月別アーカイブ: 2015年5月


貧困層の方たちへ服を選ぶ喜びを届けるThe Street Store
投稿日 2015年5月30日

 
 
これまでの衣類の支援では、自由に好みの品を選べなかったなか
無料で自分の好きな衣類やアクセサリーを選べる楽しさ、喜びを貧困層の方たちへ
 
 
南アフリカのケープタウンのストリートにオープンしたところから
スタートしたポップアップショップThe Street Store
 
2015-0530-001
[by http://thestreetstore.org/ Photography by Neal Tosefsky]
 
 
The street storeはKayli vee levitanさんとMaximilian Pazakさんが
富裕層と貧困層の方たちとのギャップを埋める為にはどうしたら良いのか
 
模索した結果、両者の間ストリートを活用することを思いついたことからはじまりました。
 
 
ただ、服を並べるだけではなくハンガーにかけられていて
段ボール素材のハンガーがスタイリッシュな雰囲気を出しています。
 
2015-0530-0022015-0530-0032015-0530-005
[by http://thestreetstore.org/ Photography by Neal Tosefsky]

 
 
 
そこは、もはやストリートでのセレクトショップの光景。
 
店舗へショッピングしに来たかのようなファッションアドバイスを
ボランティアの方から受けることも出来るそう。
 
2015-0530-0042015-0530-0062015-0530-009
2015-0530-013
[by http://thestreetstore.org/ Photography by Neal Tosefsky]

 

 
2015-0530-0072015-0530-008
[by http://thestreetstore.org/ Photography by Neal Tosefsky]

 
 
そして、南アフリカだけではなく、世界中の誰もがThe Street Storeを開けるように
WEBサイトでは必要なものが印刷出来るようになっています。
 
今や、世界中の色んなストリートでThe Street Storeを開いている
方たちがいたので気になった方は是非チェックしてみてね。
 
2015-0530-010
[by http://thestreetstore.org/]
2015-0530-0122015-0530-011
[by http://thestreetstore.org/ Photography by Neal Tosefsky]
 
 
 
 
2015-03-27-015
 

@mayu1224eve

Instagram
プライベート感たっぷりなのですがinstagram公開しました。

日常のゆったりした内容だったりするけどinstagramの更新内容も
充実したいと思っているので気になった方は是非覗いてくれると嬉しいです。

Mayu



カテゴリ : 未分類
タグ :
コメントを送る




世界的な絵画をモチーフにしたアーティスティックなソックス
投稿日 2015年5月27日

 

 
シューズとソックスの組み合わせがトレンドの今
 
人と差を付けたいならこういったアートなソックスはいかがでしょうか?
 
 
ニューヨーク生まれのスタイリストKATE BRIENさんが手掛けたART SOCKS
 
 
ソックスだけではなく、シューズやパンツとの
スタイリングも素敵過ぎて参考にしたいものばかり。
 
 
シンプルにクリア素材のシューズに合わせても楽しめそうです。
 
 
 
Frida Kahlo    フリーダ・カーロ
 
2015-0527-006
[by http://www.katebrien.com/    Photographer: David Kitz]

 
 
Leonardo da Vinci   “La Gioconda”
レオナルド・ダ・ヴィンチ  ”モナ・リザ”
 
2015-0527-002
[by http://www.katebrien.com/    Photographer: David Kitz]

 
 
Vincent Willem van Gogh    “Sunflowers”
フィンセント・ファン・ゴッホ   “ひまわり”
 
2015-0527-003
[by http://www.katebrien.com/    Photographer: David Kitz]
 
 
Edvard Munch    “The Scream”
エドヴァルド・ムンク   “叫び”
 
2015-0527-005
[by http://www.katebrien.com/   Photographer: David Kitz]

 
 
Paul Gauguin    “La Orana Maria (Hail Mary) ”
ポール・ゴーギャン   “イア・オラナ・マリア(アヴェ・マリア、マリア礼賛)”
 
2015-0527-004
[by http://www.katebrien.com/    Photographer: David Kitz]

 
 
Henri Matisse “Dance”   アンリ・マティス “ダンス”
 
2015-0527-001
[by http://www.katebrien.com/   Photographer: David Kitz]
 
 
 
 
服に絵画プリントだとインパクトが出過ぎてしまう時があるけど
ソックスなら、さりげなく楽しめるのが良いところ♪
 
 
雪が積もっている時期が長い札幌だからこそ、足を出せるのがとても嬉しい!
今夏は、沢山足元のスタイリングを楽しみたいと思います。
 
 
 
 
2015-03-27-015
 

@mayu1224eve

Instagram
プライベート感たっぷりなのですがinstagram公開しました。

日常のゆったりした内容だったりするけどinstagramの更新内容も
充実したいと思っているので気になった方は是非覗いてくれると嬉しいです。

Mayu



カテゴリ : art 未分類
タグ :
コメントを送る




最近までスポーツが禁じられてきたアフガニスタンの少女たちのスケートボード #sk8 #Skateboard
投稿日 2015年5月23日

 
 
元々、カリフォルニアから広がったストリート文化スケートボード。
 
 
 
ストリートファッションに身を包んだ少年たちが、綺麗に整備されたアスファルトの上で
華麗なトリックをメイクしていく。そんな印象が強いスケートボード。
 
 
それが今、アフガニスタンの少女たちに力を与える1つのツールとなっているそう。
 
2015-0523-001
[by https://www.skateistan.org]
 
 
スケートボードは男の子だけのものと思うのは間違っている。
 
 
服装の制限などで、挑戦出来ないスポーツも多く
女性が自転車に乗る事を禁じられている国、アフガニスタン。
 
 
そして、タリバン政権が崩壊するまで女性がスポーツをしたり
学校へ通ったり教育を受けるのが一切禁じられていた背景がありました。
 
2015-0523-002
[by https://www.skateistan.org]
 
 
 
そんなアフガニスタンを初め、カンボジア、南アフリカの若者達たちへ
スケートボードを組み合わせた教育を広めているドイツの非営利団体
 
 
2007年にオーストラリア人のOliver Percovich氏によって
設立されたskateistan(スケーティスタン)
 
 
スケートボードの学校で、スケートボード指導だけではなく国際文化交流や
勉強なども受けれる教育機関であり、生徒の約40%は女性を占めています。
 
 
特に女の子と働く子どもに焦点を当てており
生徒の60%が貧困層出身で、スケートボードを通して学ぶ教育が
子供たちにとって貴重な場になっているそうです。
 
2015-0523-003
[by https://www.skateistan.org]
2015-0524-024
[by https://www.skateistan.org]
 
 
skateistanは生徒たちに知識をつけて社会に変化を起こすための力
リーダーシップ、発言する力を学んで欲しいと願っています。
 
 
多くの人がskateistanの存在を知り、スケートボードが普及するにつれて
少しずつアフガニスタンの教育環境に影響が広まっていき
 
その教育の場を応援したいと、世界中から寄付が集まってきているそうです。
 
2015-0523-004
[by https://www.skateistan.org]
 
 
 
こちらはイギリス人フォトグラファーJessica Fulford-Dobsonさんの作品
 
 
あらゆる制限を乗り越えて楽しむ少女たちから、情熱、たくましさ、希望が伝わってきます。
 
環境は違えども、勇気づけられる写真たちに心がとても揺さぶられました。
 
2015-0523-007
2015-0523-005
2015-0523-006
 
 
 
単なるストリートカルチャーではなく、その国の教育環境、そして未来にまで影響を与えていき
若者に力を与えるためのツールと​​して、スケートボードを使用するのに感銘を受けました。
 
 
アフガニスタンにおける弱い立場の女性たちの表現力、発信する力を身につけていく
きっかけの1つになりつつあるアフガニスタンのスケートシーンから目が離せません。
 
2015-0523-008
[by https://www.skateistan.org]
 
 
 
 
2015-03-27-015
 

@mayu1224eve

Instagram
プライベート感たっぷりなのですがinstagram公開しました。

日常のゆったりした内容だったりするけどinstagramの更新内容も
充実したいと思っているので気になった方は是非覗いてくれると嬉しいです。

Mayu



カテゴリ : sk8 未分類
タグ :
コメントを送る




注目のバンコク発デザイナーズブランド #Thailand #SIAM CENTER
投稿日 2015年5月23日

 
こんにちは!
 
 
バンコクのサイアムにあるファッションビルの1つ
SIAM CENTERにて魅力的なタイ発のデザイナーズブランドに沢山出会いました。
 
 
なかでも、私が気になったブランドを紹介したいと思います。
 
 
Wonder Anatomie(ワンダーアナトミー)
 
2009年より展開された動物や花々などの生物的な要素から
インスピレーションを受けた独自の感性溢れるバンコク発ブランド。
 
Tシャツのプリント部分やネックレスは3Dのように
立体感のあるモチーフで仕上げられていて、とても斬新でした。
 
2015-0522-002
 
2015-0522-010
[by https://www.facebook.com/wonderanatomie/]
 
 
 
rotsaniyom (ロサニヨム)
 
2008年から展開したバンコクを拠点に活動するタイ人デザイナー夫婦によるブランド
rotsaniyomは“個人の好みやテイスト(を尊重させる)”といった意味を持つタイ語だそう。
 
 
前回の記事にも書いたチャトゥチャックマーケットで販売をスタートし
今や日本でも何度かポップアップショップが開催されている注目ブランドです。
 
タイ人若手デザイナーの登竜門とも言われるマーケットについては、こちら↓
チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット編
 
2015-0522-001
 
 
ホワイトカラーベースのシースルやレース使いと
自然とストーリ性を感じるプリントデザインにすっかり虜になってしまいました。
 
2015-0522-007
[by https://www.facebook.com/therotsaniyom/]
2015-0522-008
[by https://www.facebook.com/therotsaniyom/]

 
 
同じくチャトゥチャックマーケットからスタートして成功したブランドが
同じ3Fフロア77thで展開されていました。
 
バンコクで活動しているデザイナーのlittleさんとearthさんが
手がけるコスチュームジュエリーブランド。
 
2015-0522-022
[by http://www.siamcenter.co.th/home.php]
 
2015-0522-015
[by http://seventy-seventh.blogspot.jp/]
2015-0522-016
[by http://seventy-seventh.blogspot.jp/]
 
 
 
 
続いてはコチラもタイ人デザイナーが手掛ける
The Wonder Room(ワンダールーム)
 
服だけじゃなく小物類も素敵なものばかりで
ハートがとろけたサングラスもとても印象的でした。
 
2015-0522-012

2015-0522-011
[by http://www.siamcenter.co.th/home.php]
 

2015-0522-014
[by https://www.facebook.com/thewonderroomstore]

 
 
POPな動物のディスプレイが目をひくFLY NOW(フライナウ)の
ティーン向けカジュアルラインFLY NOW iii(フライナウスリー)も。
 
2015-0522-003
2015-0522-005
 
 
ハイセンスながらもタイの伝統、文化を感じるデザインが沢山でした。
 
こういう風に自国の文化をデザインに生かすのって、とっても素敵だよね。
 
2015-0522-020
[by http://www.flynowiii.com/]
2015-0522-021
[by http://www.flynowiii.com/]
 
 
 
最後にSIAM CENTERの4階にあった、こちらのアイス屋さん。
 
キャンディーのような見た目で味もとても美味しかったので
SIAM CENTERに行ったら是非チェックしてみてね♪
 
2015-0522-006
2015-0522-004
2015-0522-017
 
 
今回、沢山の素敵なタイのドメスティックブランド達に
すっかり心惹かれてしまいました。これから、どんどん注目していきたいです♪
 
 
今回の旅はバンコクのスケートボードシーンに触れただけではなく
 
チャトゥチャックマーケットに先に行ってきたのもありマーケットから成功してきた
デザイナー達のストーリー性やタイのファッションシーンも感じることが出来て良い機会でした。
 
 
サイアムにはセントラルワールド、サイアムパラゴンなど巨大なショッピングセンターが
密集してますが素敵なタイのデザイナーズブランドが集まったSIAM CENTERとてもオススメです!
 
ナイロニスタは絶対みんな大好きなはず♪
 
2015-0522-018
 
 
 
2015-0522-023
 
 
 
2015-03-27-015
 

@mayu1224eve

Instagram
プライベート感たっぷりなのですがinstagram公開しました。

日常のゆったりした内容だったりするけどinstagramの更新内容も
充実したいと思っているので気になった方は是非覗いてくれると嬉しいです。

Mayu



カテゴリ : Trip 未分類
タグ :
コメントを送る




ディープなKhaosan Road #カオサンロード #バックパッカーパラダイス
投稿日 2015年5月16日

 
こんにちは!
 
 
20代が終わって30代最初の旅先、バンコクにいる間は
毎日がディープで自分の感情をこんなに出すのはとても久しぶりでした。
 
 
中でもバックパッカー達の聖地と言われるカオサンロードはとってもディープ
 
 
深夜でもトランクやバックパックを背負って次の場所へ旅立って行く旅人たちが
行き交っていて、その光景に旅が好きな私はずっとわくわくしてばかり。
 
2015-0515-004
2015-0515-005
 
 
 
夜が更けていくと爆音が流れ続けるオープンクラブのようなBARが並んでいたよ。
 
普段、行っているクラブは地下が多いから
こんな暑い夜のストリートで踊るのは気持ちが良かった。
 
屋外でこんな爆音で流れるのは、札幌だったらフェスや夏の海の家イベントぐらいかな?
 
カオサンではこれが毎晩の日常だから、すごい。
 
2015-0515-0182015-0515-016
 
 
そして、B-BOY達のストリートダンスバトルもはじまっていました。
 
 
トーマスなどの大技パワームーブを次々にこなしていく小さな身体のB-BOY
 
つい歓声あげてしまったよ。
 
その少年に求められてデッキを渡すと、オーリーを軽やかに飛んでいて
ブレイキンだけではなく、スケートボードのセンスもあることに大変驚きました。
 
沢山の少年たちと触れ合ったけど、彼もまたとても印象に残っている少年の1人です。
 
2015-0515-014
 
 
 
カオサンロード名物の虫屋台
(ズームや食べている画像もあるけどここでは避けておきます。虫苦手な方ごめんなさい…)
 
ここで虫数匹を買っていた日本人の旅行者数人に出会い、出身地の会話から初まり
虫もお裾分けしてくれたので、一番いけそうな芋虫を頂いたよ。
 
人生で初めて食べた芋虫は、エビの天ぷらのような味でした。
 
初めて出会った日本人同士で、初体験の虫を味わったのも思い出深い出来事の1つ。
 
 
日本にいたら絶対に食べないのに、カオサンの空気がそうさせたのかな。
 
2015-0515-006
 
 
 
路上でコーンロウやブレイズを編んでくれるところも。
 
20歳前後のB系ブーム全盛期のときが懐かしいな。
 
コーンロウや部分ブレイズは沢山楽しんだりしたけれど
若かったから全頭ブレイズは数万円という高額な値段に手が出せなかったっけ。
 
次回来た時は、早い時間から未体験の全頭ブレイズを編んで貰おうと決めたのでした。
 
2015-0515-001
 
 
 
気さくなお母さんが作っていたパッタイはとても美味しかった♪
 
旅中の食事はほとんど、屋台でした。
 
屋台だからこそ、作り手の顔を見れたり触れ合えたり出来て嬉しかった。
 
2015-0515-002
 
 
2015-0515-0032015-0515-0092015-0515-0072015-0515-008
 
 
2015-0515-0102015-0515-013
 
 
 
毎日35℃の暑さで汗だくになり、ラフな格好に汚れも気にならなく
地べたに座って屋台の焼き鳥やアジアビールを味わったり
 
 
深く警戒はしながらも、タクシーに騙されてしまい
「メーター!」と叫び続けてもメーターを頑なに起動してくれない
運転手の強引さと突きつけれれた通常の3倍の値段に怒ったり
 
 
スケートをプッシュしていると無邪気なストリートドッグが
遊んで欲しそうに追いかけてきて童心に帰ったり
 
 
怒ったり、叫んだり、笑ったり、無邪気になったり・・・
久しぶりに人間らしい日々を過ごせました。
 
 
贅沢な観光地で豪華な旅行も素敵だけれど、やっぱりローカルでストリートが1番好き。
 
2015-0515-011
 
 
そして、少年からお母さんたちまで皆とっても優しかった♪
 
私は日本人の典型、照れ屋、人見知りな方だから、タイ人の気さくさに憧れたよ。
 
 
もっと自分の感情に正直になって生きようと思いました。
 
2015-0515-012
 
 
 
 
2015-03-27-015
 

@mayu1224eve

Instagram
プライベート感たっぷりなのですがinstagram公開しました。

日常のゆったりした内容だったりするけどinstagramの更新内容も
充実したいと思っているので気になった方は是非覗いてくれると嬉しいです。

Mayu



カテゴリ : Trip 未分類
タグ :
コメントを送る