伝統的なハニツィオ島の死者の日に行ってみた♡

Posted on

こんにちは、まりあんぬです。
今回は去年訪れたメキシコ死者の日レポ(2019)をするよ!

●死者の日って?

毎年10/31~11/2の間に様々なセレモニーが行われています。

この期間には死者の魂が戻ってくると言い伝えられ、家族や友人が集まって亡くなった友人や家族に祈りをささげます。

多くの人々が墓地に訪れ、死者のお墓にオフレンダと呼ばれる祭壇を作ります。そして、オモチャやテキーラの瓶や
ビール、メキシコ伝統のアトーレという飲み物など故人が好きだったものをお供えします。
セレモニー期間中は顔に骸骨のアートメイクをしたりして、日をまたいでセレモニーが開かれています。

イベントは1週間前から開催されている場合もあるので、死者の日をメインにメキシコに訪れる際は必ずイベントのスケジュールを公式のサイトなのでチェックしておきましょう!

●ハニツィオ島とは?

メキシコのミチョアカン州にある「ハニツィオ島」は、先住民が多く住む「パツクアロ湖」の中にある小さな島です。
メキシコの祝日「死者の日」の名所としてもメキシコ中の人に知られ、土着文化が生きるこの島はとっても不思議な魅力を持ち、訪れる人が後を絶ちません。
メキシコ観光政府により「Pueblo Magico(魔法の村)」認定まで受けた、この島の魅力に迫ります!!

死者の日以外の時期に行くと、ハニツィオ島「老人の踊り」というものが有名らしいです。とは、老人の仮面をつけた人々が腰を曲げて下駄を鳴らしながら「無理に若ぶって踊ろうとする危なっかしい老人」を数人で演じる、とってもコミカルな寸劇ダンスだそう。

残念ながら行った時はスコールで雨が降ったり止んだりしていました。島自体はとても小さいのですが、小売店のお店がたくさんあるので、とても楽しいです。死者の日一般の人もいけるお墓がありそこが有名な場所です。

家族たちが、死者のために装飾したお墓がずらり、ものすごくフォトジャニックではありますが、実際は死者に祈りを捧げる場所なので、礼儀をもって見学しに行った方が良さそうです。ですが、伝統的な死者の日のあり方をみることができるので貴重な体験になりました。

メインはお墓の場所ですが、島に行くまでに飲食店や屋台、物販店もたくさんあるので、全体的にお祭り感覚です。

ハニツィオ島に行くために滞在したモレリアの死者の日もとてもよかったのでこちらの記事もぜひチェックしてみてください!

ハロウィンだけじゃなく死者の日も!!メキシコモレーリアの死者の日のレポート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

◀ このブログのトップページへ