NYLONブロガー TOMO
TOMO

official blogger / dancer

関西を中心に活躍するストリートダンサー。NY在住経験もあり、本場を体感してきた実力派。ダンサー目線からみた音楽、ファッション、映像などを発信! 趣味の海外旅行情報も更新予定。

このブログのトップへ




「なんだか負の連鎖」な人に読んでほしい。やってみてほしい #考え方を変えてみる 話 投稿日 2017年10月17日

こんにちは、TOMOです!

先日、MBS DANCE GRANDEというダンスイベントにて

TOMOナンバーとして21人のみんなが踊ってくれました★

😆🙌❤️ #mbs #mbsdancegrande #ShabaDabadu #Dabadu #tomo #愛する妹弟達 #今年もありがとう

Tomomi Fujimuraさん(@tomodabadu)がシェアした投稿 –

「21人の作品を責任持って作る」というと、どうしても進めていく内に

視野が狭くなった考えが凝り固まってしまいがち。

これを読んでるみんなも何かに夢中になったり集中していると

悪気もなく周りが見えなくなってしまうことってあると思う。

特に何かクリエイティブなことをしてる時は

この方向性であってるのかな?

このまま進めて大丈夫かな?

この発想は人に伝わるのかな?

なんて思ったりすることも。

そんな時はぜひ自分が集中してしまってる物事や問題点から離れたところに

自分が立っていて、遠くから自分が抱えている問題を見てるイメージを持ってみて。

言うのは簡単だけど、やるのは結構難しい。でもやってみて!!

問題の渦中にいてる人じゃなくて、第三者になったつもりになってみよう。

あなたが今思い浮かんでることが悩み事だったりすると

「意外と自分の悩みは小さすぎてびっくりする」だんてことはしょっちゅう。

私の場合、この作品を遠くから見てみる、というのも役立ちました。

(photo by Takeshi Murakami・DANCE DELIGHT Facebook参照)

この21人のメンバーは普段から一緒に踊ってる仲間で私の可愛い妹&弟たち。

私の癖や進め方もわかってくれてる頼もしい仲間。

自分の考えが段々狭くなってしまった時にこのメンバーの顔を思い浮かべて

「この仲間の為に頑張ろう」

と思えたらまた視野も広く戻ったりしたから、

誰かの為に頑張ろう

と思えたら、案外、一瞬で解決したりすることも。

視野が狭くなる登場人物が少なくなる(仲間や友達の存在をわすれがち)

自分しか見えなくなる

だと思うから、あなたは一人じゃないんだよぉということを忘れないでね★

今日はそんな事をブログにしてみました。

ではまた!

▼ TOMOのSNSもよろしくね ▼



カテゴリ : レッスン 自己紹介
タグ : dabadu shabadabadu メンタル 考え方
コメントを送る





  1. ピンバック: #ダンス にも色々ある。「見てて面白い」日本人ダンサーによるムービーを紹介♪ - NYLONブログ(ファッション・ビューティ・カルチャー情報)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。