HOME > Virgin Express VOL.29
超特急メンバーがはじめてのこと(=virgin)にトライする「Virgin Express」。今回は、カイ&タカシが“ドール”になりきって、2人の運命が交差するセンチメンタルなストーリーを展開。ドールであるカイと視線が重なってしまったタカシの結末とはーーー。毎回話題を呼ぶNYLONオリジナルストーリーを見逃さないで!

ムービーの内容からクイズを出題。全問正解すると、スペシャルムービーが観れるお楽しみコンテンツ!ハズれた人は、ムービーを見直して再挑戦してみて。 また、次回の「Virgin Express」のテーマを募集。超特急のメンバーにトライして欲しいことをぜひリクエストしてね。

しんと静まりかえる工房。
薄暗い部屋のなかに規則正しく並んでいる無機質なドール達。
そのなかでも1体だけ、何かを待ち望んでいるように佇んでいる。
この工房で人形作りをしているタカシ。
彼はいつも何か思い詰めているかのように
作業に没頭する。
行儀良く並ぶ5体のなかから彼が選んだのは、
あのドールだった。
真っ白い顔や手もとをメイクやネイルでドレスアップさせていく。
綺麗に着飾っていくうちに、まるで命を宿していくような気配が……。
ついに、動き出してしまったカイ。
2人の視線が交わった瞬間、タカシはドールの姿に。
お互いの運命が入れ替わってしまった2人。
こうなってしまったのは必然だったのだろうかーーー。

NYLON初のホラーテイストなストーリーだったんじゃないですか? 撮影していてちょっと怖かったです(笑)。今回ドールになりきるとのことだったので、まばたきしないことを意識しました。ドライアイなのですぐに目を瞑りそうになっちゃって我慢するのが大変でしたね。

Q. 1日だけ誰かと入れ替われるとしたら?

誰だろう、難しいな……。あえて言うならビル・ゲイツ。お金持ちだから、1日だけ入れ替わった日には彼の資金を全て募金して活用するとか?(笑)

Q. この春イメチェンしたいことは?

髪色はまだ変えたばかりだから、今はあまり次のヴィジョンがないかも。いつも飽きた時に変えているんです。マインドの面でいえば、レゲエとかHIP-HOPとか今まで聴いてなかったような音楽を聴こうかなと思っています。普段はジャズとかクラシックを聴くことが多いけど、聴く音楽のジャンルを増やそうかなって。

KAI: jacket¥88,000 shirt¥40,000 by mikiosakabe skirt¥33,000 by tac:tac/studio fabwork shoes¥28,500 by blohm/studio fabwork socks stylist's own

今回はおとぎ話からルーツを得ているようなストーリーで、最後に自我を持ったドールに自分も取り込まれてしまうというシーンがあったので、とことんなりきって演じました。映像の雰囲気が海外のCMみたいにも感じられて、面白いなと思いました。

Q. 1日だけ誰かと入れ替われるとしたら?

人じゃないんですけど、猫になりたいです。全く人間とは違う目線で物を見たり、歩いてみたい。たまに野良猫を見て、何を思って歩いているんだろうとか、何を求めて行動してるんだろうって思うことがあるんですよ。1日で理解できるかどうかわからないけど、そういった世界も見てみたい。

Q. この春イメチェンしたいことは?

イメチェンか……。正直僕のなかではすでにイメチェンが始まっているんですよね。単純に髪の毛伸ばしたりして、1年前と比べるとだいぶ変わっている部分も大きいかなと思います。今の感じがベストかもしれないです。

TAKASHI FOR NOMAL: vest¥8,047 by vintage/bud used shirt¥7,900 by vintage/kinsella pants¥27,000 by mando/studio fabwork shoes¥42,500 by blohm/studio fabwork

TAKASHI FOR DOLL: pants¥62,000 by tender person shoes¥124,000 by john lawrence sullivan shirt stylist's own

STAFF
MODEL: KAI, TAKASHI(BULLET TRAIN/SDR)
PHOTOGRAPHY: GENKI ITO(SYMPHONIC)
VIDEO: HIDEAKI SAKURAI
VIDEO EDIT: YUKI FUJINAGA
STYLING: TETSUYA NISHIMURA
HAIR: MIZUHO HAYASHITANI
MAKEUP: KOTOE KIKUCHI(UM)
GAFFER: TERRYMAN
EDIT: YURIKA NAGAI
TEXT: KAHO FUKUDA
DESIGN: AZUSA TSUBOTA
CODING: JUN OKUZAWA