Poor things: ヨルゴス・ランティモス監督の新作 ★

Posted on

 

official movie poster

 

hello★

Pamelaです!

 

映画を何度も繰り返し見て、細部まで分析したいと思ったことはないだろうか。お気づきかもしれないが、私は映画マニアで、映画を観て感動するディテールを見つけるのが大好きだ。

何年もの間、私は映画やアートにおいて自分の好きなものが表現されていないと感じていたが、最近、語るに値する美しい映画がいくつか公開されている!

still from the movie

今回はヨルゴス・ランティモス監督の最新作『プア・シングス』についてお話ししたいと思います。この映画は完全な芸術作品で、予告編を見た瞬間から大好きになると確信し、メキシコでの公開を心待ちにしていました。

自分を鼓舞し、表現してくれる女性キャラクターを見つけることは、私にとって重要だ。

still from the movie 

この映画はアラスデア・グレイの同名小説を原作としている。 この物語は女性ではなく男性の視点から語られているが、『プア・シングス』ではヒロインは男性ではなく女性である。ベラ・バクスターは彼女自身の物語のヒロインであり、彼女自身が救われ、解放される。その意味で、この映画は女性の自由の旗印として機能している。

女性は自分の決断、身体、セクシュアリティの主人であるべきなのだ。

衣装デザイン、魚眼、モノクロフィルム、鮮やかな色彩、ロケーションの選択などを通して、『プア・シングス』は私たちをランティモスの独特の世界へといざない、登場人物たちとともに生き、ベラとともに世界を発見させてくれる。

still from the movie

ファッションが好きで、数年間ファッションの世界でプロとして成長してきた私にとって、衣装デザインはこの映画で最も魅了された点のひとつだった。ベラが何を感じ、何を望んでいるのかが、衣装から正確に伝わってくるからだ。

衣装はホリー・ワディントンがデザインし、監督と協力して服を通して語られるストーリーを発展させた。
子供っぽいズボン、高い襟、フリル、官能的な布地、リボン、そして衣装を通して女性の生殖器官や子供時代を常に連想させることで、この映画は完全な体験となった。予想通り、『プア・シングス』はアカデミー賞にノミネートされただけでなく、その非の打ちどころのない見事な衣装デザインも高く評価された。

still from the movie 

 

ヨルゴス・ランティモスが見事な衣装デザインで我々を驚かせたのは、これが初めてではない。
例えば、彼の映画『The Favourite(原題)』でも、衣装は完璧で非の打ちどころがない。

 

衣装デザインだけでなく、セットデザイン、演技、撮影、視覚効果も同様に完璧だ。

プア・シングス』は、そのビジュアル面だけでなく、パワフルで力強いストーリーも必見だ。

プア・シングス』は間違いなく、今シーズンの私のお気に入り映画だ。

 

お読みいただきありがとうございました!

♡♡パメラ

Let’s be friends! ★

ig: @ppamelasustaita
x: @ppamelasustaita
pamelasustaita.com
NYLON SNAP:
Pamela’s SNAP ☆彡


Leave a Reply

Your email address will not be published.

◀ このブログのトップページへ