンドンだったらSohoというエリアにあるの。

Sohoは高級店からビュフェまで100をこえる食べ物屋さんが集まる中心地で、大英博物館から徒歩15分で行けるエリアなので、ぜひ観光の途中の腹ごしらえに訪れてみてほしいです♡

たくさんお店がある中、唯一行列ができているほどの人気ぶり!

地元のお客さんでとても賑わっていました!

私はお腹が空いているのが勝っちゃって、行列に並ぶのが苦手だから諦めちゃったんだけど笑

私の住んでいるブライトンに帰ってきてたまたまブライトンにもあるのを知って、リベンジで食べに行きました♡

 

 

私は£9のベリーがたっぷり乗ったパンケーキを頼みました!

とっても美味しいけれどかなりボリュームがあるのでシェアしたらちょうどいいかも:)

写真じゃ伝わらないけど10枚くらいの層になっていて結構な大きさなの笑

上のクリームがアイスと生クリームの中間みたいな感じでひんやりふわふわしていてとっても美味しかったー!

かかっている音楽も私の好きなものばかりでとっても幸せな気持ちになりました♡

 

 

ロンドンのお店は小さくて、店内の天井に金色の風船が敷き詰められていてとても可愛かったのだけど、ブライトンのお店はロンドンより空いていたし、広くて壁いっぱいに映画のワンシーンの写真が貼ってあったり豆電球が装飾されていて、こちらもとっても可愛かった!

 

 

内装の色使いもインテリアの参考になる:)

 

 

他にもハンバーガーやデザートじゃないパンケーキなど、メニューも豊富なので、ぜひイギリスを訪れる際は行ってみてください😘

読んでくれてありがとう♡

 

ミウ

instagram ;@miu__offi

 

 



カテゴリ : FOOD♡ miu's days in Europe
タグ :
コメントを送る




イギリス留学日記
投稿日 2018年2月11日

この前ちょっと素敵なことがあったからここに書き留めておこうと思います。

まずは現実的な留学の大変なところかな

イギリスに戻ってきて数週間、新学期が始まり勉強がハードになって

そんな中一人暮らしで家事と勉強を両立するのが少し億劫になってしまって…

少しホームシックになっていたのもあって、数日ろくに食べもせずふさぎこんでいたんです笑

食べるのが大好きな私にとって食欲がないのは大事件…もちろんちゃんと食べていないと出るはずの元気も出なくなって何においても後ろ向きな気持ちになっていました😅

 

部屋で時間を過ごすのも大好きだし、休みの日にだらだらするのってときに体を休めるために重要だと思うけど、あまりずっとこもっていると気分が余計どんよりする気がして…

とりあえずこのままじゃだめだ何かしようと思ってタオルとか枕カバーとか大きなものの洗濯をしたんです。

 

私がイギリスで通っている大学はサセックス州というところにあって、広大な丘に囲まれた寮を出るとそこには大自然が広がっています。その日、洗濯機を回している間ぼーっと部屋から外を眺めていたら空の様子がいつもと違ったんです。空が何色ものグラデーションになっていて時計を見たらサンセットの時間だったので、もしかしたら丘に登れば空がよく見れるかもしれないとふと思い立ち、部屋から走り出ました。

 

丘に行くのは初めてだったのだけど、私が足早に高いところを目指していたら後ろから走ってくる1人の男の子がいたんです。

ジョギングウェアを着ていたから彼はジョギング中なのかと思っていたら

Are you here to see the sunset too?

君も夕日を見に来たの?

と話しかけてくれて、ほら急ぐよ!あそこまで登るとすごく綺麗な夕焼けが見れるんだ!と言ってその場所まで連れて行ってくれました。

 

丘のてっぺんまで登って後ろを振り返るとそこには言葉を失うほどの絶景が広がっていました。

牛や羊が放し飼いされている丘の遠く下に学校が見えて、あたり一面は緩やかな丘がどこまでも続いているの。とても開放的で美しくて感動して涙が出てきました。本当に映画や絵本の中の世界みたいだった!

 

友達になった彼はペルーとイギリスのハーフで、彼の地元のペルーは車もバスも古く人々はタバコを道端に捨て空気は汚染されていると教えてくれました。だから彼は晴れるたびに丘に登って夕日を見に来ているみたい。みんなに綺麗だった夕日の写真をシェアできたらいいんだけど、話に夢中で一枚も撮っていなかったの。形には残せなかったけど、とても素敵な経験をしました。それに今はなんでも写真に残すのが当たり前になった時代だけど、目で見たこと、心で感じたことをそっと覚えておくのも大切なことかもしれません。

 

私の拙い文章だとイメージしづらいと思って参考までに私がいた丘の写真を載せます。この丘の先はStanmer Parkという大きな森の公園になっていて春になるとこんな可愛いBlue Bellというお花が咲くみたい!是非みなさんにもイギリスを訪れる機会があったらブライトンまで足をのばして欲しいです。

 

気分が乗らないときこそ、どんな小さなことでもいいから、いつもと違うことをしてみるといいのかもしれない。

最近いいことがない人とかいるかな?私もそう思っていたけれど、ほんのちょっとしたことで気分転換ってできることを知りました。部屋にこもってしまっている人はまずは重い腰を上げて外にでてみてほしい。

素敵な出会いにちょっと元気をもらえた一日でした!

読んでくださってありがとうございました♡

 

ミウ

Instagram; @miu__offi

Illustratuons ; miuchael.tumblr.com



カテゴリ : miu's days in Europe miu's thoughts 旅行
タグ : #イギリス #留学
コメントを送る




いいにおいが長持ち♡おすすめのボディクリーム
投稿日 2018年1月20日

 

お久しぶりです。

去年ブログを読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

今年もよろしくお願い致します。

 

今日はわたしが愛用しているボディクリームについて書こうと思います。

 

昔から香水は苦手だし、乾燥するので、いい香りになれて保湿もできるボディクリームやオイルが好きです。

 

私が愛用しているのはこの3つ…☺️

 

 

写真の左から順に…

もう長く使っているのがJill StuartのBody Milk。ハンドクリームでも同じ香りがあるのでいつも持ち歩いています。優しいフローラルの香りで甘すぎず好きです。

値段も2,890円とリーズナブルで普段使いにぴったりだと思います。

 

真ん中は Miss Dior の moisturizing body milk。

これは私が使っているボディークリームの中では一番香りが強いので、少量を出して無臭の保湿力の高いクリームと1:3くらいの量になるように混ぜて使っています。

瑞々しくて女の子らしい香りになれるので特別な日に使うのが好きです。

 

右は年末にロンドンで買ったJo Maloneのボディクリーム。私はここのLime Basil & Mandaline の香りが大好きでキャンドルやオイルでも持っているの。

心がとっても落ち着く香り…♡

さっぱりと爽やかでベタベタしないテクスチャーも気に入っています。オーガニック系の香りが好きな人におすすめです。

 

私がおすすめの一日中いい香りが長持ちするボディクリームの使い方は寝る前とお出かけの前の両方に塗ることです!香水と違ってほんのりといいにおいになれる気がします。

 

塗り方は上に書いたように使うボディクリームによって違いますが、夜寝る前は普通に乾燥が気になるところに塗ります。お出かけの前に塗るときは体温の高いおなかとうなじに少しづつ塗るようにしています。

 

寒い日が続くので体調に気をつけてお過ごし下さい!

読んでくれてありがとう♡

 

ミウ instagram; @miu__offi



カテゴリ : beauty
タグ :
コメントを送る




海外に持ってきて良かったスキンケアとヨーロッパで見つけた敏感肌用アイテム #旅行 #留学
投稿日 2017年11月27日

インスタで質問があったので旅行や留学の時海外に持って行くべきスキンケアアイテムとイギリスで出会ったアイテムを紹介します。私は肌が弱くて使えるものが限られているので、基本的にここで紹介するものはどんな肌質の方でも使えると思います!

 

特に秋冬にヨーロッパに来る時に気をつけなきゃいけないのが乾燥。私は敏感肌な事もあり本当に苦労しました笑

 

一番ひどかった時は、乾燥で目の周りが赤くなってしまい気になって寝られないくらいまぶたが熱くなって。あれ何だったんだろう…つらかった笑

 

日本では滅多に肌荒れしなかったのにたっぷり保湿したつもりでも翌朝にはカサカサだったりして😭 でも肌が弱いから変にパックとかはしたくないし…肌の調子が良くないとへこむよね。

 

克服するためにいろいろ調べたり試したりしたのでヨーロッパ旅行を考えている人のお役に少しでも立てたらうれしいです☺️

 

まずはイギリスで買い足したもの。

 

 

いろいろ試したけれど、結局一番効果があったのはワセリンでした。

 

ワセリンにはいろいろ種類があるけれど、細かいことを気にしない人はどこででも売っているVaselineを常備しておくといいと思う!もちろんこっちでも売っています。

 

肌のことを気にする人は純度の高い白色ワセリンが日本のドラッグストアには必ず置いてあるから買うべき!私も帰国したら買おうと思ってる!

 

ワセリンは保湿というよりは肌を包んで保護してくれるらしいので、私は化粧水と乳液をつけた後、目の周りには薄く、口周りと顎にはたっぷり塗って肌に蓋をして寝ています。

 

あとはこっちのお水は硬水だから肌にあまり良くないらしく、顔の洗いすぎは乾燥肌にも良くないので、朝は上の写真の拭き取り化粧水 ( water boost cleansing water )を使って洗顔は1日1回にしています。これはbootsというイギリスの大手薬局のSimplyというSensitive Skin用のオリジナルラインでお肌に優しいの。値段も安くて最高。これの前に使っていたAveneのものも良かった!フランスの会社だから日本で買うより安いしお土産などにもオススメです。

 

 

私が日本から持ってきた化粧水と乳液とクリームはこの三つです。ヒルドイドローションは皮膚科で処方してもらっているんだけど肌が弱い人に本当にオススメです。高くないし、調べると美容効果もたくさんあるので是非一度調べて使ってみてください!大正時代からのロングセラーのクラブホルモンクリームは肌が荒れている時に使ってもしみたりしなくて好きです。こってりしているのに塗るとサラッとして肌も綺麗になるのでもうずっと使っています。600円くらいでコスパもいいです。

 

 

ヘアケアはJOHN FRIEDAのセラムがオススメ。これは湿気や乾燥でうねってしまう髪の毛を守ってくれるセラム。何もつけないと髪の毛が大変なことになっちゃったんだけど、これを使うようになってからはだいぶ落ち着きました!もう手放せない笑

 

ドラッグストアで散々見比べてレジに持って行ったところ、レジのお姉さんが「よくこれ見つけたね!買って本当正解!私はこれを3年も愛用しているの、どこに行っても髪の毛褒められるし個人的に本当にオススメ」って教えてくれたの。お姉さんの髪の毛確かにサラサラなストレートだった😳

 

こっちの店員さんはおしゃべりが大好きでとっても楽しいの。このお姉さんとは30分くらい話しこんじゃったんだ笑

 

 

後これはおまけで、私のオススメのボディソープなんだけれど、液体じゃないから旅行に便利で!

 

Nina Ricci の L’air du Temps Soapと言ってケースも可愛いしフレグランスソープだから香りがとっても良いの♡ これで洗うとシャワーの後もほんのりいい香りが残るんだ☺️

 

イギリスに来たばかりのときは下着や靴下もこれで洗っていました。

 

長くなりましたが、ヨーロッパに旅行するときはどんな肌質の人でも乾燥ケアを意識するといいと思います!皆さんが私みたいにお肌が痛い思いやカサカサで嫌な思いをしませんように!

 

xx

ミウ instagram ; @miu__offi



カテゴリ : beauty miu's days in Europe 旅行
タグ : #スキンケア #ヨーロッパ旅行 #旅行
コメントを送る




参考にしたい女の子♡
投稿日 2017年11月22日

 

最近私が注目している女の子をシェアしたいと思います。♡

まずはアジアで活躍するロシア人モデルの Marta  @moshmarta

 

アンニュイな雰囲気やエフォートレスでバランスのとれたファッション、

髪型がすごくかわいくて参考にしています!

 

 

 

次はパリ育ちの中国人モデル、Chen Estelle @chen_estelle

 

彼女はこの前初めてアジアで開催された Victoria’s Secret のショーを歩いた数少ないアジア人モデルの1人。

 

イギリスの本屋さんで立ち読みしていた写真集でPRADAを着こなしている姿をみて一目惚れしました!

 

欧米人が多いなかで活躍している彼女はとても凛としていてかっこよく、同じアジア人としてなんだか光栄です。

 

皆さんもぜひ参考にしてみてください☺️

 

ミウ  instagram ; @miu__offi 



カテゴリ : beauty fashion miu's thoughts
タグ :
コメントを送る