HOME > Virgin Express VOL.16

 

超特急メンバーがはじめてのこと(=virgin)にトライする「Virgin Express」。

今回は、リョウガ&ユーキが香りを求めてジョー マローン ロンドンでショッピング。 そこで出くわす謎の女の子と2人の間に恋の予感!? 彼女と同じ香りを求めるユーキと、リョウガがチョイスした香りに惹かれる彼女。3人が織りなすラヴロマンスは見逃せない!

ナオミ・レモンが描く漫画の世界と融合したスペシャルムービーにも注目して♡

 

ムービーの内容からクイズを出題。全問正解すると、スペシャルムービーが観れるお楽しみコンテンツ!

ハズれた人は、ムービーを見直して再挑戦してみて。また、次回の「Virgin Express」のテーマを募集。

超特急のメンバーにトライして欲しいことをぜひリクエストしてね。

あらすじ

 

表参道の街を散策しているユーキの横を、ジョー マローン ロンドンの店内から出てきた女の子が通りすぎる。

彼女からふわっと香るフルーティな香りに惹かれ、吸い込まれるように店内へ。

 

一方、リョウガは自分好みの香水を求めに、ジョー マローン ロンドンのショップへ。

好みの香りを購入し、ドアを開けた時、ある女の子とすれ違う。リョウガがまとう香りに心を奪われる彼女。

しかし、その女の子はユーキがすれ違った女の子と同じ人……? 3人の恋の行方はいかにーーー!?

登場人物

漫画の世界と現実の世界が融合されるということで、今までにない撮影方法でワクワクしましたし、完成した絵がどうなるか想像しながら撮影に挑みました。ナオミ・レモンさんの絵のタッチもNYLONのリアルな読者を表していて素敵でした! 今回も見ごたえのあるおしゃれなストーリーになったと思います。

 

好きな香りは?

フゼアのような大人っぽい香りが好きなんです。フォーマルな香りに少しフローラルの要素を加えた感じかな。こういう香りをまとっていると落ち着きます。女性にはなんだろう……。でも女性ってみんないい匂いしてるじゃないですか(笑)。甘さのあるフローラルのような香りをまとっている印象です。

 

子供のころにハマっていたマンガは?

最初はコロコロコミックとかを読んでいたんですが、初めて単行本で読み始めたのは『浦安鉄筋家族』。今だに新刊が発売すると買っているくらいずっと好きな漫画です。基本的にはアニメを見ることが多いけど、共通して好きなのは戦闘系のストーリーかな。

普段から愛用している大好きなジョー マローン ロンドンで撮影ができたので、すごく嬉しかったです! 今回は漫画×実写ということで撮影中はどうなるか全く想像がつきませんでしたが、ストーリーのように香りをきっかけに運命的な出会いをしてみたいなって思いました。

 

好きな香りは?

もともと香りフェチなんです!香水はさわやかでクセが強くない香りが好きです。ジョー マローン ロンドンだったら『ライム バジル&マンダリン』だったり、今回僕が選んだ『イングリッシュ ペアー&フリージア』が好みかな。女性でも清潔感のある香りをまとっている人にグッときちゃいます!

 

子供のころにハマっていたマンガは?

リョウガと同じで僕もコロコロコミックを読んでいました。あとは『遊戯王』とか『デュエルマスターズ』とかにハマってたかな。悪と戦う強い人に憧れていたので、ヒーロー系のストーリーが好きでした。今でも『ワンパンマン』っていう漫画をよく読んでいます。

ブラックベリー & ベイ

酸味のあるブラックベリーに月桂樹の葉のさわやかさを加えた、甘酸っぱさとさわやかさが程よいユニセックスに使える香り。

イングリッシュ ペアー & フリージア

みずみずしい洋梨と白いフリージアが醸し出す豊潤な香り。甘さだけでなく、フレッシュさも楽しめるところが魅力。

(ナオミ・レモン)

90年代にロックバンドでベーシストとして活躍後、イラストレーターに転身し、安野モヨコ氏の元で
アシスタントにつく。現在は、主にファッション雑誌やカルチャー誌で活躍中。

HP:naomilemon.com

Instagram @naomilemon

INFO

ジョー マローン ロンドン

jomalone.jp

STAFF

MODEL: RYOGA、YUKI(BULLETTRAIN/SDR)

PHOTOGRAPY : TOSHIAKI KITAOKA

VIDEO: YU NAKAJIMA

VIDEO EDIT: YUKI FUJINAGA(IMAGE UNITED)

GAFFER: TERRYMAN

HAIR&MAKEUP: MIHO MASHINO(NICOLASHKA)

STYLING: TAKASHI YAMAMOTO

TEXT:KAHO FUKUDA

DESIGN: SHOKO FUJIMOTO、AZUSA TSUBOTA

EDIT: YURIKA NAGAI

FRONT-END ENGINEER: NATSUKI DOZAKI

BACK-END ENGINEER: JUN OKUZAWA