BLOG

NYLONブロガー 磯部映見(aimee isobe)
aimee isobe
磯部映見
art director / actress

13歳でハワイに単身留学。幼い頃から海外と日本のミュージカルに出演し、活動しながらアートギャラリーの仕事に出会う。NYの芸術大学でBFA取得し、卒業後は大学院でMBAを勉強しながら、NYと東京をベースにアートバイヤーとして世界を周り、アートフィルムの制作や出演も手掛ける。

instagram radio





妊婦になって
投稿日 2017年6月16日

Hello♡

Processed with VSCO with e6 preset

さてさて、あっという間に妊娠生活も終わり間近になっています。

臨月に入ってぐっとお腹が出て来て、確実に我が子が外の世界に出る準備をしているのが分かる毎日・・・。

思い出と共に妊娠生活をちょっと振り返ってみようと思います♡

 

IMG_5741

昨年の11月、親友の結婚式の帰りに、最上級に幸せな気持ちなのに、

なんか気持ち悪い!と思ったのがサインでした。

前回のブログでも触れたように、私達夫婦は子宮外妊娠を経験していて、

私は卵管が一つなく、昨年受けた卵管造影検査では、残りの卵管も細いので

将来子供が欲しかったら体外受精も考えていたので、自然に授かれた事が驚き!

しかも卵管がない右からの排卵という、ちょーミラクル妊娠でした。

( 妊娠前から病院に通っていたので、排卵がどっちかも分かっていたの)

妊娠希望の時は、漢方を飲んだりタイミング測ったり、、

でも一番効果があったかなーと思うのは、鍼治療。

鍼で卵管が通るよと聞き、自分で何人か先生と話して、実は埼玉の方まで通っていたの。

通い始めて1ヶ月で妊娠発覚したから、もちろんこれだけとは限りませんが、

鍼治療はやってよかったと思う事の一つ。妊娠後も通いました☆

 

ドキドキしたのが、最初の検診。

前回の妊娠では、卵管に赤ちゃんがスタックしてしまい、子宮の中に赤ちゃんが見えなかったので、、、いるかないるかな〜って・・・。

いたーーー!という時にはもうびっくりして、笑っちゃいました。

本当に妊娠は神秘的で、奇跡的なんですね。

嬉しかったけどドキドキした妊娠初期に待ち構えていたのはつわりでした。

私の場合、食事を全く受け付けないパターン。

寒い時期なのに、お鍋とか煮込み料理の匂いが全く受け付けなくなって

野菜の匂いも、お米炊く匂いも、駄目。大好きな辛いものも、うーんという感じ。

唯一食べれる、冷たいおそばばかり食べていた結果、

妊娠発覚1ヶ月後気付いたら5kg減っていました。

ランダムなお腹の記録写真を見ると、4ヶ月頃がりがりですよね・・笑

thumbnail_IMG_8673

ちょっとびっくりしたのが、嫌いだったココナッツWaterが飲みたくなった事!
IMG_7519

 

つわりは、結局7ヶ月ぐらいまで続いて、9ヶ月頃は後期つわりもあって、

体重の増加には悩まされなかったけど、

ご飯大好きな私がここまで食べないなんて、、と驚きでした。

でも幸いなことに、仕事になるとつわりのことも忘れられて、

本当に元気な妊娠生活を送らせてもらったと思っています。

thumbnail_IMG_6533

 

ダンスやヨガは妊娠9ヶ月まで続けました。

今も小走りぐらいは出来そうです。

 

IMG_6226 

お腹の子と一緒にMV撮影〜

 

IMG_6312

安定期には、海外へ行ったり沖縄にも行って二人の時間を楽しみました。

thumbnail_IMG_6395

そして一番やり遂げたかったのは、産休前の美術館の仕事。

安定期終わるか終らないかの時期に、一人で本社出張の為、NYとLAへ。

上司と相談して、いつもより良い旅程での出張をさせてもらいました。

仕事が一番で生きて来たから、絶対気持ちよく仕事を終らせたくて、

頑固な私は、上司に心配されながらも、絶対いきます!の二つ返事。

軽率だったかもしれないけど、なんとなくこのお腹の子は、

私が一生懸命働いてやり遂げるのを応援してくれる強さがあると

そんな気がしたのです。

何よりも、私とお腹の赤ちゃんのことを信じて、

送ってくれた会社の人と迎えてくれた本社の皆様に大きな感謝。

決して無理はしないけど、私のやり遂げたい気持ちを尊重してくれて

心から感謝しています。

thumbnail_IMG_6399

上の写真が妊娠7ヶ月のLAかな。

学生時代の大半を過ごしたアメリカに妊婦として帰れたのは

本当によかったと思っています。

cphotogrphic-1CPH_3533

 

そして、妊娠期間中ずっと頭の隅にあったのが

妊娠9ヶ月で迎える結婚式。

最初は、お腹の子に、”結婚式までは花嫁気分でいさせてね〜”なんて話しかけてたけど

だんだんと、この子が一番。自分の体調が一番だ!という気持ちになってきました。

不思議ですね、母性ってやつなのかな〜

それでも、何の問題もなく当日を迎えられて

妊娠前に決めていたドレスも綺麗に着れて

ファーストダンスもラストダンスも、旦那さんにサプライズで演奏した歌も出来て

きっとこの子も、結婚式中歌って踊ってたんだろうな〜なんて思いながら

幸せが倍増して、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

thumbnail_IMG_8595

臨月に入って、最後の仕事も終わり、

ぐんぐん大きくなるお腹。足腰が痛かったりとそりゃ色々ありますが、

悪阻で減った体重もすぐに戻って

今は、二人の時間と、友人との時間を大切に過ごしています。

ベビールームのDIYも終りそう〜〜 🙂

このブログを皆さんが読んで下さっている頃には、産まれているかもしれないぐらい

なんとなく身体がそろそろだな〜と準備をしているのが分かります。

ドキドキしてるけど、とにかく楽しみ♡

 

結婚式やら妊娠やら、慌ただしくてごめんなさい 😛

このブログで、人生の節目をご報告出来て幸せな限りです。

ゆっくりと見守って下さったら幸いです。

 

 



カテゴリ : 未分類
タグ :
コメントを送る




人生で一番幸せな日
投稿日 2017年5月17日

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様へ

 

5月13日に、大切な方に囲まれて、結婚式を挙げる事が出来ました。

 

そして、今私のお腹の中で、小さな命がすくすくと産まれる準備をしていて、初夏には家族が一人増えます。

cphotogrphic-1CPH_3533

昨年の今頃、小淵沢アートヴィレッジという素敵な場所に出逢いました。

結婚式会場ではないけれど、自然と美術館に囲まれた私達らしい空間。

ここで結婚しよう!何の迷いもなく二人で頷きました。

あまり結婚式にこだわりがなかったけれど、

夫が飾る花に囲まれて式をあげたい!それだけでした。

 

1年前に決めた物の、のんびりやの私達なので、数ヶ月ぐらいは何もせず・・・笑

アメリカにいる家族に日時を抑えてもらい、皆様をご招待しはじめて、のんびりのんびり準備を始めていました。

そんな矢先に分かった私の妊娠。

実は、私達夫婦の元には、数年前に来てくれた小さな命がありました。

でもその赤ちゃんと私達は出逢うことは出来ず、

手術で私の右側の卵管と共に、あっけなくとりのぞかれてしまった悔しい出来事がありました。

子宮外妊娠というらしいです。

大丈夫だよと励まされても、たった一つの卵管でこれから妊娠が出来ないんじゃないのか?

何よりも夫を父親にさせてあげることが私には出来ないんじゃないのか?って

私達も、今よりも更に未熟で無責任なところもあったから

毎日責めて、喧嘩して、閉ざしてた時期もありました。

思い切って残りの卵管を検査する卵管造影検査を受けた時は、失神レベルで痛くて、

結果は左側の卵管も細いから、自然妊娠は難しい。との結果でした。

結婚式の予定があるのに、妊活するなんて、、と思われるかと思います。

 

ただ、卵管造影した後は妊娠しやすいってネットの情報を鵜呑みにして、

もちろん式の時期も考えて、リミットを決めて頑張ることに決めました。

 

漢方や鍼を試してみたり、発酵料理にはまっていたのも、身体を大切にするためでもありました。

それでも、やっぱりなかなかうまくいかずに、、リミットも近付いた時に、、

仕事がぐっと忙しくなって、友達との関係も毎日楽し過ぎて、

身体の為に、大好きな夏に厚着するのも、アイスコーヒーを我慢するのも馬鹿らしくなって

あーもうやめよう!!駄目なもんは駄目だ!!と吹っ切れました。

そんなこんなで吹っ切れたあと、妊娠が発覚しました。

 

ドラマチックにはしたくないけど、

その月は卵管がない右側からの排卵で、妊娠が分かった日は、一人目の子の予定日でした。

 

こんなお話をシェアして、気分を悪くされた方がいたらごめんなさい。

辛かった時期に、毎日のように同じ経験された方のブログを見たりして、

一つの卵管でも妊娠できるのかな?って希望を探していたから、

この経験をお話させてもらいました。

希望を与えたい!そんな綺麗な役目は担えないかもしれないけど、

たった一つの卵管で、しかも卵管がない側の排卵で妊娠出来た事実をお伝えさせてもらいました。

 

私もまだまだ100%安心しきっている訳ではありません。

慎重になっていて、なかなか周りに言えずに、結局皆様へのご報告も妊娠9ヶ月の今になってしまったし、、

それでも今、すくすく育ってくれてる我が子に感謝して、

何よりも最高の結婚式を、一緒に迎えてくれた我が子に感謝して、

この家族と共に進んでいこうと思います。

 

 

cphotogrphic-4CPH_3414

 

そうそう、私達の結婚式は100%手作り式。

プランナーさんは入れずに、友達と家族のお手伝いのみで行いました。

余興とか、スピーチはお願いしない変わりに、

ゲスト皆さんに一丸となって楽しんで欲しいというのが大きな目標。

私達夫婦に与えられた最後の試練は、まさかまさかの悪天候でした。笑

前日に会場入りして、自ら購入した巨大なテントを、夫と家族のお手伝いで3時間ぐらいかけて設置。

女性はお花の装飾や引き出物や席次表の確認。

新郎新婦だから前日、当日はくつろぎます!なんて一生出来ず、、笑

午前中は雨が降って来て、一生懸命たてたテントが風でゆらゆら・・・

挙式開始30分前に、まだ着替えていない夫と私の兄がテントの水漏れを防ぐ作業をしている光景を見たときは、もう結婚できないんじゃないか・・・とまで思いました  😯

それでも、とびきり綺麗なブライズメイド達が私の控え室に来てくれた時

私の幸せ度はもう絶頂で、無事に美術館で式を挙げる事ができました。

挙式が終わり、パーティー開始ごろには雨もあがり、お花で装飾されたテントで幸せな時間を迎えられました。

日が暮れた頃には、綺麗な星空に祝福されて、みんなが一丸となって踊って、お祝いしてくれて、

みたかった光景を見る事ができました。本当に幸せ者です。

cphotogrphic-1DSC02878

 

きっと結婚式ってもっと、優雅に過ごすものなのかもしれないけど、

そんな想像とはかけ離れた、私達の結婚式。笑

それでも、家族が一つになって前日から準備してくれて、

友達も文句一つ言わずに、私達夫婦の指示に従ってサポートしてくれて、

ゲストの皆様が、笑顔で楽しんでくれて、

私達は今まで気付けなかった、大切なものを確実に得る事が出来ました。

幸せとありがとうの気持ちが、今も止まりません。

 

特に、アメリカから来たばかりで疲れているはずの夫の家族と

私の兄、そして式当日まで色んな気遣いをしてくれた私の両親、Stepdad、伯母さん。

そして、スタッフとして入ってくれたお友達みんなが手伝ってくれなかったら

こんな幸せな式にはなっていません。本当にありがとう。

 

きっとこれでかんかんに晴れていて、時間に余裕もあったら、

ただただ幸せだったと思うけど、何も学べなかったと思います。

調子に乗っていたと思います。笑

なので、

神様が降らしてくれた、午前中の雨に感謝すらしています。

 

そして、至らない所もあったとおもうのに、ゲストの方から続々届く

”最高の結婚式だった!”のお言葉に私達は感謝で溢れたドキドキがまだまだ止まりません。

本当にありがとう。

 

長くなってしまいましたが、今心から幸せな気持ちで、後片付けをしています♪

夫、そして家族との関係もぐっと確実なものになりました。

目には見えない大切な感情を教えてくれたこの結婚式は

私達の一生の思い出になりました♡

 

信じられない程、動いてしまったけど、

身体はものすごく元気で、こんなに歌って踊る妊婦はいないね。と言われ続けてます。笑

最後まで的確なアドバイスをくれて、結婚式、思いっきり楽しんで来な!って言ってくれた産婦人科の先生にも本当に感謝しています。

 

もう少しで、完全に産休にも入らせてもらいます。

出産までゆっくり過ごして、残りの夫との時間を楽しもうと思います。

読んで下さってありがとうございます。

 

Aimee Isobe



カテゴリ : 未分類
タグ :
コメントを送る




結婚式にむけて
投稿日 2017年3月27日

17332806_184399878733148_2056384402354601984_n

Good Morning♡

今日はちらっと結婚式のおはなし。

いよいよ結婚式まであと1ヶ月ちょっとになりました。

昨年からずっと結婚式について調べて、二人の理想をかなえる為に準備しています。

お花を仕事にしている旦那さんと、アートをお仕事にしている私。

どうしても、誰かにプロデュースしてもらう。という形にしっくりいかず、

私達は、プランナーさんを通さないで、自分たちでプランする式を控えています。

本当に最初は不安だったけど、

二つ返事で参加をするよ!と言ってくれる友達、手伝ってくれる方に支えられて頑張っている所。

会場は、たまたま見つけた東京から離れた絶景の場所。

結婚式会場ではないので、大変なこともありますが、

ここで夫婦になりたい!と心から思った場所。

 

15258650_449163875207234_3343545612309102592_n

準備期間が1年あったので、

春、夏、秋、冬と簡単な前撮りしています。笑

IMG_5878

これまで準備してて、自分たち主導でよかったなと思う事は、

本当に自由!!ウエディングドレスも、お花も、やりたいこともぜーんぶ自由。

不可能かな?と思う事もいや、大丈夫でしょ!に変えちゃう旦那さんの意気込み。

もちろん、とっても器用で、素敵なお花の世界を作ってくれる人が旦那さんだから

可能になることもありますが、プランナーさんがいないと、とても自由に低コストに動けています。

大変なことは、やはり何もかもはじめての試みだから

式当日までどうなるかドキドキ。

一番はゲストに楽しんでもらう事。それを気をつけるのも私達の役目です。

 

IMG_5476

 

今は小さい頃の写真を集めてる所!

兄と私と産まれたてのいとこ。

こんな感じで来月は結婚式のおはなし、沢山ブログに出来ればいいな。

手作り式をしたい人が一人でブログを読んでくれていたら、

はじめてのこころみを試している私達の式が、少しでも参考になりますように。

to be continue!

では、私春の出張!NYへいってまいります〜

 

 



カテゴリ : 未分類
タグ :
コメントを送る




DIYチャレンジ
投稿日 2017年2月28日

IMG_5429

Helloooo!

昨年、大きな大きなチャレンジだった事。

それは、結婚を決めて、長年一人で住んでいた大好きなマンションを離れたこと・・

NYから日本に帰国して、社会人になり頑張って働いたお金で初めて決めた、

大好きな街のマンション。ここで長年一人暮らしをしていて

便利!の一言しかない生活だったのですが、

結婚を決めた昨年、思い切ってそのマンションを離れて

広いけどちょっぴり古いお家に引っ越しました。

 

便利に慣れ過ぎていて、最初は不安で不安で仕方なかったのですが、

旦那さんのDIY能力を信じて、古い家を私達の好みが詰まったお家に変えてみました。

FH010011

二階建ての一階部分のリビングをメインに・・

普通の白壁を落ち着く色にペイント。

私もお手伝いお手伝い。

FH010015

FH010013 thumbnail_IMG_0030

床材は暗ーい色していたので、本物の木材に変更

この作業は全部旦那さん任せ!ありがとーう。

 

thumbnail_IMG_0038

たかみねもナチュラルな木材がお気に入り。

一気に部屋が明るくなりました。

IMG_2821

 

 

古い家だからか、収納が少ないのがこの家の悩み・・

収納がなかったら見せちゃえ!と作った本棚。

日に日に増える絵画達とよく合う本棚が出来ました。

FH000006

IMG_5432

 

お庭はせっかくあるのに殺風景だったものを、ウッドデッキに変身☆☆

春夏秋冬色んな顔したウッドデッキが完成しました。

 

thumbnail_IMG_0025

thumbnail_IMG_0026

 

IMG_2902

IMG_2758

 

IMG_2684IMG_2355

 

 

IMG_3096

thumbnail_IMG_0031

 

キッチンは、なんで?って言う程真っ黒なペイントだったので、少しレトロに変身。

カウンターを作ってもらって、とっても快適!

古さは残るけど、広くてお気に入り♡

thumbnail_IMG_0022

二階のリビング、ゲストルーム、旦那さんのアトリエも

良い雰囲気にDIYされて、私の当初の不安は吹っ飛び

今はこの家に帰る事が幸せです。

 

 

img_0263

 

最近はBBQセットもゲットして、お客様も来てくれるお家になりました♡

IMG_6006IMG_6003

 

便利に頼って、背伸びばかりして、生活していた私が、

ここまで生き方を変えて、幸せを感じられるのも

夫婦になったお陰だなと、自分の変化にうふふと笑ってしまいます。

この家で何年過ごすかは、まだまだ分かりませんが

古さと暗さが残るお家から、大好きが詰まった家になりました。

日本は、賃貸をDIYすること自体とても難しいから、条件的にも私達はとてもラッキーだったと思います。

でもでも、手作り、とーっても楽しいね。

ぽちっておせば何でも手に入る時代に、作る楽しさを感じられてよかった!

2017年は、何事も粗相せずに、こつこつとこのお家をベースに頑張ります。

近々大きなご報告もあるので、気にして頂けたら幸いです☆

ではでは♡もうすぐ春ですね。

よい季節をおくって下さい



カテゴリ : 未分類
タグ :
コメントを送る




おさめます
投稿日 2016年12月31日

Hello♡

2016年も残す所あとわずか。いかがおすごしですか?

2016年お世話になったものたちを感謝を込めて紹介。

000020

 

 

今年の本。

中川たまさん著書、暦の手仕事。

石村由起子さん著書、暮らしのコツコツ。

季節を感じながら生活をすることが、倍以上愛おしくなる本です。

度々ブログにも書いている、春夏秋冬の過ごし方、お二方の本をとても参考にさせてもらいました

さっき、一日かけて済ませた大掃除も、知恵を借りて楽しく楽しく。

thumbnail_image6

 

thumbnail_image1

 

今年の基礎化粧品。

私の発酵食品好きはもう十分伝わったと思います。

基礎化粧品も、夏は酒粕化粧品で有名なSHIROにお世話になりました。

感想が気になる今の時期は、WELEDAのローズシリーズに変更。

必要な時に、自家製酒粕パックでお手入れしてます。

身体のケアは、JASMINEの香りが気持ち良いオイルとSHIROのボディークリーム。

夏と冬に化粧品を変える事で、トラブルのない肌で過ごせています。

私の肌は、うすーくて、乾燥肌。ニキビやオイリーで悩んだ事はないので、参考までに^^

thumbnail_image2

 

 

今年の化粧品。

ベースは夏はRMKのグリーンにお世話になりました。

小さい頃からだいすきなCHACOTTは年中使ってます。

ファンデーションはサンローランとTHREE!!リピートです。

thumbnail_image4

 

今年の食。

漬け物や醤は続けてだいすき。

季節にあわせた食事を心がけました。

今は柚子の手仕事と、干し柿に夢中。

thumbnail_image7

 

 

thumbnail_image5

 

今年の作品。

やっぱり愛媛で出逢ったトトロのレイアウト作品。

IMG_4770

 

今年の買い物。

今年、大きなお買い物は、車を購入したこと☆

結婚を機に引っ越した先が、少し会社から遠くなってしまって、、

仕事上、美術作品を自分で運ぶ事もあるので、思い切って車出勤を選びました。

ハワイ時代ぶりにマイカーを買ったので毎日とっても楽しいです。

中古屋さんに何度も通って出逢った一台は今は大切なお友達です。

BEST way to spend money this year.

 

IMG_2676

 

 

今年の変化。

2016年のあたま、素敵なプロポーズをして頂き、9月に籍を入れて夫婦になりました。

ここ10年ぐらいは、自分のために暮らして、仕事して、自分が居心地の良い家に住み続けていました。何をするのも自分のため、それが今年から、二人のため、旦那さんのためになりました。

家族が出来た今年は、3年一人で暮らした家をさよならして、新居にうつったのは大きな変化。

便利で、綺麗で、新しい家から

少し遠くて、ちょっぴりレトロで、でもひろーい家に。

DIYをして、世界でたった一つのお家になりました。

IMG_5429

IMG_5199 IMG_5198

 

 

そして、

今年も大切なもの。

家族と大好きなお友達。

これは一生変わりません。

IMG_4521 Processed with VSCO with e6 presetIMG_0011IMG_8885 IMG_4766

 

 

 

そして、今年もブログを読んで下さって感謝の気持ちでいっぱいです。

いつもありがとうございます♡

当たり前の幸せを大切にして、一日一日を肩の力を抜いて楽しく過ごす2017年にしたいです。

素晴らしい年末年始を過ごして下さい。

wishing all of you a happy new year!!!!

2016.12.31

nice-39
Aimee Isobe♡

https://www.instagram.com/aimeexxoxx/?hl=ja

 



カテゴリ : 未分類
タグ :
コメントを送る











  • 妊婦になって
  • 人生で一番幸せな日
  • 結婚式にむけて
  • DIYチャレンジ
  • おさめます




  • Fashion
  • Job
  • Life
  • MUSIC
  • 未分類




  • DNフリマに来てくれたみなさん・・・ に ruby より [12/16]
  • DNフリマに来てくれたみなさん・・・ に ちか より [12/16]
  • NYLON meets American Apparel に Summer より [12/15]
  • NYLON meets American Apparel に tomo より [12/13]
  • NYLON meets American Apparel に なぴ より [12/13]




  • June 2017 (1)
  • May 2017 (1)
  • March 2017 (1)
  • February 2017 (1)
  • December 2016 (1)
  • November 2016 (1)
  • September 2016 (1)
  • August 2016 (1)
  • July 2016 (1)
  • June 2016 (1)
  • May 2016 (1)
  • April 2016 (2)
  • March 2016 (4)
  • February 2016 (3)
  • January 2016 (2)
  • December 2015 (1)
  • November 2015 (2)
  • October 2015 (2)
  • September 2015 (2)
  • August 2015 (2)
  • July 2015 (2)
  • June 2015 (2)
  • May 2015 (1)
  • April 2015 (2)
  • March 2015 (1)
  • February 2015 (2)
  • January 2015 (1)
  • December 2014 (3)
  • November 2014 (3)
  • October 2014 (2)
  • September 2014 (2)
  • August 2014 (3)
  • July 2014 (3)
  • June 2014 (4)
  • May 2014 (1)
  • April 2014 (3)
  • March 2014 (3)
  • February 2014 (2)
  • January 2014 (3)
  • December 2013 (3)
  • November 2013 (2)
  • October 2013 (4)
  • September 2013 (6)
  • August 2013 (5)
  • July 2013 (4)
  • June 2013 (6)
  • May 2013 (3)
  • April 2013 (4)
  • March 2013 (3)
  • February 2013 (4)
  • January 2013 (5)
  • December 2012 (8)
  • November 2012 (6)
  • October 2012 (12)
  • September 2012 (11)
  • August 2012 (5)
  • July 2012 (8)
  • June 2012 (9)
  • May 2012 (4)
  • April 2012 (6)
  • March 2012 (8)
  • February 2012 (8)
  • January 2012 (10)
  • December 2011 (12)
  • November 2011 (1)